GWM

Home arrow バイブ 官能小説

16 Dec 2017
おすすめHサイト

官能エッチムービー配信のエッチビデオ


妄想アダルト無修正動画を配信している妄想企画物エロサイト

メインメニュー
Home
妄想官能小説
官能小説 蕩蕩
バイブ 官能小説
女の子 官能小説
官能小説 クリ
官能小説 女
官能小説倶楽部
官能小説 電車
官能小説 動画
官能小説 画像
掲示板 官能小説
投稿官能小説
素人官能小説
官能小説 指
官能小説 濡れ
官能小説 男
官能小説 おばさん
官能小説 娘
官能小説 尻
萌 官能小説
セックス 官能小説
官能小説 胸
巨根 官能小説
サイトマップ
バイブ 官能小説
口内発射ザーメンぶっかけ体験談


私の夫のサトルは15才年下だ。
当然、浮気が心配だから、サトルが会社から帰ってくると、服を全部脱がせて、トランクスとランニングと靴下姿にする。
かいがいしくスーツをハンガーにかけたりするから、一見、良妻っぽくみえるけど、本当の目的はここからだ。
私はサトルの足元に跪いて、トランクスの上から、サトルのちんぽのニオイをかぐ。
次に、トランクスを脱がせて、サトルのちんぽの状態をじっと観察する。
もちろん、ニオイにも注意する。
視覚と嗅覚を使った確認が終わったら、今度は舌でちんぽを舐めて確認。
いつもと違う味がしないか、よーく舐めてチェック。
私にとってこれはフェラチオじゃないんだけど、サトルはフェラチオだと勘違いしていて、口の中のちんぽはがちがちに硬くなる。
今日も異常がないことを確認して、私はサトルのちんぽを手でしごきながら、口を上下に動かして、サトルの射精を促した。
どぴゅっと口内発射された精液をごっくんと飲み干したら、私はサトルのトランクスを元通りにして、食事の用意に戻る。
「いつもアイちゃんの口に、口内発射しちゃってごめんね。洗ってもいないちんぽを毎日即尺してもらえるなんて、俺ってしあわせものだよ。」
単なる浮気チェックをそんなに喜んでもらえる私の方がしあわせものだ。
サトルとのセックスは休みの前日の夜か、休みの日にするのが定番化している。
元々、私はセックスがそんなに好きじゃないから、十分すぎるほど満足。
サトルも平日は私の口の中に口内発射してるから、それでいいみたいだし。
ただ、口内発射するまでフェラチオするのが習慣化したせいで、サトルのちんぽは刺激にニブくなってしまった。
同じ愛撫を続けていると、その刺激ではイかなくなってきて、私は新しい愛撫の方法を工夫しなくてはならなくなった。
ずっとフェラチオし続けても、サトルが口内発射しないと、どこかで射精してきたんじゃないかって不安になる。
焦るとますますフェラチオが上手にできなくて、イライラしてしまった。
サトルを早く口内発射させるために、私はフェラチオの技術を研究しはじめた。
今までは自己流のフェラチオだったけど、プロの技とかを使えば、もっとすぐに口内発射させられるんじゃないかって思って、フェラチオ技術を説明したDVDをいくつも買った。
フェラチオを勉強してみて気がついたのは、早くイかせようとがんばらない方がいいということだ。
適度なじらし、緩急をつけた刺激、口内発射までのスピードではなく、射精したときの快感の強さをより強く深いものにすることの方が大切だったと考え直した。
毎日のフェラチオは浮気チェックが本来の目的だけれど、そこらへんの女では満足できないくらいの快感を与えられるのなら、サトルも浮気する気にならないかもしれない。
トランクスの上からサトルのちんぽのニオイを嗅ぐとき、鼻でちょっと勃起したちんぽの形をなぞるようにしてみた。
硬くなったのを確認するように、トランクスの上から勃起ちんぽをつかんで、軽くしごく。
もどかしい感じがたまらないというじらしプレイだ。
トランクスの脇から手を入れて、不自由さを愉しむように、ごそごそとサオや玉袋をいじる。
ちょっと痴漢の気分でわくわくしてしまう。
サトルはいつもより興奮しているみたいで、息が荒くなっている。
先走りでトランクスにシミができていて、サトルが感じているのがよくわかった。
いつものように足首までトランクスをおろす。
びいんっと反りかえったちんぽを根元から亀頭の方に、ちろちろと舐め上げていって、少しずつ唾液で濡らす。
サオが唾液で濡れたところで、カリ首をぐるんと舌でなぞって、亀頭を口に含む。
「ああっ!」
じらしたせいで、かなり気持ちよかったみたい。
口の中に咥えたまま、つるつるとした亀頭を舌先で舐めまわして、痛くない程度にちゅっと吸う。
「アイちゃん、今日はすごくイイよ。すぐ出ちゃいそう。」
今日は立ったままでしゃぶっているが、体勢というのも射精に大きな影響を与えるようなので、そのうち、いすに座った状態でのフェラチオや敷布団だけ敷いておいて寝かせた状態でのフェラチオも試してみようと思う。
先っちょだけを咥えていたちんぽをぐうっとのどの奥まで呑みこむ。
できるだけぴったりとフィットするように口をすぼめて、唇でサオをしごくようにして、なるべく根元まで咥えこむ。
手でちんぽの根元をつかんで下方向に引っぱって、皮を余らせないようにする。
片手で玉袋をさわさわして、玉袋とアナルの間のところをツメで軽くなぞるように往復する。
もっとセックスがマンネリしたら、サトルのアナルを開発して、前立腺でイかせてみたい。
口の中のちんぽが硬く膨張してきたので、私は両手を使って、リズミカルにサオをしごいた。
亀頭だけを口に含んでおいて、時々、ぐうっと根元までしゃぶる。
根元からカリ首まで唇を戻すときに、舌でサオを舐めまわした。
何度かそれを繰り返すうちに、突然、どぴゅうっと口の中に精液がはじけた。
何もいわずに口内発射するなんて、サトルにしてはめずらしい。
まだびくびくいっているちんぽを口に咥えたままで、上目づかいにサトルの顔を見上げると、ぜえぜえいっていて、全然、余裕がなさそうだった。
今日のフェラチオは、ちょっとやりすぎてしまったかもしれない。


