GWM

Home arrow 女の子 官能小説

16 Dec 2017
おすすめHサイト

官能エッチムービー配信のエッチビデオ


妄想アダルト無修正動画を配信している妄想企画物エロサイト

メインメニュー
Home
妄想官能小説
官能小説 蕩蕩
バイブ 官能小説
女の子 官能小説
官能小説 クリ
官能小説 女
官能小説倶楽部
官能小説 電車
官能小説 動画
官能小説 画像
掲示板 官能小説
投稿官能小説
素人官能小説
官能小説 指
官能小説 濡れ
官能小説 男
官能小説 おばさん
官能小説 娘
官能小説 尻
萌 官能小説
セックス 官能小説
官能小説 胸
巨根 官能小説
サイトマップ
女の子 官能小説
口内発射ぶっかけプレイ


給料日には風俗に行って、アイちゃんの口の中で口内発射するのが、俺の自分に対するご褒美ってやつだ。
アイちゃんは妹キャラを担当していて、ロリっぽくて素直ないいコで、きゃしゃな体に似合わない巨乳が人気の風俗嬢。
少しお金を払っただけで、こんなかわいこちゃんの裸をみられて、フェラチオしてもらって、口内発射までできるなんて、本当に俺はしあわせな時代を生きている。
個室で二人きりになると、俺はアイちゃんの巨乳を揉ませてもらう。
キスはNGだから、つやつやの柔らかそうな唇に吸い付きたくなるのを我慢して、恥ずかしそうに顔を赤らめているアイちゃんの表情を至近距離でみつめる。
勃起した乳首を口でねぶって、アイちゃんの息が荒くなったところで、俺はベットに腰かける。
このまま、アイちゃんをこのベットに押し倒して、おまんこに挿入できたら、どんなに気持ちいいだろうといつも思うけど、この店は本番厳禁だ。
俺がアイちゃんにしてもいいのは、クンニまでで、手マンもできない。
アイちゃんが俺にしてくれるのは、口内発射まで。
この風俗店には、アナルセックスできるコや手マンしてもいいコもいるし、アナルを舐めてくれたり、前立腺マッサージしてくれるコもいるが、俺はアイちゃん一筋だ。
「サトルさん、久しぶりだよね。」
アイちゃんは俺の足元に座って、俺の勃起したちんぽをふきふきしてくれる。
冷たいウェットティッシュでちんぽを拭かれているのでさえ、気持ちよく感じてしまう俺は、変態なのだろうか。
月イチでしかこない俺は、けしていい客ではないと思うが、アイちゃんが俺のことを覚えていてくれるのが嬉しい。
消毒を終えた俺のちんぽがアイちゃんの口の中に吸い込まれていく。
にゅるっと舌がちんぽに絡みついてきて、俺は「ううっ。」っとあえぎ声をもらした。
かわいいアイちゃんが俺のちんぽをしゃぶっているフェラ顔はいつみても興奮する。
アイちゃんが口を上下に動かすたびに、巨乳も一緒に、たわんとゆれる。
しばらく口の中で舐めてくれた後、アイちゃんはびしょびしょになった俺のちんぽを口から出して、ローションをたらした。
「今日もパイズリしてあげるね。」
ローションでぬるぬるになったちんぽを巨乳の間にぎゅむっとはさみ、おっぱいを左右に動かす。
サオがおっぱいでこすられて、すごく気持ちいい。
アイちゃんは亀頭だけ、ぺろぺろと舐めながら、上目づかいで俺の顔をみている。
はじめてアイちゃんにパイズリしてもらったときは、興奮しすぎて、アイちゃんの顔に顔射してしまった。
俺は許しもなく顔射したことを何度も謝ったけど、アイちゃんはにこにこして、「大丈夫です。」っていってくれた。
こんなコが彼女だったらなあって、しみじみ思ったものだ。
アイちゃんは、しばらくパイズリした後、またちんぽ全体を口の中に含んで、ゆっくりと出し入れしてくれる。
時間いっぱいまで愉しみたいから、できるだけ射精を我慢するんだけど、指がありえないくらいばらばらに動いて、俺の快感を強くしていく。
アイちゃんの舌と指が俺のちんぽをぐりんぐりんと刺激していて、一体、今、どんなことをされているのか、わからなくなるくらい激しい気持ちよさが俺を包んだ。
ヤバい・・・もうイく・・・と、体をこわばらせた瞬間、俺のちんぽは開放されて、まったりと軽く手でしごかれていた。
「まだイっちゃダメ。」
いたずらっぽく笑っているアイちゃんは、射精感がおさまるまで、太ももの内側を軽く指でなぞったり、玉袋をもんだりして、俺をじらした。
すっかり冷えたちんぽが、アイちゃんのあたたかい口の中に、ゆっくりと咥えられる。
口の中で、舌がちんぽにまとわりついてくる。
アイちゃんの口からじりじりとちんぽが出されていって、口から出たサオを指がやさしくこする。
残り時間が7分になったところで、アイちゃんがスパートをかけた。
指でちんぽ全体をしごきあげ、口と舌がその動きをサポートして、ちんぽから精液を吸い上げようとしている。
アイちゃんの本気モードに、俺はひとたまりもなかった。
「出るよ・・・。」
ぶっしゅうっと口内発射した精液がアイちゃんの口の中にはじける。
たっぷりと射精したにもかかわらず、アイちゃんの口内の締め付けに反応して、俺のちんぽはもう残っていない精液を吐き出そうとびくびくしている。
下半身がじーんとしびれて、心地よい疲れと満足感で眠くなった。
アイちゃんは、俺が口内発射した精液をごっくんと飲み干すと、よだれと精液で汚れた俺のちんぽをティッシュでキレイにしてくれた。
「今日もたくさん出ましたね。」
アイちゃんの顔もちょっと上気していて、おっぱいがローションで光っていて、かなりエロい。
射精したばかりなのに、このまま押し倒したいという衝動に駆られて、俺はアイちゃんから目をそらした。
いつかアイちゃんが風俗をやめてしまう前に、もっとお店に通いつめて、真剣に口説いた方がいいだろうか。
でも、万が一、アイちゃんと付き合えたとしても、たくさんの男のちんぽをしゃぶって、口内発射させてきたアイちゃんを普通の女の子と同じ目でみられる自信がない。
意気地なしの俺は、
「アイちゃんは辞めましたよ。」
っていわれるのを恐れながら、来月の給料日を待ちわびた。


