GWM

Home arrow 官能小説倶楽部

16 Dec 2017
おすすめHサイト

官能エッチムービー配信のエッチビデオ


妄想アダルト無修正動画を配信している妄想企画物エロサイト

メインメニュー
Home
妄想官能小説
官能小説 蕩蕩
バイブ 官能小説
女の子 官能小説
官能小説 クリ
官能小説 女
官能小説倶楽部
官能小説 電車
官能小説 動画
官能小説 画像
掲示板 官能小説
投稿官能小説
素人官能小説
官能小説 指
官能小説 濡れ
官能小説 男
官能小説 おばさん
官能小説 娘
官能小説 尻
萌 官能小説
セックス 官能小説
官能小説 胸
巨根 官能小説
サイトマップ
官能小説倶楽部
エロ官能小説の女性の手コキ画像

妊娠した私は、セックスをするのがつらくなってしまった。
安定期に入っているから、激しくしなければセックスできるみたいだけど、精神的になんとなく、子宮に赤ちゃんがいる状態で受け入れるのがイヤだったのだ。
当然、夫のサトルは性欲を持て余してしまった。
このままじゃ、浮気されるっていう危機感に駆られて、私はサトルのちんぽをフェラチオしようとした。
でも、今までフェラチオを避けてきたから、私の拙いテクニックではなかなかイかせられない・・・。
最初の二、三回はめずらしい私のフェラチオに興奮していたサトルがすぐ射精してくれて、満足させられたけど、最初の興奮が冷めてしまうと、いつまで舐めてもイかせられなくなった。
フェラチオを続けて、30分以上経つとサトルが、
「もういいよ。後は自分でオナニーするから。」
といってくれる。
私がこんなにがんばってフェラチオしてるのにイけなくて、オナニーでは5分くらいでイけてしまうのかと思うと、悲しくなる。
悩んでいた私は、遊びに来た妹についグチってしまった。
私よりずっと男性経験豊富な妹は、にやりと笑って、
「じゃあ、私がお義兄さんの性欲解消してあげようか?」
っていいながら、服の上からでも目立つ巨乳を両手でつかんでみせた。
「やめてよ・・・。」
私が睨むと妹は楽しそうに、
「冗談なのに、相変わらず、マジメなんだから・・・。」
と私をからかった。
「フェラチオが下手なのはさー、お姉ちゃんがしゃぶるのイヤだと思ってるからじゃない?」
図星を指されて、私は言葉につまってしまった。
「イヤイヤやっても、上手くならないと思うよ。フェラチオがダメなら、手コキしたらいいじゃない。」
「手コキ?」
「手でこうやって、ちんぽをしごいたりしてイかせることだよ。」
妹は右手の指で輪を作って、それを上下に動かしてみせた。
「アダルトショップの通販で、ローションとDVD買って勉強したら?お姉ちゃん、勉強するの得意じゃん。」
にやにやと笑っている妹は憎らしいが、アドバイスの内容は真剣みたいだったので、私はお礼をいった。
妹が帰ると、さっそく、アダルトショップの通販ページをひらいて、手頃なものを物色した。
オナカップ・・・ダッチワイフ・・・男の人の性欲を解消するためのグッズがたくさんそろっている。
こんなにたくさん開発されるほど、男性の性欲は旺盛なのかと感心してしまった。
ローションだけでもたくさんの種類がある。
私はローションを選びながら、手コキでもダメなら、このオナカップというのを試してみようと思っていた。
手コキ用のDVDはAV女優さんがディルドーをちんぽに見立てて、手コキのテクニックを教えてくれる。
男性が手コキのテクニックの勉強をするとは思えないのに、なぜかAV女優さんは裸だ。
妹並の巨乳は納得だが、意外とぽっちゃりしていて、むちむちした感じだった。
男性器の模型を使って、感じるポイントや刺激の仕方を説明しているAV女優さんは、舌足らずな感じの甘ったれたしゃべり方だけど、その手つきはさすがにプロだった。
手首のスナップをきかせて、ひねりを加えたり、指先、指全体、手のひらなどを使ったバリエーション豊富な愛撫方法はとても勉強になった。
手コキについて学んだところで、サトルのちんぽで実践してみる。
サトルはローションまみれの手でちんぽをにぎっただけで、やたら興奮していた。
「アイちゃん、妊娠してからいやらしくなったんじゃない?」
人の気も知らないで、サトルはのんきに喜んでいる。
「手コキなんてするコじゃなかったのに。」
私の手でちんぽをしごかれながら、サトルはうっとりとしている。
ゆっくりと単調な刺激を続けるだけでも、イけるらしいっていうことはわかったけど、どの動きがサトルを気持ちよくさせるのかわからなくて、私はいろいろと試してみた。
手のひらで亀頭をぐりぐりとなでまわしながら、サオを指でしごく。
カリ首を指先でなぞりながら、サオをにぎって、ひねるように上下にこする。
「アイちゃん・・・どこでそんな手コキテクニックを・・・。」
AV女優の技術はたしかで、サトルはすぐに私の手の中に射精した。
私の手コキも回数を重ねるごとにスムーズになっていって、これで問題は解決したと思ったんだけど・・・。
だんだん、サトルが手コキだけじゃ、イけなくなってしまった。
うーん、いよいよオナカップを買わないといけないかなと悩んでいたら、また妹が遊びに来たので相談した。
「オナカップ・・・お姉ちゃんがオナカップ買うの・・・。」
妹はおなかをかかえて、ひーひーいいながら笑っていたが、
「オナカップって使いすぎると、セックスでなかなかイけなくなるらしいよ。おまんこより、気持ちいいんだって!」
さらりと爆弾発言してくれた。
「手コキだけでダメなら、ちょっとだけフェラチオしたらいいじゃん。最後に先っちょだけ咥えて、手でしごいたら、すぐだよ。」
男性経験豊富な妹のアドバイスの通りにすると、サトルをすぐイかせることができた。
手コキとフェラチオのコンボでイけなくなる頃には、出産が終わっているだろうし、浮気回避成功かも!


