GWM

Home arrow 官能小説 おばさん

16 Dec 2017
おすすめHサイト

官能エッチムービー配信のエッチビデオ


妄想アダルト無修正動画を配信している妄想企画物エロサイト

メインメニュー
Home
妄想官能小説
官能小説 蕩蕩
バイブ 官能小説
女の子 官能小説
官能小説 クリ
官能小説 女
官能小説倶楽部
官能小説 電車
官能小説 動画
官能小説 画像
掲示板 官能小説
投稿官能小説
素人官能小説
官能小説 指
官能小説 濡れ
官能小説 男
官能小説 おばさん
官能小説 娘
官能小説 尻
萌 官能小説
セックス 官能小説
官能小説 胸
巨根 官能小説
サイトマップ
官能小説 おばさん
日替わり最新AVビデオの情報案内

人気おすすめエッチサイト


官能小説おばさん達の不倫セックスや人妻・熟女の女性器丸見えのエッチなアダルトサイト

 
ローションプレイ官能小説


セックスのときに、いつも痛がる私を気づかって、サトルがローションを買ってきてくれた。
ちょっとピンク色がついたどろりとしたローションは、フルーツみたいないい香りがする。
感じてないわけじゃないのに、愛液があんまりでない私は、セックスを気持ちいいって思ったことがなかった。
だって、痛いんだもん。
サトルが私を裸にして、おっぱいにローションをたらした。
ローションでぬるぬるになった乳首を指できゅっとつまむ。
ローションが指を滑らせて、ちゅるんと乳首が逃げる。
乳首をいじられて感じたことなんてなかったのに、すごく気持ちいい。
ローションをひろげるようにおっぱいをもまれて、乳首をしゃぶられた。
「あうんっ!」
やだ・・・ヘンな声でちゃった。
思わず、口を押さえたけど、サトルの手でどけられてしまう。
「アイのあえぎ声、やっときけたんだから、もっときかせてよ。」
サトルがとっても嬉しそうで、逆らえなかった。
今まで、「声出して。」って男の人にいわれても、どうやって出すのかわかんなかったのに。
今日は声を抑えるほうが難しいみたい。
サトルの舌がぺろぺろと高速で乳首を舐めていて、私は首を左右に振りながら、「あんあん」っていってた。
「ローションだけでこんなに乱れてくれるなら、もっと早く買うんだった。」
サトルは顔を上気させながら、私の足の間に移動した。
パンティを脱がされて、足を広げられて、おまんこにローションをたっぷりたらされる。
「いつもより濡れてるけど、念のため、な。」
おまんこはローションでぐちゅぐちゅになった。
サトルの指がおまんこの中にすんなりと呑みこまれていく。
「痛くないか?」
「全然、痛くないよ・・・。」
いつもだったら、膣壁がひりひりする感じなのに、するんと入っちゃった。
そのまま指を出し入れされても、全然平気。
ていうか、気持ちがいい・・・。
「クリトリスはどう?」
ローションでぬるついているクリトリスは指でなでられるだけで、すごく気持ちいい。
「やだっ!なんかイっちゃいそう!」
私、オナニーでクリトリスをいじるとイけたけど、セックスでイったこと、なかった。
「イった?」ってきかれると、「うん。」ってこたえていたけどね。