天然むすめバイブ 官能小説の素人おまんこ女性器にバイブ突っ込むエッチなアダルトサイト

 
不倫セックス野外露出体験談

不倫旅行は温泉に限る。
客室露天風呂つきのちょっと高めの温泉宿に泊まり、二人を知る人のいない観光地でいちゃいちゃしまくるのだ。
髪を普段しないアップにまとめて、浴衣に着替えたアイは新鮮に見えて、俺のペニスは期待に硬く大きくなった。
「さっそく一緒に風呂に入ろうか。」
アイの入れてくれたお茶を飲みながら誘うと、頬を染めながらうなずく。
「恥ずかしいから、先に入っていて。」
といわれて、部屋についている小さな露天風呂につかりながら、アイが浴衣を脱ぐのを眺める。
若くてスタイルのいいアイは、中年で腹のでっぷりと出ている俺にはもったいない愛人だ。
たわわなおっぱいとつややかなヘアを白いタオルで隠して、アイがサッシを開けて近づいてきた。
「温泉にタオルをつけるのは、マナー違反だぞ。」
アイに声をかけると、後ろ向きになって、ゆでたまごのようなつるつるのお尻をさらしながら、湯船につかろうとした。
片手でつるりと白く輝くお尻をなでると、
「きゃっ。」
アイがとびあがった。
タオルを湯船のふちにおいて、お湯につかったアイは俺をぶとうとする。
「あぶないじゃないの!」
「ごめんごめん。」
といいながら、ぐっと抱き寄せると、おとなしくなった。
湯船に座って、アイを後ろから抱きかかえて、おっぱいを両手でもむ。
白いアイの裸身は湯船にゆらゆらとゆらめいて、まばゆいくらいに輝いている。
両方の乳首を指でつまんで、いじくりながら、つつ・・・とうなじに唇をはわすと、腕の中のアイが身をよじった。
「ああ・・・。」
自分の両足にアイの両足をひっかけ、大きく開いた状態にして、アソコを指でなぞる。
「ぬるぬるしてるのは、温泉のお湯のせいかな?」
「いや・・・。」
右手の指をアソコに挿入しつつ、左手の指でクリトリスを細かく刺激する。
「あっ・・・ああ・・・のぼせちゃう・・・。」
確かに、アイの顔は真っ赤で湯あたりしてしまいそうだ。
私はアイを立ち上がらせ、金属でできた手すりにつかまらせた。
まだ夕日が沈んでいない外は明るく、砂浜を歩いている人の姿も見える。
「大きな声を出しちゃダメだよ。」
私はお湯につかったままで、目の前にあるアイのお尻を両手で開き、アソコをぺろぺろと舐め始めた。
「だめ・・・汚いよ・・・。」
右手でクリトリスを愛撫しながら、アソコに舌を差し込むようにていねいに舌で舐めまわす。
「は・・・あん・・・ああ・・・。」
アナルを舌で舐めながら、左手の中指を差し込むと、アソコの中は熱くたぎっていた。
「ふ・・・うん・・・。」
指を出し入れしながら、お尻にキスしたり、場所を移動して、クリトリスを舐めたりして、アソコのひくつきを楽しむ。
しばらくすると、私ものぼせてくるのを感じた。
愛撫を中止して、岩風呂のような湯船のふちに腰かける。