エロアニメTV官能小説倶楽部オナニーしまくりエッチな無修正アニメムービー配信しています。
 
乱交接待ハプニング


取引先の課長を接待に連れて行った。
行き先は、俺の出入りしている乱交クラブだ。
ここは会員のゲストとしてでないと、普通の人は出入りできない。
課長はドアを開けた瞬間に、目に入った光景に呆然としていた。
一人の少女に三人の中年男性が群がり、フェラチオさせながら、後ろからペニスを入れ、おっぱいにしゃぶりついているグループ。
座位で後ろから若い男性のペニスを打ち付けられながら、別の男性のペニスを両手でしごいている熟女のグループ。
女性のアソコを舐めている男性のペニスを別の女性がフェラチオしていて、アソコを舐められている女性がフェラチオしている女性のアソコに指を出し入れしているグループ。
他にも二人でやってる人たちやそれらをながめながら、飲み物を飲んで休憩している全裸の人たちもたくさんいる。
「すごいね・・・。」
「ゴムをつけるのと、相手に嫌がられたらやめる。ルールは二つだけです。」
「あ、ああ・・・。」
トランクスの前を大きくしたまま、呆然としている課長に、つややかな黒髪を肩まで伸ばした美少女が近寄ってきた。
抜けるような白い肌はぴちぴちしていて、真っ赤な口紅を際立たせている。
少女は裸で、手のひらにすっぽりとおさまりそうなおっぱいと、黒髪同様につややかに光るアンダーヘアを隠しもせずに近づいてくる。
「はじめまして、オジサマ。」
にっこりと微笑む美少女の笑顔にみとれた課長はぽかんとしている。
「こんにちは。アイちゃん。」
「キムラさん、お久しぶり。」
アイちゃんは俺の方をみて、あいさつをした後、課長の方に向き直った。
「オジサマははじめていらしたんでしょ?」
キスしそうなくらいに顔を近づけて、片手はトランクスの上から、勃起したペニスを撫でている。
玉袋から、ペニスの形をなぞるように、ゆるゆると指を動かして、ペニスにもどかしいような快感を与えているのだろう。
「課長、ラッキーですね。アイちゃんはテクニシャンですよ。」
課長は自分のおかれている状況が信じられないという顔で俺をみたが、アイちゃんがトランクスの中に手を入れて、直接ペニスを愛撫しはじめたので、それどころではなくなってしまった。
「うふふ。オジサマのペニス、すっごく大きくて、感じやすいのね。もうよだれをたらしてるわよ。」
おっぱいを裸の課長の胸に押し付けて、上下にゆれながら、トランクスの中でペニスをしごいているアイちゃんは楽しそうだ。
「ねえ、もう食べたいな。舐めてもいい?」
アイちゃんが舌なめずりしながら、甘えるようにささやくと、課長はぶんぶんと首を縦に振った。
アイちゃんは課長の前にヒザ立ちになると、両手をかけて、トランクスをおろした。
ぷりんとそそりだったペニスが飛び出し、先走りで濡れているのが遠目でもわかる。
「おいしそう。」
アイちゃんは根元を両手で支えて、下の方に軽くひっぱると、亀頭の先にちゅっとキスをした。