「指がすっごいしめつけられるよ!」
おまんこがひくついてるのが自分でもわかる。
オナニーでイくときより、ずっと強い快感で下半身がじんわりとしびれた。
はあはあと荒い息を吐きながら、サトルの顔をみると、すごく興奮して私に抱きついてきた。
「指、おまんこに喰いちぎられそうだった。ね、もうちんぽ入れてもいいかな。」
「いいよ。」
私はイった後の快感に浸りながら、頷いた。
サトルはいつもと違うコンドームをつけていた。
やたらおしゃれなパッケージで、コンドームが透明だから、ちんぽの肌色がすけてみえる。
「このコンドーム、ナマみたいに気持ちいいんだって。」
わくわくした様子で、サトルが私の膣口に亀頭をあてる。
「いくよ。」
ゆっくりと挿入されたけど、全然、痛くなかった。
ゴムの突っ張る感じもないし、ホントにナマでしてるみたい。
「アイのおまんこのあったかさが伝わってくるよ。ヤバイくらい気持ちいい。」
サトルはうっとりとした表情で、腰を振り出した。
一度、イってしまったせいか、私もすごく気持ちがいい。
ちょっとくらい乱暴に突かれても、奥まで入れられても、とてもイイ・・・。
「ローション使って、コンドーム変えるだけで、こんなに気持ちいいなんて・・・。」
サトルがため息まじりにつぶやいているけど、私もホントそう思う。
今までなら、痛くて絶対できなかったバックで、犬のように激しくヤりながら、私は膣ではじめてイくことができた。
おまんこをちんぽで責められながら、クリトリスを指でいじられると、すごくイイ。
「ああ、全然、おさまんないよ。」
サトルは一度射精して、コンドームを新しいのに取り替えて、もう一回挿入した。
今度は座位で、まったりと出し入れしながら、抱き合って、ディープキス。
ずんっずんって突き上げられるのが子宮に響く感じ。
私をこんなに気持ちよくしてくれるサトルのことが、すっごく好きになった。
押し倒されて、正常位で足を大きく開かれる。
結合部を丸見えにされて、じゅぽじゅぽと激しく奥を突かれて、私はまたイきそうになってきた。
「自分でクリトリス、いじってごらん。」
ちんぽをおまんこに出し入れされながら、オナニーしてるみたい。
私がおまんこをしめつけると、サトルもイきそうになってきて、
「イくぞ・・・。」
ちんぽの動きがすごく早くなって、私もイきそう・・・。
「イくぅっ!」
サトルが私の体に覆いかぶさってきて、マラソンの後みたいに、はあはあいってる。
はじめて、「一緒にイく」っていうのができて、私は嬉しくなった。
二回もイかせてもらえたし。
私の体はなんだかスッキリとして、軽くなった。
サトルはすっかりローションにハマってしまって、いろんな種類のローションを買ってくるようになった。
あったかくなるローションとか、冷たくなるローションとか。
ローションの効果もすごいと思うけど、コンドームを変えたのも大きいと思うんだよね。
セックスって小道具的なものでこんなに変わるんだなあ。
私は今度、こっそりバイブを買ってみたいと思っている。
だって、もうクリトリスを指でいじるだけのオナニーじゃ、満足できないんだもん。


