GWM

Home arrow 官能小説 動画

16 Dec 2017
おすすめHサイト

官能エッチムービー配信のエッチビデオ


妄想アダルト無修正動画を配信している妄想企画物エロサイト

メインメニュー
Home
妄想官能小説
官能小説 蕩蕩
バイブ 官能小説
女の子 官能小説
官能小説 クリ
官能小説 女
官能小説倶楽部
官能小説 電車
官能小説 動画
官能小説 画像
掲示板 官能小説
投稿官能小説
素人官能小説
官能小説 指
官能小説 濡れ
官能小説 男
官能小説 おばさん
官能小説 娘
官能小説 尻
萌 官能小説
セックス 官能小説
官能小説 胸
巨根 官能小説
サイトマップ
官能小説 動画
痴漢 官能小説

今日も電車で痴漢にあった。
おっぱいが大きい私は、ちょっと混んだ電車に乗ると、すぐに痴漢にあってしまう。
痴漢って犯罪なんだから、もっと真剣に取り締まって、どっかに隔離してほしい。
ハンサムな痴漢だったら、ちょっとぐらいさわられてもいいけど、痴漢なんてする男はどうせモテない女に飢えた男なのよね。
私はずっとそう思っていた。
でも、中にはハンサムで女にモテる痴漢もいたらしい。
金曜の夜のぎゅうづめの電車で、私は前にいるイケメンの体にぐいっと押し付けられた。
「ごめんなさい・・・。」
って謝るけど、身動きがとれない。
「いいんですよ。混んでますから。」
イケメンは私を抱きとめるように支えてくれて、私はちょっとラッキーなんて思ってた。
私の背中に回されたイケメンの手が徐々に下に下がっていって、おしりにさわった。
え?って思っていると、その手はもっと下がっていって、スカートの中に入った。
痴漢してるのが目の前のイケメンだなんて信じられないくらい、イケメンの顔はマジメで誠実そうだった。
スカートに入った指は私のストッキングを指先で破いて、パンティを横にズラしている。
うそ!こんなところで、おまんこを直接さわられるなんて・・・。
私はそこまでハードな痴漢にあったことがなかったから、動揺してしまった。
ワレメが何度も指でなぞられる。
ぬるぬるしてるのがわかって、私は恥ずかしくなった。
イケメンはにやっと笑いながら、私のおまんこに指を挿入する。
長い指が私のおまんこの奥まで入り込んで、ぐるぐると回り始めた。
指先だけ前後に動かされたり・・・。
どうしよう。
私、痴漢の指テクでイかされてしまいそう。
体から力が抜けて、一人で立っていられない。
私はイケメンにもたれかかりながら、あえぎ声がもれないように、快感をこらえた。
電車が揺れるたびに、おまんこの中に入った指が私のおまんこを刺激する。
駅で少しずつ人が吐き出されて、電車の中は空いてきていた。
私が痴漢されているのがバレてしまいそう。
私はイケメンが痴漢をやめてくれるのを願いながら、イくのをがまんしていた。
後ろから、いきなり両手でおっぱいをわしづかみにされた。
イケメン以外の痴漢が参加してきたみたい。