カリビアンコム女の子 官能小説乳首攻めオッパイ舐め舐めエッチなアダルト無修正動画サイト

 
野外露出キャンプSEX動画

私たちカップルは友人カップルと一緒に、キャンプに来ました。
夜遅くなって、彼をトイレに付き合わせた帰り、ぱんぱんという音がきこえて、ぼんやりと白い裸体が浮かんでいるのが見えたんです。
よくみると、それは裸にされたアイと服を着てペニスだけを出して挿入しているユウジでした。
アイは木につかまって後ろからペニスを入れられていて、ユウジはアイのおっぱいを後ろから両手でつかんで、腰を激しくふっています。
「やだ・・・こんなところで・・・みられちゃうよ・・・。」
「そんなこといって、いつもよりぬれてるし、よくしまってるぜ。」
ぱんぱんと腰を打ち付ける音にまぎれて、ぐちゅぐちゅという音もきこえてきました。
「すげぇ・・・。」
後ろに立っていた私の彼のサトシがつぶやいて、私に抱きついてきました。
「ちょ・・・何?」
私が抵抗するより早く、サトシの右手が私のパンティの中に入り、ワレメをなぞりました。
左手も服のすそから入り込んでノーブラだったおっぱいを直接つかみ、立ってしまっていた乳首を指でつまみました。
「ユウカだって、コーフンして、こんなになってんじゃん。」
指でワレメからあふれた愛液をなぞられて、乳首をくりくりとされると、もう抵抗できません。
「ね・・・しよ。」
サトシが耳の中に舌を入れて舐めると、ここが外だとか、誰か通るかもとか、アイたちにみられるかもとか、そういうことは考えられなくなりました。
「ほら、あいつらみてみろよ。」
サトシが耳元でささやくので、顔をあげると、ユウジがアイの片足をもちあげて、結合部を丸出しにしてヤってました。
サトシは私が呆然としているうちに、パンティを足首まで下ろして、ワレメを舐め始めました。
クリトリスからアナルまで、動物のように乱暴にれろれろと舐めまくるのです。
さっき、トイレにいっておしっこしたばかりなのに。
私は声がもれないように左手で、自分の口を押さえ、右手でサトシの頭を押さえて倒れないようにしました。
ちゅ・・・くちゅ・・・と私のアソコからもいやらしい音がしています。
サトシの指が入ってきて、出し入れされると、立っているのがつらくなりました。
「ふ・・・あ・・・。」
出し入れされる指は二本になって、さらに奥まで私のアソコをえぐります。
愛液は太ももを伝って、それをサトシが舌で舐め上げました。
「だめぇ・・・。」
サトシは指をぬいて、足首にあったパンティとスカートを脱がせて、私の下半身を露出しました。
「やだ・・・。こんなのいや・・・。」
アソコを両手で隠して、スカートをとろうとかがんだところを押し倒されて、よつんばいにさせられました。
後ろから三本の指をアソコに入れられて、クリトリスも指でぐりぐりと刺激されていると立ち上がることができません。
「や・・・だめ・・。あん・・・。」
サトシはちゅくちゅくと私のアソコを愛撫した後、そっとペニスをアソコに挿入しました。
「ああ・・・やあ・・・。」
サトシが全部根元までペニスを入れた後、
「ユウカ、顔上げてみてみろよ。」
というので、閉じてしまっていた目を開くと、すぐ側に服を着たアイとペニスをしまったユウジがいて、私たちをみてました。
「いや!ひどいよ、サトシ!抜いてえ!」
私がサトシの方をみて、抵抗すると、アイがTシャツの上から私の両方の乳首をきゅっとつまんで、
「さわいだら、知らない人が来ちゃうよ?」
とささやきました。
私はアイにTシャツを脱がされて、全裸にされると、座ったサトシに後ろから抱きしめられて、二人にもっとよく見えるように、両足を大きく開かれて、おっぱいをもみしだかれました。
「あ・・・やだ・・・恥ずかしいよ。」
「ユウカちゃん、すっげえ濡れてるね。」
ユウジがまじまじと私たちがつながってるところをみていて、私は目を閉じました。
「ユウカ、そんなしめつけんなよ。」
サトシが耳元でささやきます。
「ユウカってしまりがよさそうだよね。」
アイが私のクリトリスを冷たい指でなぞりながら、私にキスしました。
「あふ・・・。」
私は快感と羞恥でイってしまい、体をびくびくと震わせながら、サトシのペニスをしめつけました。
「かわいい・・・。」
アイが私のほほを指でなでます。
「は・・・。」
うっすらとにじんだ私の涙をサトシが舌で舐めて、
「いつもより具合がいいよ。」
とにやにやしました。
「ユウカちゃんがエロいから、もいっかいしたくなってきたなあ。」
ユウジがアイのおっぱいを服の上からもみしだいて、アイが私から離れました。
サトシが激しく腰を打ちつけ始めて、私は快楽の渦にまきこまれていきます。
「あ・・・あん・・・やだ・・・またイっちゃう。」
「・・・イけよ・・・。」
さらに、サトシの腰の動きが激しくなって、頭の中が真っ白になりました。
「しまる・・・。」
ぎゅうっとしめつけた私のアソコの最奥に、サトシの精子が吐き出されて、ぐったりと重なった二人は、再開されたアイたちのセックスをまた見学することになったのでした。