「ああっ。」
課長は思わず、声がもれてしまったらしい。
そのまま口いっぱいにほおばったアイちゃんは、ゆっくりと上下に出し入れする。
当然、口の中ではスクリューのように舌でペニスに愛撫を加えているのだろう。
アイちゃんは口の中からペニスを出すと、舌先でぺろぺろとカリの周りや裏筋、玉袋を舐めだした。
ちらちらと上目づかいで、課長の感じている様子を確認している。
俺はアイちゃんの後ろにかがみ、アイちゃんのアソコに手を伸ばした。
「あいかわらず、フェラチオすると、興奮してぬれちゃうみたいだね。」
人差し指と中指の腹でワレメをそっとなぞると、愛液があふれているのがよくわかる。
何度か指を往復させた後、じわじわと膣の中に中指をおしこんだ。
「うん・・・ふ・・・。」
感じながらもペニスをしゃぶっているらしく、くぐもったあえぎ声がきこえてくる。
「も・・・もう出そうだ!」
課長がせっぱつまった顔で叫ぶと、アイちゃんのしゃぶる音が激しくなった。
ちゅ・・・ぐちゅ・・・。
「アイちゃんはお口に出されるのが好きなんで、課長の精液を飲ませてあげてください。」
アイちゃんのアソコに中指を出し入れしつつ、課長に声をかけると、
「イ、イく・・・。」
体をこわばらせて、アイちゃんの口の中に射精してしまったようだ。
はあはあと荒い息を繰り返す課長に、アイちゃんが、
「ごちそうさま。」
といって、口をぬぐった。
「まだ下のお口はペニスを食べてないみたいだね?」
アイちゃんの中はまだキツい。
「そうなの。オジサマは今日はもうおしまい?」
やっと息が整ってきた課長は、
「もうちょっと時間をおけば、回復するよ。」
と答えた。
「じゃあ、アイちゃんの受け入れ態勢を整えようか。」
アイちゃんの中から指を抜き、課長の方にお尻が向くようによつんばいにさせた。
課長は後ろから、アイちゃんのアソコにしゃぶりつき、口と舌でアイちゃんを愛撫しはじめた。
「あ・・・オジサマ、気持ちいい・・・。」
俺はアイちゃんの前に座って、両方の乳首を指で愛撫しながら、アイちゃんの手でペニスをしごいてもらった。
課長はアイちゃんの中に指を入れ、指を出し入れしながら、反対の手でクリトリスを刺激する。
「は・・・オジサマ・・・もうほしいの。オジサマのペニス、ちょうだい。」
課長は回復して立ち上がったペニスにゴムをつけて、アイちゃんのアソコにあてがい、ぐっと奥まで突き刺した。
「ああん。おっきいの。オジサマのペニス、ステキ・・・。」
アイちゃんは体をのけぞらせて、悦びの声をあげている。
ぐちゅ・・・ぐじゅ・・・。
課長がアイちゃんのおしりに腰を打ち付けるたびに、いやらしい音が響く。
「ああ、アイ、イっちゃう・・・。オジサマのペニスが奥にあたってるの。」
口の端からよだれをたらして、アイちゃんはイってしまったらしい。
「うう・・・しまる・・・。」
課長の腰の動きが止まり、射精したようだ。
俺は接待の成功を確信した。