服の上からきつくおっぱいをもまれた後、服の下に手を入れられて、直接おっぱいをさわられる。
「俺の痴漢仲間にも、君のステキな体、さわらせてあげてよ。」
イケメンが私の耳元でささやいた。
気がつくと私の周りは男性客が取り囲んでいて、視界がさえぎられてしまっていた。
何本もの手が私の体の上をはいまわる。
ストッキングはぼろきれのように破かれまくって、太ももとかおしりをごつごつした大きな手でなでられている。
誰かが私のパンティをおろした。
クリトリスをつままれて、アナルにもおまんこにも指が入れられて、ぐちゅぐちゅと私の中をかきまわしている。
ブラウスのボタンもはずされて、ブラジャーもズラされた。
むき出しになった乳首をイケメンがちゅうっとしゃぶって、ちゅぽんと口から出した。
よだれで光って見える乳首は、他の痴漢達に交代でしゃぶられて、赤く充血してしまっている。
「もうおまんこがとろとろだ。イきたいでしょ。」
こんなに複数の手で体をなぶられているのに、私はまだイかせてもらってなかった。
最初は痴漢にイかされるのがイヤでがまんしていたけど、途中からはわざとイかせないようにしているみたいで・・・ちょっと愛撫しては動きが止まってしまうので、イけないでいた。
「ほら、素直にイきたいっていってごらん。」
イケメンの痴漢が私の耳を口に含んで、舌で耳全体を舐めまわした。
もうダメ・・・がまんできない・・・。
「イかせて・・・。イきたいの。」
私がささやいた途端、私の体にふれていた手が急に、活発に動き出した。
アナルとおまんこをぐちゅぐちゅにいじられて、クリトリスをこすられて、乳首をきゅうっとつままれて・・・。
足を舐められて、イケメンにディープキスされて、私は激しくイってしまった。
もし、イケメンがキスしていなかったら、大きなあえぎ声を出してしまったと思う。
じーんとしびれるような快感の波が去っていっても、私を愛撫する手の勢いは止まらない。
すぐにまた新しい快感の波がやってきて、私はまたイってしまう。
何度もイかされて、足ががくがくと震える。
「ほしかったら、おちんぽ入れてっておねだりしなさい。」
私の口からはなれたイケメンは、よだれで光った唇で、私にいった。
「入れて・・・おちんぽ・・・入れて・・・。」
もう理性なんか残ってなかった。
強烈な快感でおかしくされて、私はちんぽをおまんこに入れてほしいただのメスになってしまっていた。
体を持ち上げられて、足を大きく開かれて、イケメンのちんぽを受け入れながら、私は痴漢達が私を視姦しているのを感じた。
勃起したちんぽを私の体にこすりつけながら、自分の番を待っている痴漢達に囲まれて、私はイケメンのちんぽの突き上げに悦びの声を上げていた。
突然、ぐりんと体が反転されられて、私はバックからイケメンのちんぽを入れられている体勢になった。
口の中に他の痴漢のちんぽをねじ込まれて、口をふさがれる。
上下から犯されながら、私は自分でも腰を振ってしまっていた。


