GWM

Home arrow 素人官能小説 arrow 変態セックスムービー

22 Oct 2017
おすすめHサイト

官能エッチムービー配信のエッチビデオ


妄想アダルト無修正動画を配信している妄想企画物エロサイト

メインメニュー
Home
妄想官能小説
官能小説 蕩蕩
バイブ 官能小説
女の子 官能小説
官能小説 クリ
官能小説 女
官能小説倶楽部
官能小説 電車
官能小説 動画
官能小説 画像
掲示板 官能小説
投稿官能小説
素人官能小説
官能小説 指
官能小説 濡れ
官能小説 男
官能小説 おばさん
官能小説 娘
官能小説 尻
萌 官能小説
セックス 官能小説
官能小説 胸
巨根 官能小説
サイトマップ
変態セックスムービー

私の彼氏のサトルは女装好きの変態だ。
顔がキレイだから、女装しても気持ち悪いっていうほどじゃないけど、やっぱり変態かなって思ってしまう。
黒髪のストレートヘアのかつらをかぶり、ファンデーションと口紅を塗ったサトルは、嬉しそうにブラジャーとパンティを身に着ける。
ぺったんこの胸にブラジャーをつけたサトルは、すかすかのブラジャーにストッキングを詰めこんで、偽乳を作った。
パンティの小さな生地から勃起したちんぽがにょっきりとはみ出ている。
LLサイズのストッキングをていねいにはいたサトルは、ふわりとしたフレアスカートを着て、ブラウスのボタンをとめた。
暗がりだったら、まあ、女の子にみえる・・・かな?
でも、身長が高すぎるし、肩幅ががっちりしているし、足も腕もウエストも太い。
サトルは私と女装したまま外でデートしたいと思っているらしいけど、私は周囲の人に彼氏が変態だと思われたくない。
変態の彼女だっていうのがバレたら、私まで変態だと思われるだろうし。
女装が好きだからといって、サトルは男の人が好きなわけじゃないみたい。
でも、サトルは女装でセックスして、レズっぽい気分を味わうのが大好き。
変態だよね。
うん、変態なんだ。
それでも、サトルが好きだから、私はサトルの変態趣味に付き合ってしまう。
今日のセックスは私がお姉様で、後輩のサトルを犯すっていうシュチエーションらしい。
サトルの妄想通りにセックスするのも、もう慣れてしまった。
女装したサトルを押し倒して、ムリヤリっぽくキスして、パンティの上からちんぽをなでる。
私から積極的に舌を絡めて、サトルの口の中をよだれでいっぱいにする。
「先輩・・・。」
サトルは興奮してるみたいで、ちんぽがすっごく硬い。
「サトルちゃん、私のものにしてあげるから、自分でパンティ脱ぎなよ。」
かなりSな先輩になってしまったけど、サトル的にはアリだったらしい。
素直にパンティを脱いだ。
スカートの中に、勃起したちんぽがあるのって、かなり微妙な光景だ。
でも、私は気にしないで、先走りでぬるぬるになっているちんぽをしごいた。
うっとりと目を閉じているサトルは女の子になったつもりなのかもしれない。
「あんっ・・・先輩、ダメ・・・。」
とかいっている。
「ダメ?サトルがイヤなら、仕方ないよね。サトルが私のこと好きになってくれるまで待つよ。」
私は勃起ちんぽをしごいていた手を離した。
「ごめんなさい・・・イヤじゃないから・・・続けて?」
サトルは私にすがりついてきた。
「じゃ、おしおきに、オナニーしてみせて?」
「え・・・そんな恥ずかしいよ・・・。」
「イヤなら、今日はやめようか。」
顔を赤くしたサトルは自分でちんぽをしごきはじめた。
サトルのオナニーをみるのははじめてだから、ちょっと興奮してしまう。
サトルをいじめると、どきどきして嬉しくなっちゃう私も変態なのかな。
一生懸命オナニーしているサトルも興奮してるみたいで、どんどん息づかいが荒くなっていく。
「もういいわよ。」
サトルがオナニーでイってしまう前に、私はサトルのオナニーを止めた。
射精寸前で止められたサトルは切なそうに私の顔をみつめている。
「ねえ、イきたい?」
サトルは涙を浮かべながら、こくこくと頷いている。
私はゆっくりとパンティを脱いだ。
興奮して濡れてしまっているから、パンティが糸をひいた。
「イきたかったら、舐めて?」
サトルの顔の上に、しゃがみこんで、窒息しない程度に、おまんこを押し付ける。
ぺろぺろと舐めてくるサトルの舌が気持ちいい。
私は手を伸ばして、サトルのちんぽを握った。
上下にしこしことしごくと、サトルの口からくぐもったあえぎ声がもれる。
サトルの舌がワレメを何度も往復して、膣口にすぼめた舌が突っ込まれた。
濡れまくったおまんこに、指が入れられると、私もあえぎ声をこらえきれない。
サトルの勃起ちんぽに舌をはわせながら、私はおまんこに出し入れされるサトルの指に体をのけ反らせた。
ヤバい・・・このままじゃ、私が先にイっちゃう。
私はサトルの顔からおまんこをはなして、サトルのちんぽにコンドームをかぶせた。
騎乗位でゆっくりと腰を沈めて、サトルのちんぽをおまんこに挿入する。
サトルが突然、ちんぽを突き出して、奥までずんって入ってしまった。
「あんっ!」
思わずあえいでしまった私は、サトルを睨んだ。
「ごめん。だって、もうがまんできないよ。」
サトルの腰は動き続けている。
おまんこはぐちゅぐちゅといやらしい音を立てていて、私ももうがまんできそうにない。
「はしたないわよ。淫乱なんだから・・・。」
男の人にはあんまり淫乱っていわないと思うけど、淫乱っていわれると、サトルは悦ぶ。
「ほら、もっと腰を振りなさい。」
サトルは下から私のおまんこを突き上げては、あえぎ声をあげ続けた。
私はサトルから落っこちないようにしがみつきながら、サトルのちんぽをしめつけた。
変態だけど、サトルとのセックスは気持ちいい。
一緒にイきながら、私はサトルに抱きついて、キスをした。


過激なアダルト無修正動画エロサイトのSMファックムービー配信しているマニアックマックス1投稿官能小説
 
人気アダルトサイト

無料体験で抜けるエッチチャット

のぞきモードで盗撮みたいな気分で女の子の部屋を覗けるエッチサイトDXライブチャット

無修正オリジナルAVビデオ

官能小説 濡れまくりの人気おすすめ無修正動画のエッチムービー配信のアダルトサイト

女性器専門エッチ写真
淫語オナニーねた
ロリ系アダルト
セックス テクニック
エロビデオ
聖水フェチ動画
ハミ乳 画像
太ももフェチ画像
ホモ動画
エロ画像
RSS配信
Go To Top