官能小説 おばさん熟おまんこ丸見え素人ハメ撮り過激なセックスムービー配信しているドラムカン

 
複数フェラチオSEX動画


最初は男友達のトモキのうちに、遊びにいっただけだった。
二人でおしゃべりしながら、まったりとテレビをみていると、彼の友達のタクヤとマコトがお酒やおつまみを持って遊びに来た。
あたしは勧められるままに、チューハイやビールを飲んでいた。
いつもなら全然平気な量だったのに、体が熱くなって、アタマがぼんやりしてきた。
タクヤが、
「暑いんだったら、脱いじゃえば。」
と服を脱がしてくれる。
トモキが、
「オマエ、そんなにお酒弱かったか?」
といぶかしげにいっているのが、遠くにきこえる。
マコトが、靴下を脱がしてくれた。
「締め付けるのはよくないよ。」
不審そうにしていたトモキも、あたしのブラジャーがはずされて、おっぱいがぽろんと出たときには、ごくんとつばを飲み込んでいた。
「はーい。ヌギヌギしましょうねー。」
子供に話しかけるように、マコトがパンティに手をかけてゆっくりとおろす。
「んー。」
なんだかすごく眠い。
そして、体が熱くてむずむずする。
「アイちゃん、大丈夫ー?」
タクヤの声に目をあけると、私の目の前にペニスがどーんと迫っていた。
「な、何?」
驚いて、目の前からよけようと、手を伸ばして払おうとしたら、その手をつかまれて、逆にペニスを握らされた。
「早くぺろぺろしてー。」
反対側から、もっと浅黒くて太いマコトのペニスが突き出される。
ぐいぐいとペニスを顔に押し付けられるのがイヤで、舌を出してぺろぺろとペニスを舐めてしまった。
「おっ・・・・気持ちいいよ。」
「こっちも早くー。」
交互にぺろぺろと舐めていると、急にペニスが一本増えた。
ちょっと細めで長いトモキのペニスだった。
「俺のも・・・舐めてくれよ。」
ずっと友達だったトモキのペニスをはじめて見た興奮で、思わずちゅうっと口の中にしゃぶってしまった。
「ううっ・・・。」
「あー、トモキばっかりずるいぞ!」
「アイちゃん、俺のもしゃぶってー。」
順番にちゅうちゅうとしゃぶっていくけど、やっぱり、トモキのだけ、特別にていねいにしてしまう。
「ねえ、アイちゃん、トモキのペニスだけ、ひいきしてない?」
「目をつぶってよ。」
あたしは目をつぶらされて、立ち位置を変えたペニスを順番に咥えた。
ちょっと咥えて、舌をからませるだけで、どれがトモキのペニスかすぐにわかる。
「やっぱり、トモキのペニスだけ、わかっちゃうみたいだね。」
マコトがそういって、あたしから離れた。
「三本いっぺんにフェラチオはムリかな。」
タクヤも遠ざかっていったので、私の前にあるのはトモキのペニスだけになった。
あたしはトモキの顔をみながら、ていねいに亀頭やカリを舐めて、トモキが気持ちいいように、指で刺激した。
「すげ・・・気持ちい・・・。」
トモキは顔を赤くして、あたしの顔をみている。
急にお尻がもちあげられて、左右に開かれた。
舌がワレメをぬるりと舐めて、あたしはびくんとなってしまった。
振り向くと、タクヤがあたしの足の間でアソコを舐めている。
「俺はこっちー。」
いつの間にか私の下にもぐりこんでいたマコトがあたしの乳首をれろれろと舐めた。
「アソコ、大洪水だよ。感じちゃってるんだね。」
「乳首もびんびんに立ってるしね。」
二人はそういいながら、舌や指であたしの感じやすいところを愛撫する。
「あ・・・あん・・・。」
「アイちゃん、トモキがさみしそうだよ?」
タクヤに笑いながらいわれて、トモキのペニスへのフェラチオを再開した。
ちゅぷちゅぷと口で出し入れして、両手の指でサオをしごく。
フェラチオに集中したくても、おっぱいを舐められたり、アソコに指を入れて動かされたりすると、感じちゃってうまくいかない。
「もうじゅくじゅく。入れちゃっていい?」
タクヤはあたしのアソコに入れた指で、あふれだしている愛液をかきだしながら、気軽な口調できいてくる。
「やっぱ、トモキが最初じゃない?」
マコトがあたしの乳首をしゃぶりながら、ゲームの順番を決めるみたいに答えた。
「ちえっ。じゃ、トモキ、座れよ。」
トモキはゆっくりとあぐらをかくみたいに座った。
あたしはあたしの唾液でべちゃべちゃに濡れてそそりたったトモキのペニスに向かって、ゆっくりと座らされて、アソコにトモキのペニスが入り込んでくるのを味わった。
「ふう・・・。」
トモキは後ろからあたしを抱きしめながら、満足そうなため息をついている。
あたしのアソコがトモキのペニスを全部飲み込んだところで、タクヤにあごを持ち上げられた。
「はーい。あーんして。」
開けた口に、タクヤのペニスがねじ込まれる。
