GWM

Home arrow 官能小説 男 arrow フェラチオ幼妻・若妻セックス

25 Jun 2018
おすすめHサイト

官能エッチムービー配信のエッチビデオ


妄想アダルト無修正動画を配信している妄想企画物エロサイト

メインメニュー
Home
妄想官能小説
官能小説 蕩蕩
バイブ 官能小説
女の子 官能小説
官能小説 クリ
官能小説 女
官能小説倶楽部
官能小説 電車
官能小説 動画
官能小説 画像
掲示板 官能小説
投稿官能小説
素人官能小説
官能小説 指
官能小説 濡れ
官能小説 男
官能小説 おばさん
官能小説 娘
官能小説 尻
萌 官能小説
セックス 官能小説
官能小説 胸
巨根 官能小説
サイトマップ
フェラチオ幼妻・若妻セックス


私より20歳も若い妻は未成年のようなルックスで、私は影でロリコンと呼ばれるようになった。
政略見合い結婚の割に、大当たりの妻は、若くてかわいらしく従順で家事もきちんとこなす。
性的にも、私がはじめての男という今どきありえないウブさかげんだ。
そんなわけで、私は夜が待ちきれないほど楽しみだ。
今晩はついに、初フェラチオを教えてしまおうと思う。
二人でベットに入り、小さな明かりだけをつけたほの暗い部屋で、アイの下着をそっと脱がす。
すべすべのアイの肌は徐々に開発されつつあり、私の手がやさしくなでるだけで、びくびくと体を震わせる。
アイを生まれたままの姿にすると、私も下着をすべて脱ぎ捨て、すでに立ち上がったペニスをアイの前に突き出した。
はじめてまともに見る男性器に、アイは頬を染めて恥ずかしそうに目をそらす。
その手をとって、ペニスをつかませると、その指は恥ずかしさに震えていた。
「アイ、フェラチオを知っているかい?」
アイは無言で首を振る。
「私がアイのアソコを舌でぺろぺろと舐めたり、しゃぶったりするだろう?それをアイが私のペニスにすることをフェラチオというんだよ。」
アイのさらさらの髪を撫でながら、わざといやらしく表現する。
「・・・な、舐めればよろしいのですか?」
「とりあえずはね。」
アイはおそるおそる舌を出し、ちろちろと私のペニスを舐めた。
偶然にもカリ首のところを舐められた私は、気持ちよさと感動で震えた。
気持ちよさそうな私の様子に安心したのか、アイは次第に大胆にぺろぺろと私のペニスを舐めまわす。
なかなか筋がいい。
「特に気持ちいいのが、ここのカリのところと、裏筋のところだ。玉袋を舐められるのも気持ちがいい。」
指でさして説明すると、素直なアイは一心にカリの周りや裏筋、玉袋までせっせと舌をはわせる。
幼妻がグロテスクなペニスを夢中になって舐めている光景はかなり扇情的だ。
「あとは、歯を立てないように、ペニスを口に入れてしゃぶるんだ。」
「こんなに大きなものを?」
アイはちょっと驚いたようだったが、思い切ったように、ゆっくりと私のペニスをしゃぶりだした。
口いっぱいにほおばりながら、吐き戻さないようにがんばっている。
ペニスがアイの口の奥のほうまで入ったときには、はじめてセックスしたときのような満足感を味わった。
これで下の口に加えて、上の口も私がはじめて犯したことになる。
アイはまたゆっくりと口から私のペニスを出し始めた。
添えられた手の動きが私にさらなる快感をあたえた。
「あとは、しゃぶりながら、こうやって手でしごくんだ。」
私はオナニーするときの手の動きのように、軽く輪にした指でペニスを軽くしごいた。
アイは両手を輪にして、私のペニスに当てると、根元に向かってゆっくりとスライドさせながら、口に含んでいく。
無意識にうごめいている舌が私のペニスを刺激して、とてもはじめてのフェラチオとは思えないくらい気持ちがいい。
「すごくいいよ・・・アイはフェラチオの才能があるね・・・。」
ほめられて嬉しかったのか、アイは何度も繰り返し、口からペニスを出し入れし、指で私のサオをしごいた。
「うっ・・・アイ・・・もういいよ・・・出してしまいそうだ・・・。」
沸き起こる射精感に、あわててアイを静止したが、アイが口をはなさなかったので、アイの口内に射精してしまった。
射精の快楽からわれにかえり、あわててペニスをアイの口から抜いて謝った。
「大丈夫か?出していいんだよ?」
ティッシュを渡そうとした私の目の前で、私が口内に出した精液を飲んだアイはにこりと笑って、
「たまごの白身をうんと苦くしたようなお味ですね。」
といった。
それからというもの、アイのフェラチオの技術はどんどん向上していき、今では、一度、口で射精してからしばらく休憩してセックスしたり、フェラチオのみという夜もあるくらいまでに成長してしまった。
どうもアイはSの気質を隠し持っていたらしく、私をさんざんじらしてからイかせるのがたまらなく嬉しいようだ。
お尻の穴から玉袋、サオ、亀頭まで何度もぺろぺろと舐め上げたあげく、ゆっくりと口に含んで、口の中で舌を絡ませ、私がイきそうになってくると、口から出して、指で軽くペニス全体をなでる程度の刺激でやりすごす。
射精感がおさまってくると、また奥までしゃぶり、舌でカリや裏筋を愛撫しながら出し入れし、また快感が高まってきたところで、玉袋を指でころがすだけにする。
私が限界になるまでじらして、三度目か四度目の射精感を感じたところで、やっと、イけるまで、しゃぶって、手でしごいてくれる。
何度も我慢した後の射精は下半身がじーんとしびれるくらいに気持ちよく、脱力感もものすごい。
最近ではどこで調べてきたのか、前立腺マッサージをしたいとせがんでいる。
健康のためには年齢的にも必要だとわかっていながらも、驚異的なフェラチオのテクニックに加えて、前立腺まで刺激されたら、恐ろしいことになりそうなので、抵抗を続けている。


官能小説 男達のエッチな体験満載ハメ撮り素人動画の過激なセックスムービーを配信しているエロサイトのアジアンエンジェル

 
人気アダルトサイト

無料体験で抜けるエッチチャット

のぞきモードで盗撮みたいな気分で女の子の部屋を覗けるエッチサイトDXライブチャット

無修正オリジナルAVビデオ

官能小説 濡れまくりの人気おすすめ無修正動画のエッチムービー配信のアダルトサイト

女性器専門エッチ写真
淫語オナニーねた
ロリ系アダルト
セックス テクニック
エロビデオ
聖水フェチ動画
ハミ乳 画像
太ももフェチ画像
ホモ動画
エロ画像
RSS配信
Go To Top