官能小説 動画で抜きまくりセックス無修正動画を配信しているコスプレ1000人斬り無料サンプル動画
 
3Pセックス官能小説

3Pしたいと思ったのは、彼女とのセックスがマンネリ気味になったせいだった。
俺の前で他の男に抱かれるアイがどんな表情をするんだろうって想像するだけで、ちんぽが勃起してしまうから、3Pすることにした。
親友のトオルを3Pに誘うと、やたらと喜んでいた。
アイとヤれるのも、3Pもトオル的には嬉しいらしい。
3Pしようなんていっても、アイがいいっていうわけないから、俺はアイの酒に誘淫剤を混ぜた。
アイの頬が赤く染まり、とろんとした目で俺をみつめながら、口を開きかけたとき、トオルが俺の部屋に入ってきた。
アイは体をもじもじさせていたが、我慢しきれなくなったらしく、フラフラとトイレに行った。
俺達は足音を忍ばせて、トイレのドアの前で耳をすませた。
「はあ・・・くちゅ・・・んんっ・・・なんでこんな・・・。」
アイはオナニーしているらしい。
俺はトイレのドアを開けた。
「オナニーするなら、鍵くらいかけろよ。」
「サトル・・・トオルくんまで・・・恥ずかしいよぉ・・・。」
パンティを足首までおろしたままのアイの両手をつかんで立ち上がらせ、トイレの外に連れ出した。
「オナニーするくらいなら、俺達にヤりたいっていえばいいのに。」
「だって、トオルくんの前でそんなこと・・・。」
「おまんこ、こんなにぐちゅぐちゅにして、オナニーしてたんだから、もう恥ずかしいことなんてないだろ。」
アイを後ろから抱きかかえるようにして、俺はアイの両足を開いた。
「アイちゃんのおまんこ、すごいことになってんねー。」
トオルがアイのおまんこを指でちゅくちゅくといじりながら、羞恥で真っ赤になっているアイの顔をみた。
「俺とセックスするときより濡れてるんじゃないか?乳首もこんなに硬くなってこりこりしてるぞ。」
俺はアイの服の下に手を入れて、乳首を指でしごいた。
「やっ・・・サトル・・・いやぁ・・・。」
「いいじゃん。このまま、3Pしようぜ。」
アイの耳元でささやきながら、俺は片手をクリトリスに伸ばす。
「ああっ・・・ダメぇ・・・もう・・・。」
アイはぐったりとして、俺に体を預け、快楽を追い始めた。
「おまんこに指入れちゃうよ?うーん。狭くて熱いね。」
トオルはアイのおまんこに指を入れて、激しく手マンした。
じゅくっじゅくっとおまんこがいやらしい音を立てるたびに、アイの口から甘いあえぎ声がもれる。
「トオルの手マン、そんなに気持ちいいんだ。俺の手マンとどっちがいい?」
「ん・・・あんっ・・・サトルだよぉ・・・。」
はあはあと荒い息を吐きながら、アイが答える。
「えー、ショック!じゃあ、止めちゃおう。」
おまんこから抜いたトオルの指はアイの愛液がべっとりとついていた。
「あーあ、トオルかわいそー。」
俺が責めると、アイはトオルに謝った。
「んー、口だけじゃ、謝られた気がしないな。俺のちんぽ、フェラチオしてくれるなら、許してあげるよ。」
トオルはすっかり勃起しているちんぽをアイの目の前に突き出した。
「えっ・・・でも・・・だって・・・。」
ためらっているアイの耳元で、俺はささやく。
「フェラチオしてやれよ。せっかくトオルが手マンしてくれてたのに、下手なんていったんだからさ。」
「そんなこと、いってないもん。」
アイは泣きそうになりながら、トオルのちんぽをフェラチオした。
「アイちゃん、フェラチオ上手いね・・・。」
トオルはうっとりしながら、アイのアタマに手をのせている。
俺はアイのおまんこと乳首をいじりつつ、俺の前で恥ずかしそうにトオルのちんぽをフェラチオしているアイの表情を愉しんだ。
3Pは想像以上に興奮する。
とろとろになっているアイのおまんこに俺のちんぽを入れて、上下からアイの口をちんぽでふさぐ。
「マジ3Pって感じだな!」
トオルも興奮しながら、自分で腰を振って、アイの口を犯した。
「ふっ・・・ぐふ・・・あ・・・んん・・・。」
くぐもったあえぎ声をあげているアイはいつもより気持ちよさそうだ。
俺はきゅうきゅうとしめつけてくるアイのおまんこから、ちんぽを抜いた。
「トオル、代わってやるよ。」
「ええっ!いいのか?」
「や、やだっ!ダメぇ・・・。」
俺がアイの両手を押さえている間に、トオルはおまんこに挿入した。
「うっうっ・・・サトル・・・ひどいよ・・・。」
アイの泣き声は、トオルのちんぽがおまんこを責めはじめると、次第にあえぎ声に変わっていった。
俺の目の前で、俺の親友に犯されているアイは恥ずかしそうにしながらも、気持ちよさに流されてしまっていて、なんとも色っぽかった。
「アイ・・・かわいいよ・・・。」
両手でたぷんたぷんと揺れているアイのおっぱいをもみながら、俺はアイの唇を舌でなぞった。
アイが舌を出して、俺の舌に絡めてくる。
「アイちゃんのおまんこ、気持ちよすぎっ!」
トオルはおまんこからちんぽを抜くと、自分の手でしごいて、アイのおしりにぶっかけた。
トオルのちんぽでさんざんこすられた後のおまんこに、もう一度挿入しながら、俺はアイの体を抱きしめる。
さっきよりずっと具合のよくなったアイのおまんこを愉しみつつ、次はSMを試してみようかと考えていた。