人妻斬り官能小説倶楽部オリジナル無修正動画の過激セックスムービー配信のエロサイト

 
強制オナニー官能小説


「そのバイブでオナニーしろよ。」
ビールを飲みながら、テレビのチャンネルをかえろっていうみたいに、マサキはいった。
あたしはテーブルの上におかれた黒いバイブをみつめる。
黒く光っているバイブにはグロテスクないぼがたくさんついている。
「やらないなら、帰るぞ。」
向かいあったソファにどっかりとこしかけて、ビールの瓶を手に持ったマサキがせかす。
「やるわ。やるから帰らないで。」
最初につきあってほしいといってきたのはマサキだったはずなのに、どうして二人の関係がこうなってしまったのかあたしには理解できない。
でも、あたしはどうしようもなくマサキが好きで、マサキをひきとめておけるのなら、なんだってしてしまう。
あたりはパンティを足元に脱ぎ捨てた。
「どうせだから、全部脱がせてやる。」
マサキはビール瓶をテーブルにおくと、あたしに近寄ってきて、シャツとブラジャーを脱がせた。
あたしは破かれたくなかったので、自分からスカートを脱いだ。
レザーのソファに全裸で座っていると、これが現実じゃないような気がしてくる。
「よくみえるように、大きく足を開け。」
マサキの注文どおり、あたしは座っていたソファに足をのせて、アソコがまるみえになるように開いた。
マサキが突然、あたしのアソコのワレメを指でなぞった。
「あっ。」
「まだあんまり濡れてないな。」
マサキはあたしの愛液がついた指をあたしの口の中につっこんだ。
舌でマサキの指を舐めていると、口中に唾液があふれてくる。
マサキの指はあたしの愛液の味がした。
あたしのよだれまみれの濡れた指をマサキはあたしのワレメに差し込む。
つぷつぷ・・・。
じわじわと飲み込まれていくマサキの指をあたしのアソコは、まとわりついて逃がさないようにしている。
男らしいごつい指があたしの中に入って、ほんの少し動くだけで、あたしの中に快楽が広がる。
アソコの最奥を探索していた指は、じょじょにひきだされて、第一関節くらいまできたところで、また奥へと侵入していく。
「は・・・あん・・・。」
室内の明かりは煌々とついていて、あたしのアソコがマサキの指をおいしそうに飲み込んでいるのがよく見える。
ちゅぷちゅぷ・・・あたしのアソコが悦びのあまり、よだれをたらしだしたところで、マサキは指を抜いた。
「ほら、あとは自分でやれよ。」
マサキはあたしの手をとって、指をアソコに導いた。
物足りなくてひくひくいっているアソコに自分の指を入れる。
あたたかくて狭いそこは十分に湿っていて、もうバイブも飲み込めるような気がしたけど、念のため、さらに濡らしておくことにした。
自分のアソコに人差し指と中指を入れて、ゆっくりと出し入れする。
それだけじゃ、マサキの指が与えてくれた快感には遠くおよばないので、反対の手の人差し指でクリトリスも刺激した。
「は・・・ん・・・。」
あたしの真正面に座って、それを観察していたマサキがあたしのおっぱいに手をのばした。
「物足りなさそうだから、手伝ってやる。」
両方の乳首を指でくりくりとなぶる。
あたしのアソコから愛液があふれだしてきて、もう指だけでは物足りなくなってきた。
「もうそろそろいいんじゃないの?」
マサキがあたしの手にバイブをもたせる。
あたしはバイブの先端でワレメをなぞった。
自分の手じゃないっていうだけで、かなり気持ちがいい。
バイブを愛液で少し濡らしてから、膣口にあてがって、ぐぐっと押し込む。
指とはくらべものにならない充実感があたしを満たしていく。
「あ・・・ああ・・・。」
バイブはあたしの秘肉をかきわけて押し広げ、あたしの最奥に到達した。
「あん・・・ん・・・。」
バイブの根元をもって、出し入れを繰り返しているうちに、だんだん高まってきた。
ビールを飲みながら、あたしの痴態をながめていたマサキは、急にあたしの中からバイブをひきぬいた。
もうちょっとでイきそうだったあたしは、ぼんやりとした目でマサキをみる。
マサキは飲み干したビール瓶の飲み口をあたしのアソコに近づけていた。
「え・・・ムリだよ!やめて!」
恐怖でわれにかえったあたしは、ヒザをマサキにおさえつけられて、ビール瓶の飲み口をアソコにくっつけられた。
濡れて冷たいビール瓶の飲み口はすぐに、あたしの中に飲み込まれた。
「や・・・やだあ・・・。」
目をあけると、あたしのアソコからは茶色いビール瓶が生えていて、それをゆっくりとマサキが動かしている。
「あ・・・いや・・・。」
ぐちゅぐちゅといういやらしい音が室内に響いて、収まりかけていた快感がよみがえってくる。
「へえ。ビール瓶でも気持ちいいんだ。」
からかうようなマサキの口調に、頬かかあっとあつくなる。
「ちが・・・抜いてぇ・・・。」
恥ずかしさで首をふっても、マサキは手を止めてくれない。
ビール瓶に愛液がつたいだして、マサキがあたしの手にビール瓶をもたせると、あたしはイくことしか考えられなくなった。
「は・・・ああ・・・。」
マサキの目の前で、自分の手でビール瓶をアソコに出し入れしながら、イってしまったあたしは、次はマサキのペニスがほしいと願ったのだった。


3Dエロスで立体的な人気AV女優のエッチムービーを配信している官能小説倶楽部エロサイト

 
人気アダルトサイト

無料体験で抜けるエッチチャット

のぞきモードで盗撮みたいな気分で女の子の部屋を覗けるエッチサイトDXライブチャット

無修正オリジナルAVビデオ

官能小説 濡れまくりの人気おすすめ無修正動画のエッチムービー配信のアダルトサイト

女性器専門エッチ写真
淫語オナニーねた
ロリ系アダルト
セックス テクニック
エロビデオ
聖水フェチ動画
ハミ乳 画像
太ももフェチ画像
ホモ動画
エロ画像
RSS配信
Go To Top