GWM

Home arrow 官能小説 クリ

19 Aug 2017
おすすめHサイト

官能エッチムービー配信のエッチビデオ


妄想アダルト無修正動画を配信している妄想企画物エロサイト

メインメニュー
Home
妄想官能小説
官能小説 蕩蕩
バイブ 官能小説
女の子 官能小説
官能小説 クリ
官能小説 女
官能小説倶楽部
官能小説 電車
官能小説 動画
官能小説 画像
掲示板 官能小説
投稿官能小説
素人官能小説
官能小説 指
官能小説 濡れ
官能小説 男
官能小説 おばさん
官能小説 娘
官能小説 尻
萌 官能小説
セックス 官能小説
官能小説 胸
巨根 官能小説
サイトマップ
官能小説 クリ
ザーメンぶっかけ口内発射

親友のミサキに誘われて、私は風俗で働いている。
コスプレして、ソファーに座ったお客さんのちんぽをフェラチオして、口内発射されるだけだから、体も汚れないし、いいかなって思って。
黒服のお兄さんが、待機していた私達にオーダーを持ってくる。
ミサキがチャイナドレス、私はセーラー服。
それぞれコスプレ衣装に着替えて、ティッシュと消毒セットの入ったかごを持って、客席に向かう。
二人連れの若い男性みたいで、私達は仕切られた個室の手前で別れた。
仕切りはすごく低くて、立っている人から覗けるようになっている。
女の子にムリヤリさわったり、本番を強要したりっていうのを防ぐために、黒服の人が巡回して、チェックするためらしい。
でも、席に案内されるお客さんも、じろじろと覗いていく。
それで気に入られて指名されたりすると、休みナシで咥え続けないといけないから、あんまり嬉しくない。
ソファーにどかっと腰かけてリラックスしているのは、肉体労働って感じの若いお兄さん。
茶髪で日に焼けた肌に、太い腕がたくましい。
風俗なんかこなくても、モテそうなのにな。
私はあいさつをしながら、男の足元に座り込んだ。
「俺、サトルっていうんだ。フェラチオしてるとき、なるべく名前呼んでほしいんだけど。」
「わかりました。」
「あ、タメ口の方がいい。」
ちょっと変わったお客さんだけど、いわれたとおりにする。
「じゃ、サトル、パンツ脱いで?」
サトルはすばやくズボンとパンツを脱ぎ捨てた。
私はかごからあったかいおしぼりを出して、サトルのちんぽと玉袋をきれいにする。
普通のおしぼりで拭いた後、消毒用のおしぼりでもう一回ていねいに拭く。
たまに、そんなのしなくていいっていわれるけど、私が病気にならないために、しっかりとキレイにする。
サトルは若いから、おしぼりで拭いているだけで、すっごく硬く勃起しちゃってる。
30分もあれば、だいたいのお客さんはイかせられるけど、あんまり早くイかせてしまうと、残り時間の間が持たない。
「サトルのちんぽ、舐めていい?」
タメ口がいいってことは、恋人っぽい気分を味わいたいのかと思って、私はちょっとサービスした。
あーんと口をあけて、亀頭に近づきながら上目づかいできくと、興奮した様子のサトルが、
「いいぞ。」
ってつぶやいた。
仕切りの向こうからは、ミサキがお客さんと話してる声がきこえる。
親友が隣で、フェラチオしてるって思うと、なんかへんな感じ。
