GWM

Home arrow 妄想官能小説

19 Aug 2017
おすすめHサイト

官能エッチムービー配信のエッチビデオ


妄想アダルト無修正動画を配信している妄想企画物エロサイト

メインメニュー
Home
妄想官能小説
官能小説 蕩蕩
バイブ 官能小説
女の子 官能小説
官能小説 クリ
官能小説 女
官能小説倶楽部
官能小説 電車
官能小説 動画
官能小説 画像
掲示板 官能小説
投稿官能小説
素人官能小説
官能小説 指
官能小説 濡れ
官能小説 男
官能小説 おばさん
官能小説 娘
官能小説 尻
萌 官能小説
セックス 官能小説
官能小説 胸
巨根 官能小説
サイトマップ
妄想官能小説
近親相姦ハメ撮りSEX


生まれたばかりの妹を連れて離婚した母親が、俺が大学生になってから、また親父と再婚しやがった。
すっかり大人になっているアイは、これっぽっちも、妹って気がしない。
アイは短大生のくせに、ど田舎育ちのせいか、人を疑うことを知らない。
アイドル並にかわいい顔で、男を誘うようないやらしい体つきしてるのに、アイみたいに隙だらけでいたら、悪い男にレイプされたり、痴漢にあったり、風俗に売り飛ばされたりしそうだ。
お風呂上りで髪もろくに乾かさないまま、俺によっかかって寝ているアイの寝顔は子供みたいで、俺はフクザツな気持ちになった。
ショートパンツからすらりと伸びている長い足とむっちりとした太もも、タンクトップからのぞくたわわな巨乳と浮き出た鎖骨。
そして、シャンプーのいい香り。
いくら妹だと自分にいいきかせても、健全な若い男のちんぽは勃起してしまう。
なんでコイツは俺のことをお兄ちゃんなんて、やたらと慕ってくるんだろうか。
ていうか、新婚旅行だとかいって、俺達を二週間も二人きりで放置する両親も信じられねえ。
近親相姦とか、ちったあ心配しろってーの。
妹だっていう実感が湧かない分、近親相姦だっていう自覚も薄くて、俺の理性はいつぷちんと切れてもおかしくない。
今だって、近親相姦だ・・・近親相姦だ・・・と脳内で唱えていないと、完全無防備状態のアイを襲いそうになる。
空きっ腹でおあずけ状態の犬みたいなもんだ。
ちんぽからはよだれのように先走りがだらだらたれて、取り替えたばかりのトランクスを汚している。
俺は耐え切れなくなって、トランクスの中に手を入れた。
アイの様子を窺いながら、せっせとちんぽをしごく。
なんで俺がこんな拷問みたいな目にあわなくちゃならないんだ・・・。
トランクスの中に生ぬるい精液を射精した後、自己嫌悪でため息が出た。
ようやく起きて、自分の部屋に戻ったアイにバレないように、シャワーを浴び直して、トランクスを手で洗う。
夢精した中学生かよ・・・。
近親相姦じゃなかったら、とっくに襲ってるのに。
「お兄ちゃん?」
パジャマ姿のアイが後ろに立っていた。
サイズが合ってないのか、アイが巨乳すぎるのか、パジャマのボタンがはじけ飛びそうにパツパツになっている。
