GWM

Home arrow バイブ 官能小説 arrow 不倫セックス野外露出体験談

25 Jun 2018
おすすめHサイト

官能エッチムービー配信のエッチビデオ


妄想アダルト無修正動画を配信している妄想企画物エロサイト

メインメニュー
Home
妄想官能小説
官能小説 蕩蕩
バイブ 官能小説
女の子 官能小説
官能小説 クリ
官能小説 女
官能小説倶楽部
官能小説 電車
官能小説 動画
官能小説 画像
掲示板 官能小説
投稿官能小説
素人官能小説
官能小説 指
官能小説 濡れ
官能小説 男
官能小説 おばさん
官能小説 娘
官能小説 尻
萌 官能小説
セックス 官能小説
官能小説 胸
巨根 官能小説
サイトマップ
不倫セックス野外露出体験談

不倫旅行は温泉に限る。
客室露天風呂つきのちょっと高めの温泉宿に泊まり、二人を知る人のいない観光地でいちゃいちゃしまくるのだ。
髪を普段しないアップにまとめて、浴衣に着替えたアイは新鮮に見えて、俺のペニスは期待に硬く大きくなった。
「さっそく一緒に風呂に入ろうか。」
アイの入れてくれたお茶を飲みながら誘うと、頬を染めながらうなずく。
「恥ずかしいから、先に入っていて。」
といわれて、部屋についている小さな露天風呂につかりながら、アイが浴衣を脱ぐのを眺める。
若くてスタイルのいいアイは、中年で腹のでっぷりと出ている俺にはもったいない愛人だ。
たわわなおっぱいとつややかなヘアを白いタオルで隠して、アイがサッシを開けて近づいてきた。
「温泉にタオルをつけるのは、マナー違反だぞ。」
アイに声をかけると、後ろ向きになって、ゆでたまごのようなつるつるのお尻をさらしながら、湯船につかろうとした。
片手でつるりと白く輝くお尻をなでると、
「きゃっ。」
アイがとびあがった。
タオルを湯船のふちにおいて、お湯につかったアイは俺をぶとうとする。
「あぶないじゃないの!」
「ごめんごめん。」
といいながら、ぐっと抱き寄せると、おとなしくなった。
湯船に座って、アイを後ろから抱きかかえて、おっぱいを両手でもむ。
白いアイの裸身は湯船にゆらゆらとゆらめいて、まばゆいくらいに輝いている。
両方の乳首を指でつまんで、いじくりながら、つつ・・・とうなじに唇をはわすと、腕の中のアイが身をよじった。
「ああ・・・。」
自分の両足にアイの両足をひっかけ、大きく開いた状態にして、アソコを指でなぞる。
「ぬるぬるしてるのは、温泉のお湯のせいかな?」
「いや・・・。」
右手の指をアソコに挿入しつつ、左手の指でクリトリスを細かく刺激する。
「あっ・・・ああ・・・のぼせちゃう・・・。」
確かに、アイの顔は真っ赤で湯あたりしてしまいそうだ。
私はアイを立ち上がらせ、金属でできた手すりにつかまらせた。
まだ夕日が沈んでいない外は明るく、砂浜を歩いている人の姿も見える。
「大きな声を出しちゃダメだよ。」
私はお湯につかったままで、目の前にあるアイのお尻を両手で開き、アソコをぺろぺろと舐め始めた。
「だめ・・・汚いよ・・・。」
右手でクリトリスを愛撫しながら、アソコに舌を差し込むようにていねいに舌で舐めまわす。
「は・・・あん・・・ああ・・・。」
アナルを舌で舐めながら、左手の中指を差し込むと、アソコの中は熱くたぎっていた。
「ふ・・・うん・・・。」
指を出し入れしながら、お尻にキスしたり、場所を移動して、クリトリスを舐めたりして、アソコのひくつきを楽しむ。
しばらくすると、私ものぼせてくるのを感じた。
愛撫を中止して、岩風呂のような湯船のふちに腰かける。