私はそんなことを考えながら、亀頭を口に咥えた。
いきなりちんぽを全部しゃぶるのは苦しいから、亀頭だけ咥えて、口の中で舐めた後、いったん口から出して、サオをぺろぺろと舐めて、よだれで濡らす。
どうしてもイかないお客さん用のローションもあるけど、微妙な味がするし、体にも悪そうだから、あまり使わない。
ちんぽがよだれで十分に濡れたら、先っちょから根元の方まで口の中に入れる。
あんまり奥まで入れると、のどに亀頭がついて、おえってなるから、根元の方を指で支えるようにして、四分の一くらいごまかす。
「アイちゃん、フェラチオ上手だな。」
サトルは私がフェラチオしてる顔をみながら、褒めてくれた。
風俗で働き出してから、私のフェラチオは上手くなったと思う。
私はちんぽをしゃぶったまま、玉袋をもみもみした。
カリ首のところで止まっていた唇をぐうっと根元の方にスライドさせる。
「な、なあ、追加料金払うから、俺の上にのってくれよ。」
若いのにオヤジ趣味だなあって呆れながら、私はサトルのひざの上にまたがった。
おしりを高く突き上げて、サトルの顔にパンティをはいたままのおまんこを押し付けるようにして、サトルのちんぽを咥える。
かなりアクロバティックな体勢で、アタマに血が上るんだけど、悦ぶ男の人が多い。
ミニスカのセーラー服のスカートがぺろんとまくれて、白いパンティがむき出しになる。
サトルはパンティごしに舌で私のおまんこのワレメをなぞっている。
ちなみに、手を使うのも、パンティの脇から舌を入れるのもNGだ。
私の太ももを押さえているサトルの手はたくましくて、エッチしたら気持ちいいんだろうなって、ちょっと思ってしまった。
残り時間も少なくなってきたので、私はフェラチオに集中した。
いつもと逆になってしまうので、裏筋を舐めるのが難しい。
舌で舐める代わりに、指で何度もなぞって、カバーした。
「サトル・・・気持ちいい?」
私のパンティを舐めまくって、びちゃびちゃにしているサトルにきくと、
「ひもひいいひょ。」
と返事をしてくれた。
返事をするときぐらい、おまんこからはなれたらいいのに。
口を上下に動かしていると、口の中に苦い味がしてきた。
ちんぽがすごく硬くなってきたし、そろそろイきそうかな。
口内発射に備えて、あまり奥まで咥え込まないようにしながら、私は唇と手でサトルのちんぽをしごいた。
「ぐふ・・・。」
サトルのくぐもった声と一緒に、私の口の中に精液が飛び出した。
口内発射の瞬間は、いつも目から涙がにじんでしまう。
こっそりとティッシュに口内発射された精液を吐き出しつつ、私はサトルのひざからおりた。
パンティがサトルのよだれで濡れていて、気持ち悪い。
「アイちゃん・・・そのパンティ、買取で。」
私はサトルの目の前で、パンティを脱いで渡した。
以前、パンティを買取した後、帰ろうと後ろを向いた私のスカートをまくったオヤジがいたので、スキをみせないように、席をはなれる。
フェラチオと口内発射で5000円。
おまんこ押し付けとパンティの買取で3000円。
8000円の売り上げだけど、私に入るのは4000円弱だ。
一日に何回も口内発射されるのも疲れるし、そろそろ辞めちゃおうかなあ。