エッチな0930女の子 官能小説のセックス経験豊富な熟女達の性欲まき散らしエッチムービー
 
初めてのアナルSEX


私の彼氏は変態だ。
どのくらい変態かというと、付き合って三ヶ月の彼女に浣腸をしたがるような変態だ。
もちろん、私は人前でウンコなんてしたことがないし、浣腸した後に、アナルセックスが続くことくらい知っている。
涙ぐみながら、抵抗する私に彼は、
「だって、アナルは処女でしょ?アイちゃんの処女がほしいんだ!」
などとわけのわからないことを言い出す。
そんな彼にかなり惚れてしまっている私は、
「どうしてもダメ?」
としょんぼりされると、イヤだといえない。
「はじめてだから、あんまりたくさんは入れないからね!」
にこにこしながら、お風呂場でお辞儀をしたかっこうになった私のアナルに浣腸器を差し込む彼はいきいきとしている。
普通ならありえないアナルに液体が入ってくる感触にぞわっとする。
ぐにぐにとアナルに栓をされて、彼の前に立つ。
「ぎゅるぎゅるいってるねー。」
嬉しそうに私のおなかをなでる彼の表情は楽しくてたまらないという喜びがあふれていて、私は怒るに怒れなかった。
「やだ・・・もうトイレ行きたいよ・・・。」
「洗面器じゃダメ?」
無邪気にきいてくる彼に断固とした口調で叫んだ。
「ダメ!絶対イヤ!!!」
彼は残念そうに私をお姫様だっこすると、トイレに連れて行ってくれた。
洋式トイレに座らされた私は彼をにらみつける。
「でてってぇ!早くぅ!」
彼はしぶしぶトイレのドアを閉めた。
彼がドアの前にいるのはわかっていたから、レバーをまわして水音をさせながら、アナルをふさいでいた栓を抜いた。
ぶちゅうううう・・・。
自分でもびっくりするくらい大量のウンコが出てきて、こんなのをみられなくて済んだことにほっとする。
ウォシュレットでお尻をキレイにして、トイレから出ると、彼がいそいそとよってきた。
「ベットに行こう。」
ベットに腰かけると、彼はバックから次々と道具をだしてきた。
「コレがアナルパールで、コレがアナルプッチのひも付き。こっちがアナル用のバイブの細いやつ。コレが俺と同じくらいのバイブ。コレはアソコにも使えるやつ。もちろん、ローションもたっぷりあるから安心して。」
私はあんぐりと口を開けたまま、閉じられなくなった。
「やっぱり、はじめてはコレかなあ?」
彼がローションとアナルパールを持って近づいてくる。
「はーい。仰向けで足を開いてね。」
どうせ抵抗しても無駄なのがわかっているから、素直に言われたとおりにする。
「ちょっと冷たいよー。」
アナルにローションが入ってくる。
ひんやりとしたローションはすぐに、私の熱に温められてしまう。
ぐぐっとアナルパールが入ってきた。
アナルが押し広げられる感じはけっこう気持ちがいい。
「いたかったら、いってね?」
彼は私のクリトリスを指で撫でながら、やさしくいった。
「ん・・・。」
私のアナルはどんどんいっぱいになっていき、全部のパールが埋め込まれてしまった。
「大丈夫?」
「うん。なんとか。」