「ふう。あつい・・・。」
手すりにしがみついていたアイはこちらをふりかえって、そりかえった赤黒い俺のペニスをみた。
もう一度、お湯につかって、俺の足の間に座り、俺のペニスに舌をからめた。
「ん・・・。舐めたりしたら病気になっちゃうよ。」
やめさせようとしても、
「やだ・・・。舐めたいの。」
と潤んだ瞳で俺を見上げる。
旅先のせいか、いつもより大胆になっているようだ。
アイは俺のペニスの根元を両手で支えると、先端の鈴口を舌先でなぞり、カリのまわり、裏筋と丁寧に舌で行き来した。
「気持ちいいよ・・・。」
両手を後ろについて、腰を突き出すようにして、ぼんやりしている俺の姿を見ると、満足そうに微笑んだアイは、亀頭の先端からゆっくりと口の中に含みだした。
「ああ・・・。」
あたたかいアイの口内に収められた俺のペニスはやわらかい舌の歓待をうけて、悦びの先走りを垂れ流している。
舌がペニスにらせん状にからまりながら、じわじわと口から出されていき、口から出たサオの部分をアイの輪になった右手がくるくるとひねりながらなぞっていく。
「そんなにしたら、出てしまうよ・・・。」
「出してもいいのよ。」
ちゅぷちゅぷとペニスを咥えながら、上目遣いにみられると、それだけでかなりクるものがある。
「アイの中に出さないともったいないだろ。」
俺は再び、アイを手すりにつかまった体制にさせると、後ろからペニスを挿入した。
「ああ・・・入ってくる・・・。」
アイは少し足をひらいて、俺のペニスを受け入れている。
十分に広げきっていなかったせいか、お湯につかって愛液が流れてしまったのか、ペニスはアソコを押し広げる感じで入っていき、いつもより抵抗感が強い。
「痛くないか?」
クリトリスと乳首を刺激しながら、耳元でささやくと、
「んん・・・大丈夫・・・。」
と苦しげに答えた。
根元まで入れ終わったところで、ペニスを動かさずに、両方の乳首を強く指でつまんだり、指先でころがしたり、耳たぶをしゃぶったり、クリトリスをこちょこちょとくすぐったりした。
「ん・・・ああ・・・。」
アソコがペニスになじみ、だいぶ愛液が出てきたところで、アイを振り向かせて、舌を絡める。
舌を吸い、歯の裏を舌でなぞっているうちに、アソコからちゅぷちゅぷという音がしてきた。
「そろそろいくよ。」
アイのウエストを後ろから両手でつかみ、腰を打ち付ける。
ぱんぱんという音とぐちゅぐちゅという音が響き、お湯に大きな波が立った。
アイに後ろから抱き付いて体を密着させ、腰だけを動かしながら、耳元でささやく。
「ほら、下をみてごらん。アイの方をみている人がいるよ。」
「やだ・・・恥ずかしい・・・。」
アイのアソコがきゅっとなり、俺のペニスをしめつけた。
そのまま、激しく腰を打ちつけ、アイのアソコに射精した。
アソコからペニスを引き抜くと、白い精液があふれ出し、お湯に混ざったのだった。


エッチな4610バイブ 官能小説の素人オリジナルのハメ撮りセックスサイト
 
人気アダルトサイト

無料体験で抜けるエッチチャット

のぞきモードで盗撮みたいな気分で女の子の部屋を覗けるエッチサイトDXライブチャット

無修正オリジナルAVビデオ

官能小説 濡れまくりの人気おすすめ無修正動画のエッチムービー配信のアダルトサイト

女性器専門エッチ写真
淫語オナニーねた
ロリ系アダルト
セックス テクニック
エロビデオ
聖水フェチ動画
ハミ乳 画像
太ももフェチ画像
ホモ動画
エロ画像
RSS配信
Go To Top