「お洗濯なら、私がやるのに。早く一緒に寝よ?」
アイは俺が「うん」というまで、一緒に寝たいといい続けるので、俺は二日目からすぐに「うん」というようになった。
両親がいるときには、絶対に一緒に寝ないといいきかせてはいるが。
俺の狭いシングルベットにぎゅうづめになって寝ると、体が密着して、寝るどころじゃない。
昨日はほとんど眠れずに、近親相姦は犯罪かどうか考え続けていた。
アイは18才以上だけど、ムリヤリ襲うなら強姦で、確実に犯罪だし。
じゃあ、合意があれば、近親相姦でも犯罪じゃないのか?
いや、倫理上の問題が・・・と悩み続けているうちに、空が明るくなっていた。
「ねえ、お兄ちゃん。」
壁側を向いた俺の背中によりそうようにくっつきながら、アイがささやく。
「なんだよ。」
「アイね、お兄ちゃんの妹じゃないんだよ。」
「はあっ?」
「あのね、お母さんが浮気して、アイが生まれたんだって。」
「・・・だとしても、兄弟には違いないだろ。」
「お父さんがよその女の人に生ませたのがお兄ちゃんなんだって。だから、アイとお兄ちゃんは、兄弟じゃないの。」
そうか・・・近親相姦にならないのか。
自分達の出生の秘密を知った衝撃より、近親相姦にならないということの方が俺にとっては重要だった。
「アイ、一目惚れしちゃったの。お兄ちゃんが好き・・・。」
力いっぱい抱きついてくるアイの体を抱きしめて、俺は思いっきりキスした。
今までがまんしていた分、歯止めがきかない。
逃げるアイの舌を追いかけて、口の中をしつこく舐めているうちに、俺はアイの体の上にのっかっていた。
はあはあと息を切らしているアイの胸は上下に動いていて、俺を誘っているように見える。
引きちぎりたいのをこらえて、どうにかパジャマのボタンをはずした。
すべすべのおっぱいに顔をうずめて、おっぱいのやわらかさを愉しんで、乳首をくりくりと指で愛撫する。
「お兄ちゃん・・・気持ちいい・・・。」
さっき一回抜いたばかりなのに、早くアイのおまんこに挿入したくて、俺はアイのパンティを脱がし、おまんこをたんねんにクンニして、俺のよだれと愛液でぐちゃぐちゃにした。
指で拡げて緩めた方が痛くないんだろうけど、もうそんな余裕はない。
「入れるぞ。」
めったに使わないコンドームを机の引き出しの奥から取り出して、ちんぽにつける。
「お兄ちゃん、早くきてぇ・・・。」
アイは俺の方に両手を伸ばして、甘くささやく。
俺が覆いかぶさっていくと、俺の首に手を回して、俺の顔を引き寄せた。
「んっ・・・。」
挿入の痛みに眉を寄せたアイの表情は苦しそうなのに、色っぽくてちょっと興奮してしまった。
挿入し終わっても痛そうなアイのために、ゆっくりと慎重にちんぽを動かしながら、俺はアイの処女をもらったことに満足していた。
近親相姦じゃないと知った俺は、両親が帰ってくるまで、アイとヤりまくった。
遠い将来、アイと結婚できるかどうかはよくわからないが、今はかわいいアイとヤれるだけで十分、しあわせだ。