「アイちゃんのえっちな姿をみてたら、びんびんになっちゃった。」
彼は完全に勃起したペニスを私の前に差し出した。
脈打っているペニスをそっと舐めると、彼は私の頭を撫でてくれる。
「もっと広げないといたいから、もう少し開発しようね。」
彼は私にペニスを舐められながら、アナルパールを抜いていく。
ちゅぽん、ちゅぽんとパールがアナルを出て行くたびに、気持ちよさが広がっていき、ペニスを舐めるのがおろそかになる。
「アイちゃん、けっこう才能あるかもよ?」
彼は私から離れると、ひも付きのアナルプッチを私のアナルに入れた。
ひもの先には小さな鈴がついていて、彼が指でクリトリスやアソコをいじるたびに、ちりんちりんと音がする。
「だいぶアソコも濡れてるね。」
ちゅぷちゅぷとアソコから指を出し入れしながら、彼が嬉しそうに言う。
「そろそろ、俺と同じ大きさのバイブ入れてみようか。」
彼はアナルプッチを抜き取ると、ゆっくりと大きなバイブを入れ始めた。
「痛くない?」
慎重に入れられる大きなバイブは少しずつ私のアナルを押し広げていく。
全部が埋め込まれても、痛みはなかった。
「スイッチ入れるよ。」
アナルの中のバイブは左右に首を振り始め、私は奇妙な快感を味わった。
「な、なんかヘンな感じ・・・やん・・・。」
「でも、痛くはないんでしょ?すぐに気持ちよくなれるよ。」
彼が言うとおり、だんだん気持ちよさが増してきて、私の頭はぼんやりしてきた。
「もういいよね。」
彼はバイブを抜くと、自分のペニスを私のアナルに挿入した。
ぐぐっと押し広げてくる彼のペニスは硬くて、バイブより大きいような気がした。
「そんなにしめちゃダメだよ。」
彼がクリトリスやアソコを刺激して、私の気を散らしてくれる。
力が抜けたアナルにずぶずぶとペニスが入っていき、ついに根元まで彼のペニスが埋められた。
「入った・・・。」
彼は満足そうに息をつく。
私はノドの奥までペニスが入ったような圧迫感を感じた。
彼がずるっとペニスを抜こうとすると、内臓まで一緒にひきずられてしまうような感覚におそわれる。
何度もゆっくりと出し入れされるうちに、気持ちよくなってきて、気がついたら、あえぎ声がもれていた。
「ああ・・・あん・・・いい・・・。」
「アイちゃん、俺もすっごいイイよ・・・。」
激しくピストンされて、アナルに彼の精液が放たれるのを感じるのと一緒に、私もイってしまったのだった。


女の子 官能小説のエロいスリップフェチ画像が満載のエッチなアダルトサイトの制服の裏地
 
人気アダルトサイト

無料体験で抜けるエッチチャット

のぞきモードで盗撮みたいな気分で女の子の部屋を覗けるエッチサイトDXライブチャット

無修正オリジナルAVビデオ

官能小説 濡れまくりの人気おすすめ無修正動画のエッチムービー配信のアダルトサイト

女性器専門エッチ写真
淫語オナニーねた
ロリ系アダルト
セックス テクニック
エロビデオ
聖水フェチ動画
ハミ乳 画像
太ももフェチ画像
ホモ動画
エロ画像
RSS配信
Go To Top