カリビアンコムプレミアム官能小説 クリ弄りで勃起クリトリスをガンガン攻めまくりのエッチなアダルトサイト
 
乱交クラブ体験談

俺が乱交クラブのゲストとして招待されるまでには、かなりの苦労があった。
性病にかかっていないという医師の診断書に、ゴムをつけるという誓約書、身分証明書のコピーまで提出させられて、やっと参加をゆるされたのだった。
その乱交クラブの会場は超高級マンションの一室で、普段なら話す機会もないような人たちが集まっていて、控え室でお酒を飲んだり、歓談したりして休憩し、プレイルームというフローリングの部屋で乱交する。
年齢層は熟女という感じの色っぽいむちむちした女性から、知的な感じのスレンダーなOL風の女性、高校生かと思うような幼い感じの少女まで、各種取り揃えといった感じだ。
とりあえず、俺が逆立ちしたって、ベットインできないようなハイクォリティなのは間違いない。
期待と緊張でわけがわからなくなってる俺に、主催者の男性が微笑みながらいった。
「最初は緊張でできない人も多いので、見学しつつ、できるようならするというくらいの方がいいですよ。普通、人前でセックスすることなんてありませんからね。」
プレイルームと控え室はカーテンで仕切られているだけなので、あえぎ声やぱんぱんという音がきこえてくる。
「あ、新しい人ね。はじめまして。」
知的でスレンダーな感じのOLがパンティだけの姿で通りかかった。
おっぱいは大きく、ウエストがきゅっとくびれていて、すらっとした足がまぶしい。
フレームレスのメガネで、髪をまとめているところも、そそられる。
「こ、こんにちは。まことです。」
あわててあいさつすると、知的美女は、
「アイっていいます。よろしくね。」
にこやかにこたえてくれる。
主催者の男性は、アイのおっぱいをいきなりわしづかみにして、乳首を指でいじりだした。
「あいかわらず、いいおっぱいしてるね。」
「ん・・・もう・・・セクハラオヤジみたいですよ!」
アイは主催者の男性をちょっとにらむようにするが、抵抗はしない。
「アイちゃん、まことくんをお願いできるかな。」
主催者の男性はおっぱいをいじったまま、アイの耳をべろべろとなめ、ついでのようにきいた。
「は・・・ん・・・いいですよ。」
アイがそう答えると、主催者の男性はぱっとアイから離れ、俺の肩をぽんとたたいた。
「じゃ、楽しんでいってね。」
アイはパンツだけの俺をプレイルームに連れて行った。
そこにひろがっていたのはAVのような光景だった。
かわいい顔の少女がおじさんのペニスをフェラチオしながら、正常位で別のおじさんに入れられている。
色っぽい熟女は筋肉ムキムキの青年に後ろからぱんぱんと犯されて、あられもない声をあげている。
「すごーい。かちかちだね。」
呆然としていた俺のペニスをパンツの上から、アイがにぎった。
「ん・・・。」
さわさわとなでられるだけで、俺のペニスは先走りをにじませている。
「脱がしちゃってもいい?」
俺がうなずくと、アイは俺のペニスの前にヒザをついて、パンツをおろした。
「わあ!まことくんのステキだね。」
むきだしになった俺のペニスは完全にそりかえっていて、先走りで濡れている。
アイは俺のペニスの根元に手をそえて、下かられろーっと舐めあげた。
「あっ・・・。」
こんな美人に会ったばかりでフェラチオされるなんて夢のようだ。
ぺろぺろと舐めてくれるアイの舌の動きとそのいやらしい肢体にうっとりとしていると、筋肉ムキムキの青年が近づいてきた。
「アイさん、久しぶりですねえ。」
青年はアイのパンツをいきなり脱がす。
「やだあ。マサトくん、強引なんだから。」
やだといいながらも、アイは抵抗しない。
ヒザ立ちになっているアイの足をもっと開かせて、青年はアソコを指で愛撫する。
「新人君のペニスをフェラチオして、感じちゃってるんですか?ぐちゅぐちゅですよ。」
アイにしゃぶられながら、アイがアソコを指でいじられているのをみるのは不思議な感じだ。
「彼のペニスは大きくて固そうだから、早く咥え込みたくて、仕方なかったんでしょう?」
青年は指をアソコに入れて、出し入れしながら、反対の手でクリトリスをいじっている。
「ふ・・・あ・・・。」
アイは手と口で俺のペニスをしごいてくれるが、青年の愛撫にすごく感じていて、集中できていないのがよくわかる。
「君、あぐらをかいてもらえる?」
青年にいわれて、あぐらをかくと、彼はアイをよつんばいにさせて、後ろからアソコを舐め始めた。
アイはアソコを青年に舐められながらも、俺のペニスをしゃぶって、快感を与えてくれる。
俺はアイのおっぱいに手をのばして、さわさわとなでまわした。
「あ・・・やだ・・・イっちゃう・・・。」
乳首をいじっていると、アイは俺のを手でしごきながら、体をふるわせた。
青年が指を出し入れしているアソコがぐちゅぐちゅという音をたてている。
「一回、イったところで、彼のペニスを入れてもらったら?」
青年はアイを抱きかかえて、あぐらをかいている俺のペニスの上にゆっくりとおろした。
十分ほぐされていたアイのアソコは、俺のペニスを楽に飲み込んでいく。
ずっぷりと全部入ると、青年はアイの体をもちあげて、抜いてしまった。
「あ・・・あん・・・。」
その刺激で、アイは嬌声をあげる。
「ごめん、ゴムつけてなかったよね。」
青年に渡されたゴムをつけおわると、青年は笑いながら、アイにいった。
「アイさん、ご自分でどうぞ。」
アイは自分で俺のペニスをもって、アソコに入れていった。
「すごい・・・気持ちいいの・・・。」
自分から腰を振り、快楽を追っているアイの前に青年が立ち、大きくなっているペニスをアイの顔の前に突き出した。
「俺のも舐めてくださいよ。」
アイは青年のペニスをしゃぶりながら、自分の気持ちのいいように腰を揺らめかせる。
俺も後ろからつきあげながら、ゴムの中に、精を吐き出した。