妄想官能小説レイプ専門アダルトサイトでかわいい美少女達がレイプされまくりメス豚2!

 
連続中出し官能小説

出会い系で知り合ったアイちゃんに、「妊娠させてほしい」といわれて耳を疑った。
アイちゃんは、ロリ顔巨乳のかわいいコで、人妻だったからだ。
なんでもダンナの精子が少なくて、妊娠しづらいけど、どうしても妊娠したいらしい。
「中出しして」といわれて、断る男がいるだろうか?
さっそくラブホにくりだし、シャワーを浴びたいというのを無視して、強引にベットに押し倒した。
アイちゃんは顔だけじゃなく、声もロリ系で、年齢をきかないと、法律にひっかかってしまいそうな気がしてしまう。
「あ、あん・・・だめぇ・・・待ってよぅ・・・。」
そんなことをいわれても、下半身にさらにエネルギーを送り込むだけだ。
俺は下半身をむき出しにして、三日はヌいてない(ついでに、シャワーも浴びてない)ちんぽをアイちゃんの顔につきつけた。
われながら、ものすごいニオイが立ち上ってきて、メマイがする。
「ほら、コレがほしいんだろ?」
アイちゃんはちょっと目を見開いて(その顔がまた女の子にいたずらしているみたいでよかった)、頬を染めた。
こくりとうなずき、俺のちんぽに手を伸ばそうとする。
「先に、服を全部脱げよ。」
すっと腰をひいて命令すると、アイちゃんははちきれんばかりだったシャツのボタンを自分ではずし、顔に似合わない巨乳を俺の目の前にさらした。
背中に手を回して、ブラジャーのホックをはずすと、ぼろろんと白くて大きな巨乳がこぼれだす。
タイトのミニスカートを脱いで、生足よりもいやらしい黒いストッキングと白いパンティがあらわれたところで、俺のガマンは限界を迎えた。
ベットの上で体を起こして服を脱いでいたアイちゃんに飛びつき、白くてたわわなおっぱいを両手でわしづかんだ。
やわらかくて、片手ではおさまらないおっぱいの充実感を楽しんでいると、
「やだぁ。せっかち・・・。」
色っぽく笑われてしまった。
すでに大きくとがっている乳首をちゅうと吸い、れろれろと舌でころがすと、
「はんっ。」
と早くもあえぎ声を上げ始める。
反対側の乳首も舌と指で愛撫してやり、アイちゃんの息がだいぶあがったところで、黒いパンティストッキングにつつまれた白いパンティの方へとすすんだ。
そっと両足を開き、パンティストッキングごしに、白いパンティの中央に鼻をすりよせる。
「や、だめぇ。そんな・・・。」
ふんふんとニオイをかぐと、アイちゃんは足を閉じようとする。
指でぐりぐりとパンティストッキングごしにパンティをなぞる。
ワレメがしっとりとしめっているのが布越しにも十分に感じ取れた。
「おっぱいさわられただけで、もうびちゃびちゃ?」
「ちがうよぉ!そんなことないよ・・・。」
顔を両手で隠しているアイちゃんのパンティをパンティストッキングごと脱がして、おまんこをむきだしにする。
ロリ顔にふさわしく、ヘアの薄いアイちゃんのおまんこはサーモンピンクで愛液でつやつやと輝いていた。
「ほら、さわってみろよ。」
アイちゃんの手をとり、自分の濡れ具合を確認させる。
アイちゃんの指についたアイちゃんの愛液を舌で舐めとってやり、俺のよだれで濡れた指をアイちゃんのおまんこにつっこんだ。
ずぶずぶと自分の指を出し入れしているアイちゃんは、まるで俺の目の前でオナニーしている淫乱な幼女のようにみえる。
「こんなのやだよぅ・・・ちゃんとさわってぇ・・・。」
リクエストに答えて、俺の指を二本、おまんこにつっこんでやった。
自分の指と俺の指でおまんこをいっぱいにしたアイちゃんは、うっとりとした表情で俺をみている。
指を出し入れしながら、クリトリスをそっとつまんでやると、膣の中がきゅっとしまった。
ロリ顔で巨乳ってだけでなく、おまんこのしまりもバツグンらしい。
ダンナさんがうらやましくなる。
「ねぇ・・・もうちょうだい・・・。」
ぐちゅぐちゅのおまんこを俺の指でかきまわされながら、アイちゃんがおねだりする。
「じゃあ、入れる前に、ちょっとしゃぶって。」
先走りの出ているニオイたつちんぽの根元を持って、アイちゃんの唇につけると、やわらかい舌でぺちゃぺちゃと舐めだした。
さすが人妻のテクニックというか、俺がへなちょこなのか、すぐに気持ちよくなってくる。
「すげぇ・・・出ちまいそう・・・。」
思わず、声をもらすと、
「だめぇ・・・アイの中で出してくれなくちゃ・・・。」
といって、自分から足を開き、
「ねぇ・・・もう入れて・・・。」
と誘った。
ちんぽを膣口にそえると、誘い込むようにうごめき、そのままゆっくりとおしすすめると、やわらかくてあたたかいものが俺のちんぽを包み込む。
「うん・・・はあ・・・。」
アイちゃんは満足そうに目を閉じて、俺を受け入れている。
全部入ったところで、アイちゃんの豊満な胸に顔をうずめて、至福のひとときを味わった。
動かずに黙っていても、アイちゃんのおまんこがひくひくと俺のちんぽを歓迎してくれるので、かなり気持ちいい。
指で乳首をつまんだり、ころがしたりすると、おまんこがきゅっとしまって、さらに感度が増す。
「お願い・・・動いてぇ・・・。」
アイちゃんの腰はすでにゆらゆらと動いている。
それにあわせるようにぱんぱんと腰を振ると、俺の精子を搾り出そうと膣がぎゅうぎゅう締め付けてくる。
「気持ちいい・・・奥に全部・・・出してね・・・。」
たまりまくっていた精子は一度射精したくらいでは収まらず、入れたまま、二度、三度と中出しを繰り返した。
結合しているところからあふれ出した精子と愛液が混ざり合って、白く泡立ち、ベットに滴り落ちる。
何度も中出しされて満足したアイちゃんはにこにこしながら帰っていったが、俺は搾りつくされた乳牛のような気分だった。