「ふう。あつい・・・。」
手すりにしがみついていたアイはこちらをふりかえって、そりかえった赤黒い俺のペニスをみた。
もう一度、お湯につかって、俺の足の間に座り、俺のペニスに舌をからめた。
「ん・・・。舐めたりしたら病気になっちゃうよ。」
やめさせようとしても、
「やだ・・・。舐めたいの。」
と潤んだ瞳で俺を見上げる。
旅先のせいか、いつもより大胆になっているようだ。
アイは俺のペニスの根元を両手で支えると、先端の鈴口を舌先でなぞり、カリのまわり、裏筋と丁寧に舌で行き来した。
「気持ちいいよ・・・。」
両手を後ろについて、腰を突き出すようにして、ぼんやりしている俺の姿を見ると、満足そうに微笑んだアイは、亀頭の先端からゆっくりと口の中に含みだした。
「ああ・・・。」
あたたかいアイの口内に収められた俺のペニスはやわらかい舌の歓待をうけて、悦びの先走りを垂れ流している。
舌がペニスにらせん状にからまりながら、じわじわと口から出されていき、口から出たサオの部分をアイの輪になった右手がくるくるとひねりながらなぞっていく。
「そんなにしたら、出てしまうよ・・・。」
「出してもいいのよ。」
ちゅぷちゅぷとペニスを咥えながら、上目遣いにみられると、それだけでかなりクるものがある。
「アイの中に出さないともったいないだろ。」
俺は再び、アイを手すりにつかまった体制にさせると、後ろからペニスを挿入した。
「ああ・・・入ってくる・・・。」
アイは少し足をひらいて、俺のペニスを受け入れている。
十分に広げきっていなかったせいか、お湯につかって愛液が流れてしまったのか、ペニスはアソコを押し広げる感じで入っていき、いつもより抵抗感が強い。
「痛くないか?」
クリトリスと乳首を刺激しながら、耳元でささやくと、
「んん・・・大丈夫・・・。」
と苦しげに答えた。
根元まで入れ終わったところで、ペニスを動かさずに、両方の乳首を強く指でつまんだり、指先でころがしたり、耳たぶをしゃぶったり、クリトリスをこちょこちょとくすぐったりした。
「ん・・・ああ・・・。」
アソコがペニスになじみ、だいぶ愛液が出てきたところで、アイを振り向かせて、舌を絡める。
舌を吸い、歯の裏を舌でなぞっているうちに、アソコからちゅぷちゅぷという音がしてきた。
「そろそろいくよ。」
アイのウエストを後ろから両手でつかみ、腰を打ち付ける。
ぱんぱんという音とぐちゅぐちゅという音が響き、お湯に大きな波が立った。
アイに後ろから抱き付いて体を密着させ、腰だけを動かしながら、耳元でささやく。
「ほら、下をみてごらん。アイの方をみている人がいるよ。」
「やだ・・・恥ずかしい・・・。」
アイのアソコがきゅっとなり、俺のペニスをしめつけた。
そのまま、激しく腰を打ちつけ、アイのアソコに射精した。
アソコからペニスを引き抜くと、白い精液があふれ出し、お湯に混ざったのだった。