日本人のおしっこEX官能小説 クリトリス弄りの過激なセックスムービー豊富なアダルト淫乱セックス動画
 
女子大生アナルSEX


出会い系で出会った女子大生のアイはマジメそうで、地味めだった。
でも、メガネをかけた顔はよくみると整っていて、白いシャツを押し上げているおっぱいはなかなか派手な感じだ。
「こんなおじさんでよければ、これからどうかな?」
食事の後で誘ってみると、アイは意外とあっさりラブホテルについてきた。
ホテルの部屋に入り、服を脱がせてみれば、着やせするタイプだったらしく、グラビアアイドル並みの肢体があらわれた。
野暮ったく束ねている髪をほどかせると、メガネ美女といった魅力的な女性に変身した。
後ろから抱きしめ、おっぱいを両手でわしづかみにしながら、
「男がよってこないように、普段は変装してるの?」
と耳元でささやくと、くすぐったいのか、体をよじりながら、
「だって、普通の男の人には、私の趣味ってわかってもらえないから・・・。」
と答える。
「そうだね。どっちの君の姿からも、とてもアナルセックスが大好きな淫乱なコだなんて、わからないよ。」
すべらかなお尻をなで上げて、お尻の穴を指でつんつんと刺激する。
「あん。だって、アナルセックスを知ってしまったら、普通のセックスなんて、子供の遊びみたいなんですもの・・・。」
アイはちょっとお尻の穴を刺激されただけで、アナルセックスの快感を思い出してしまったらしい。
「じゃあ、今日はたっぷりとアナルにペニスを押し込んであげようね。」
お風呂場でアイをよつんばいにすると、
「まずは、浣腸して、おなかの中をキレイにしようか。」
「はい。」
私はアイのお尻の穴に浣腸器をさしこみ、思いっきり、浣腸液を注入した。
空になった浣腸器を抜き、お尻の穴に栓をして、浣腸液が効果を発揮するのを待つ。
ぎゅるるるる・・・。
アイのお腹がなりはじめ、アイが苦しそうな表情をし始めた。
「まだガマンできるよね?」
アイは顔を紅潮させ、ぶるぶると震えながら、
「・・・は・・い。」
と返事をする。
そのまま、便意をガマンするアイの様子を楽しんでいたが、限界が近そうだったので、バケツを持ってきて、お尻の下にあてがった。
お尻の穴にねじこまれていた栓を抜くと、アイのお尻の穴がひくひくとうごめき、浣腸液とともに、アイのウンコが飛び出してきた。
アイのおなかをさすってやって、全部ださせたあと、シャワーでていねいに洗い、ベットによつんばいにさせた。
アイのアナルにローションをたっぷりと流し込み、ボールがたくさんつながったおもちゃを入れ込む。
アイのアナルはつかいこまれているのか、中くらいのスーパーボールほどの大きさのボールをすんなりと飲み込んでいく。
「あ・・・は・・・。」
大きめのボールが三つ入った後は、小さめの五つのボールが続いて飲み込まれる。
全部を入れ終わった後、バイブのスイッチを入れてやると、アイのアナルの中で、大き目の三つのボールが振動しはじめた。
「ああん・・・。すご・・・。」
アイのアソコに手を伸ばしてみると、すでにびちょびちょに濡れていて、指を簡単に飲み込んでいく。