パコパコママ妄想官能小説ばりのエッチな不倫セックス体験談が豊富にあるアダルト無修正裏サイト
 
M女の官能小説


今日は約束のM女比べの日だ。
私は念入りに調教したとっておきのM女アイを連れて、S仲間のマンションに向かった。
「おお、これは美しいお嬢さんだ。」
S仲間のフジシマは、アイをみて、感嘆の声をあげた。
誇らしげな気持ちはフジシマのM女ユウをみて、急にしぼんでしまった。
口にボールのついた口輪をはめて、よだれをたらしたユウは後ろ手で腕を拘束され、おっぱいを強調するように黒いロープで縛られている。
両方の乳首にはアクセサリーのように、赤いクリップがつけられ、バイブを差し込まれて愛液を垂れ流しているアソコとアナル拡張器をはめこまれているお尻の穴だけでもいやらしいのに、ふとももまでのストッキングにコントローラーをはさみこまれたローターがクリトリスを刺激するように固定されている。
「ユウ、お客様にごあいさつしなさい。」
フジシマが声をかけると、ユウはひざまずいて、頭を床につけた。
「ひらひゃいまへ。」
口輪のせいで、まともにしゃべれず、さらによだれがたれた。
フジシマは彼女につけられていた首輪のロープをひいて、強引に立たせた。
私はアイに着せていたコートを脱がせ、マフラーをはずした。
赤いロープで、亀甲縛りにされた裸の体がむき出しになる。
ぴんと立った乳首には小さなクリップに鈴がついたものがつけてあり、クリトリスにもアクセサリーがついたクリップが挟んである。
アソコには中くらいのバイブが挿入されており、アナルにも細長いバイブが入れてあった。
アイの愛液は白いパンティに吸収されていたが、ぐっしょりとしめっているのが、脱がさなくてもわかるくらいだ。
「アイ、フジシマさんにごあいさつしなさい。」
アイは床に座り、三つ指ついて深々と頭を下げた。
「コウジさまのM奴隷アイでございます。」
「すばらしい肌をしているね。真っ白ですべすべだ。」
フジシマはアイを立たせながら、おっぱいやお尻をなでまわす。
「あ・・・ん・・・・。」
アイは眉をよせて、あえぎ声をもらした。
「感度もバツグンのようだ。うらやましいですよ。」
「いやいや、ユウさんこそ、かわいらしい。」
私はユウのクリトリスのローターのリモコンを強にした。
「はん・・・ああ・・・。」
ユウは両足をぴったりとくっつけ、目を閉じて、快楽を感じている。
「さて、では浣腸からにしましょうか。」
私はぬれそぼったアイのパンティを脱がせた。
フジシマは浣腸液の入った大きな浣腸器とバケツを二つずつ、拡張器にもなるアナル栓をひとつ用意した。
ユウの後ろ手の拘束具をはずし、手をつかえるようにすると、二人に命令する。
「二人とも、自分で浣腸して、アナル栓をしなさい。」
浣腸器を手にしたアイとユウはよつんばいになり、こちらにお尻をむけた。
アナルに入っていたバイブとアナル拡張器を自分で抜くと、お尻の穴に浣腸器の先をつっこみ、中の浣腸液をゆっくりと注入していく。
みるみる中身は減っていき、全部なくなったところで、二人ともアナル拡張器にもなっている栓をはめた。
「じゃあ、二人とも、ご主人様にご奉仕しなさい。」
私が命令すると、ペニスをむき出しにしたフジシマが、
「アイさんのフェラチオテクニックを味合わせていただけませんか?」
といってきた。
「アイ、フジシマさんに、ご奉仕させていただきなさい。」