エッチな4610バイブ 官能小説の素人オリジナルのハメ撮りセックスサイト
 
M女の快感セックス


取引先の年上の男性に、
「今度私のM女をご紹介しますよ。」
といわれたときには冗談だと思っていた。
ある日、打ち合わせの後の食事に行くと、上品で美しい女性が同席しており、奥さんかと思ったら、
「私のM奴隷のアイです。」
と紹介された。
食事の後、ホテルの一室に三人だけになったとたん、彼の態度が豹変した。
「さあ、アイ、お客様にごあいさつするんだ。」
いつもの彼とは違う威厳のある口調に、俺までどきっとしてしまった。
アイはゆっくりと服を脱ぎ始め、スタイルのいいしなやかな肢体とそれを拘束している赤いロープがあらわれた。
アイはブラジャーをつけておらず、パンティを脱ぐと、バイブが挿入されていて、それを押さえるように、ロープがクロスしていた。
パンティにはアイの愛液がしたたっていて、濡れているのがよくわかる。
「M奴隷のアイでございます。ご主人様がいつもおせわになっております。」
アイは僕の足元にひざまずいて、頭をさげた。
「ど、どうも・・・。」
「アイ、後ろを向きなさい。」
命令されて、よつんばいになったアイのアナルにも、バイブが刺さっていて、ぐにぐにとうごめいていた。
「アナルセックスのご経験は?」
バイブを飲み込んで広がったアナルに驚いていた俺は、はっとわれにかえった。
「ええっ!ないです、ないです!」
あわてて、首を振る。
「それはもったいない。アナルセックスはヴァギナよりも強い快楽を与えてくれますよ。」
アナルに刺さったバイブをゆっくりと引き抜くと、アイが震えながらあえいだ。
「ああ・・は・・・。」
「アイでよければ、お試しになりませんか?」
彼は抜いたバイブをまたアナルの奥まで差し込む。
「はあん・・・ああっ・・・。」
「ちょっと淫乱ですが、具合は保障しますよ。」
太めのバイブをらくらくと咥えこんでいるアイのアナルと愛液を垂れ流し続けているアソコをみていると、さっきから立ち上がっていたペニスが痛いくらいに硬くなってきた。
「アイもお客様にお願いしなさい。」
彼にいわれて、アイがよつんばいの体制で、俺にせがむ。
「アイのアナルにお客様のペニスを入れてくださいませ。」
上気した顔とうるんだ瞳に理性を飛ばした俺は、ベルトをはずし、ズボンを脱いだ。
下半身ハダカになった俺を満足そうにみながら、彼がアイに命令する。
「アナルに入れていただく前に、ペニスにごあいさつさせていただきなさい。」
アイは俺のペニスを丁寧に根元から亀頭の先端まで舐め上げる。
じゅるりと口の中に咥え込み、じゅぽじゅぽと出し入れする。
こんな上品そうな美人が俺のペニスをしゃぶってる!
興奮で気持ちよさが倍増し、ぞくぞくしてきた。
「アイ、アナルにローションを入れなさい。」
アイは口いっぱいに入っていた俺のペニスをゆっくりと口から出すと、ちいさなかばんからローションをとりだした。
自分のアナルにローションのボトルをつっこみ、ぐっと押すと、アナルに入りきらなかったローションがたれてきた。
アイはローションがいっぱいにはいって、ちゅくちゅくいっているアナルを自分の両手の指で広げ、よつんばいのまま、後ろの俺を振り返って、
「アイのアナルをお使いください。」
アソコからはバイブの振動であふれ出した愛液が流れて、太ももを伝い、お尻もローションでひかっている。
俺はゆっくりとアイに近づき、ペニスをアナルに押し当てた。
バイブによってゆるめられていたアナルは俺のペニスをすんなりと飲み込み、狭くて熱い腸壁は今まで感じたことのない気持ちよさだった。
根元まで入れた俺は、アイの白くてすべすべのお尻をつかんだまま、身動きが取れなくなってしまう。
アソコからはバイブの振動が伝わってくるし、狭い腸壁はときどき収縮して、俺の精液をすぐにでも搾り取ろうとするのだ。
「アイ、お客様のペニスはおいしいかい?」
彼が楽しそうにアイに聞くと、
「とってもおいしいです。ご主人様。」
アイの腸壁がさらにしまった。
俺はゆっくりとペニスを動かした。
最初はちょっと動かすだけでも、おそるおそるだったが、次第に慣れてきて、ペニスを大胆にまわしてみたり、奥まで突いてみたりする。
「ああ・・・はあん・・・気持ちいいです・・・。」
よつんばいになったままのアイはあられもないあえぎ声をあげて、悦んでいる。
「いかがですか?」
彼はうっとりとしている俺に声をかけた。
「すごく・・・気持ちいいです。」
「よくしまるでしょう?もっと具合をよくしましょうね。」
彼はそういうと、自分のペニスをアリサの目の前に出した。
「ほら、お客様を喜ばせたごほうびだ。」
アイは俺のペニスをフェラチオしたときよりも、さらに熱心に彼のペニスをしゃぶりだした。
彼がアイにペニスを見せたとたん、アイの腸壁はよりキツく、うねるようになり、俺のペニスが感じる快感も強くなった。
「いつでも中で出してやってください。」
彼はアイの頭をなでながら、さらりといってくれる。
俺の動きにあわせて、アイが腰をふりはじめると、ペニスをアナルから抜く余裕もなく、精液が飛び出てしまった。
はじめてのアナルセックスは、M奴隷をもっている彼が心底うらやましくなってしまうくらいの気持ちよさだった。


ネットコミックのバイブ 官能小説の同人誌エロ漫画でエッチな娘のセクシーな淫乱ショットが満載です。
 
人気アダルトサイト

無料体験で抜けるエッチチャット

のぞきモードで盗撮みたいな気分で女の子の部屋を覗けるエッチサイトDXライブチャット

無修正オリジナルAVビデオ

官能小説 濡れまくりの人気おすすめ無修正動画のエッチムービー配信のアダルトサイト

女性器専門エッチ写真
淫語オナニーねた
ロリ系アダルト
セックス テクニック
エロビデオ
聖水フェチ動画
ハミ乳 画像
太ももフェチ画像
ホモ動画
エロ画像
RSS配信
Go To Top