こっちの具合もかなりよさそうだ。
「気持ちいいです・・・。」
目をうるませながら、こちらを見上げるアイの表情はとても扇情的だ。
手をぶるぶる震わせているアイを仰向けに寝かせ、アソコにも大きなバイブを飲み込ませた。
ずぶずぶと少しずつバイブをアソコに入れるのと同時に、ゆっくりとアナルに入っていたパールを引き抜く。
バイブが入ってくる快感とボールがお尻の穴からでていくときの快感を同時に味わって、アイは盛大なあえぎ声をあげている。
「はん・・・いい・・・ああ・・・。」
アソコに入った大きなバイブのスイッチを入れて、もだえさせておいて、アナルにも中くらいの細長いバイブを挿入する。
根元までバイブを飲み込ませたところで、スイッチを入れ、くねくねとした動きを楽しませた。
「は・・・もう・・・おかしくなっちゃう・・・。」
私はペニスを出して、アイの口元にもっていった。
「私のも楽しませてくれるかい?」
快楽に浸っていたアイはうつ伏せに体制を変えると、私のペニスに両手を添えて、ぺろぺろとフェラチオをはじめた。
アナルとアソコの二穴をバイブで攻められているせいで、集中力にかけるフェラチオではあったが、あえぎ声をもらしながら、一心にペニスを舐めるメガネ美女の姿だけでも、けっこう楽しめた。
「もうアナルにペニスを入れてほしい?」
おいしそうに私のペニスをしゃぶっているアイのアタマを撫でながらきくと、
「は・・・い・・アイのアナルにこのおっきなペニス・・・入れてください。」
と恥ずかしそうに答える。
よつんばいにさせたアイのアナルから、くねくねとした動きを続けているバイブを引き抜き、自分のペニスにたっぷりとローションをつけた。
つぷ・・・とアナルにペニスの先を入れると、バイブでほぐされていたアナルは悦びながら、私のペニスを奥へといざなっていく。
ペニスが奥に進むにつれて、アイのあえぎ声は大きくなっていき、根元までペニスを入れると、腸壁のあたたかさとしまりが私のペニスを歓迎した。
アソコに入っているバイブの振動も私のペニスに快感をあたえる。
「全部入ったよ。」
アイのクリトリスを刺激しながら、耳元でささやくと、
「すごい気持ちいいです・・・アナルがいっぱいになってるの・・・。」
アイのうっとりとした声が満足感を伝えてくる。
そのまま腰を動かすと、アイの嬌声は激しくなり、アイがイったときの腸壁のしめつけに耐えられず、私もアイのアナルの最奥に精液を放ったのだった。


官能小説 クリ弄りまくりのエッチなアダルト無修正動画を配信している金髪天国エッチサイト

 
人気アダルトサイト

無料体験で抜けるエッチチャット

のぞきモードで盗撮みたいな気分で女の子の部屋を覗けるエッチサイトDXライブチャット

無修正オリジナルAVビデオ

官能小説 濡れまくりの人気おすすめ無修正動画のエッチムービー配信のアダルトサイト

女性器専門エッチ写真
淫語オナニーねた
ロリ系アダルト
セックス テクニック
エロビデオ
聖水フェチ動画
ハミ乳 画像
太ももフェチ画像
ホモ動画
エロ画像
RSS配信
Go To Top