「・・・はい。」
俺以外のペニスをしゃぶったことがなかったアイはためらいがちに、フジシマのペニスに手をかけた。
俺はユウの口輪をはずした。
よだれまみれになっているユウの顔は思ったよりも若く、幼い。
ユウはためらいなく、俺のペニスを口にふくんだ。
顔に似合わず、かなり熟練したフェラチオテクニックだった。
口に含んだまま、舌をペニスにからめてみたり、カリをなぞったりする。
手はペニスの根元に添えるだけで、豊富な唾液を利用して、滑らかに口と舌で愛撫を繰り返している。
アイも舌をペニス全体に這わせたり、口と手を使って、出し入れしたり、精一杯やっているようだが、正直、フェラチオのテクニックでは負けているかもしれない。
ちゅぷちゅぷ・・・ぐちゅ・・・といういやらしい音だけが室内に響き、二人のM奴隷はご主人様に恥をかかせないように、懸命にフェラチオしていた。
「そろそろ、限界かな?」
フジシマがアイにきくと、顔を真っ赤にしたアイがペニスを口から出して、こくりとうなずいた。
「二人とも、バケツの上にしゃがみなさい。」
二人がバケツの上にしゃがんだところで、お互い相手のM奴隷のアナル栓を抜いてやった。
ぶ・・ぶちゅう・・・。
すぐに、大量のウンコと浣腸液がお尻の穴から飛び出してくる。
ビデでお尻の穴と周辺を洗ってやり、タオルで拭いた。
「今日はお互いのM奴隷の交換でいいですかな?」
フジシマはアイが気に入ったらしく、いやらしい笑みを浮かべて、アイのアソコに入ったバイブをぐりぐりと動かしている。
「あ・・・あん・・・。」
アイは感じながらも、不安そうに俺をみている。
「アイ、フジシマさんにご褒美をいただきなさい。」
アイはかなしそうにうつむきながら、
「はい・・・。」
と返事をした。
フジシマはアイのアナルにたっぷりとローションを入れて、ペニスを挿入した。
「あ・・・ああ・・・。」
アナルにフジシマのペニスを入れられたユウは両足を大きく開かれ、俺をみつめながらあえいでいる。
フジシマが腰を動かすたびに、アイの乳首についている鈴がちりんちりんと音を立てる。
「ユウにもご褒美をください。」
自分でアナルにローションを注入したユウがアナルを指で広げて、俺を誘う。
つかいこまれているらしいユウのアナルは俺のペニスをすぐに飲み込み、ユウはよつんばいの体制で自分で腰をふっている。
俺はユウのお尻をわしづかみにして、腰を打ちつけた。
「あん・・・気持ちいいです・・・。」
アイはアナルをフジシマに犯されながら、ユウとアナルセックスしている俺を悲しそうにみている。
「すばらしいしまりですね!もうイきそうだ!」
フジシマがアイのアナルに射精し、俺もユウのアナルに精を吐き出した。


妄想官能小説のエッチなアダルト動画が豊富に揃うムラムラってくる素人のサイトを作りました
 
人気アダルトサイト

無料体験で抜けるエッチチャット

のぞきモードで盗撮みたいな気分で女の子の部屋を覗けるエッチサイトDXライブチャット

無修正オリジナルAVビデオ

官能小説 濡れまくりの人気おすすめ無修正動画のエッチムービー配信のアダルトサイト

女性器専門エッチ写真
淫語オナニーねた
ロリ系アダルト
セックス テクニック
エロビデオ
聖水フェチ動画
ハミ乳 画像
太ももフェチ画像
ホモ動画
エロ画像
RSS配信
Go To Top