さっき、アソコを舐めてくれたお礼に、ペニスを奥まで口の中に入れて、舌を絡ませた。
「トモキのペニスがアソコに入ったら、急にフェラチオ上手になったんじゃない?」
「トモキは動いちゃダメだよ。」
マコトがあたしの乳首をきゅっと両手でつまんだので、あたしは思わずアソコをしめてしまった。
「うっ・・・。」
トモキが声をあげる。
「アイちゃん、アソコのしまりもいいみたいだね。」
マコトがにやにやしながら、あたしの乳首をくりくりといじくっている。
タクヤが咥えられたままのペニスを動かしたので、あたしは手を添えて、ゆっくりと出し入れした。
「ん・・・いい・・・出そうかも。」
両手でサオをしごきながら、舌を絡ませて、口をきゅっとすぼめると、タクヤの呼吸が上がってきた。
「うっそ。早くね?」
マコトがあたしの乳首をしゃぶりながら、からかう。
「うるさいな。・・・うめーんだよ。」
すぐに口の中に苦い味が広がり、タクヤの精液が出された。
ノドの奥で出されて、反射的に吐きそうになったけど、我慢して飲み込む。
ゆっくりとタクヤのペニスが抜かれていき、唾液と精液が唇とペニスの間で糸をひいた。
「アイちゃん、やべーよ。」
タクヤはどしんと座り込んで、ぼんやりしている。
「次、俺、お願いしまーす。」
マコトがすぐに、あたしの口にペニスをねじ込んだ。
マコトのペニスは浅黒くてなんだかグロテスクだ。
あたしは目を閉じて、せっせと舌と指を絡めた。
「ホントだ。アイちゃん、フェラチオ上手いね。」
マコトはあたしの髪や耳をゆっくりとなでてくれる。
じわじわとした快感があたしのあそこをきゅっとしめて、トモキのペニスの感触を強調した。
「両方のお口でペニスを食べるの、おいしい?」
トモキがゆっくりと腰を動かし始めたので、あたしは返事をする余裕がない。
「どっちもよだれがいっぱいこぼれてるね。」
アソコからはトモキが腰を動かすたびに、ちゅぷちゅぷといういやらしい音がしている。
マコトはマコトのペニスを咥えたままのあたしの口からあふれた唾液を指でぬぐった。
あたしは舌をれろれろと動かして、口の中のペニスを舐めまわす。
口をゆっくりと亀頭の方にスライドさせて、筒状にした両手の指といっしょに根元の方に戻す。
それを何度も繰り返すうちに、マコトの息もあがってきた。
「確かに、こりゃやべーわ。」
トモヤはあたしのおっぱいを両手でもみながら、ゆっくりと腰を動かして、ペニスでアソコの奥を刺激している。
はあはあという息づかいが聞こえてきて、トモヤもかなり気持ちよさそうだ。
あたしのあえぎ声はマコトのペニスでふさがれている。
あごが疲れてぼんやりとしてきたとき、マコトのペニスがゆっくりと口から出ていって、いきなり、熱い精液がびしゃっとかかった。
「顔射はねーだろ。」
「ご、ごめん・・・。」
タクヤがあたしの顔やおっぱいにかかったマコトの精液をティッシュで拭いてくれる。
「あ・・・ありがと・・・あっ・・・。」
あたしはお礼をいいながらも、トモヤのペニスの動きが激しくて、イってしまった。
びくびくとしまるあたしのアソコにトモヤの精液がはじけて、ゆっくりとペニスが出ていく。
トモヤの精液がどろりとアソコから流れ出て、ぞくぞくする。
すぐに、タクヤのペニスが入ってきて、正常位の体制で、ガンガン突き上げられる。
「ん・・・すっげー気持ちいい・・・。」
さっきイったばっかりのあたしは、またすぐに気持ちよくなり、
「ああ・・・は・・・うん・・・。」
あえぎ声しか出てこない。
足を胸の方へ押し広げられ、奥の方を突かれながら、さっきよりも激しくイってしまった。
「イくぅ・・・。」
「すごいしめつけ・・・俺もイきそう・・・。」
タクヤの精液が出されて、ペニスが抜かれ、脱力していると、マコトのペニスが入ってきた。
「もうぐちゅぐちゅだね。中はキツいけど。」
ゆったりとしたマコトの動きは何度もあたしをイかせたけど、マコトはなかなかイってくれなくて、ようやくマコトの精液がアソコに注ぎ込まれた頃にはあたしの意識はもうろうとしていた。
今でも月イチペースで、この三本フェラチオの会は続いている。


JPEアンコール官能小説 おばさん達の女性器おまんこ3本指を挿入しまくり

 
人気アダルトサイト

無料体験で抜けるエッチチャット

のぞきモードで盗撮みたいな気分で女の子の部屋を覗けるエッチサイトDXライブチャット

無修正オリジナルAVビデオ

官能小説 濡れまくりの人気おすすめ無修正動画のエッチムービー配信のアダルトサイト

女性器専門エッチ写真
淫語オナニーねた
ロリ系アダルト
セックス テクニック
エロビデオ
聖水フェチ動画
ハミ乳 画像
太ももフェチ画像
ホモ動画
エロ画像
RSS配信
Go To Top