一本道アダルト官能小説 動画オリジナル過激なセックスムービーを配信している無料サンプル動画
 
童貞オナニー官能小説


最近、私は向かいのマンションから覗かれていることに気がついた。
覗いているのは高校生くらいの男の子で、マジメそうでかわいい感じだ。
私は大事なところは見えないように気をつけながら、下着姿くらいは覗かせてあげていた。
あんな若くてかわいいコが私のことを覗いて興奮しているなんて、ちょっと嬉しかったから。
そんな彼にばったり近所のコンビニで出会ったのは、飲み会の帰りのかなり酔っ払ったある晩のことだった。
私の顔を見ると、彼ははっとして、赤くなってうつむいた。
アルコールで理性がとんでいた私は、彼にそっとささやいた。
「ねえ、うちにこない?」
彼は驚いて私を見て、思いつめたように返事した。
「いきたいです。」
コチコチに緊張している彼を自分の部屋に連れて行き、ベットに腰かけさせた。
「君、私のこと、覗いてたでしょ?」
彼は真っ赤になってうつむき、
「すみません。」
とつぶやいた。
私は彼の横にくっついて座り、耳元でささやく。
「私の下着姿みて、興奮した?」
彼はぶるぶる震えながら、
「・・・はい。」
と答える。
「申し訳ないって思ってる?」
冷たい口調できくと、彼は私の方を振り返って、
「思ってます・・・。」
泣きそうな顔をした。
「じゃあ、君の恥ずかしいところをみせて。」
「え?」
「それで、おあいこにしてあげる。」
私はベットの向かい側にある化粧台のいすに移動して、脚を組んだ。
「まずねえ、服を全部脱いで?」
彼はゆっくりと服を脱いでいった。
ためらいがちに、パンツがおろされると、おとなしげな彼の外見に似合わない大きなペニスがそそりたっていた。
「あら。興奮しちゃったのかな?」
冷やかすようにいうと、恥ずかしそうに両手で隠す。
「ベットに腰かけて、オナニーしてみせて?」
彼は信じられないという表情で私をみたが、私が本気らしいのがわかって、ベットに腰かけ、左手をペニスに添えた。
「もしかして、私の下着姿もおかずになってた?」
ゆるゆるとペニスをしごきはじめた彼に声をかけると、彼はこくりとうなずく。
私は彼の前で、服を脱ぎ始めた。
下着姿の私を彼は呆然とみている。
「これでオナニーしやすくなったでしょ?続けて?」
ブラジャーにパンティだけの私の方をみながら、彼はペニスを左手でしこしことしごく。
「はあ・・・はあ・・・。」
息づかいが荒くなってきた彼の前で、ブラジャーをはずす。
ぽろんととびだした私のおっぱいに、彼の手が止まった。
乳首が興奮で大きくなった大きめのおっぱいは、自分でもいやらしいと思う。
続けて、この状況と彼のオナニー姿に興奮して、愛液でしめったパンティを脱いだ。
脱ぎたてでほかほかの湯気がたちそうなパンティを彼に渡す。
私が全裸で、いすに座ると、彼は渡されたパンティのニオイをかいだ。
「すごい・・・いやらしいニオイがする。」
いつのまにか左手は、リズミカルにペニスをこすっている。
彼の目は私の裸を舐めまわすようにみていて、彼の頭の中で、私はどんな風に犯されてるんだろうと思ったら、さらに愛液があふれだすのがわかった。
「もう・・・イきそう・・・。」
彼のペニスから白い精液があふれ出し、彼の左手を汚した。
私がティッシュを渡すと、彼は恥ずかしそうに、手をペニスをキレイにする。
「おつかれさま。帰っていいわよ。」
そういったのは、もちろん本気じゃなかった。
立ち上がって部屋をでていこうとした私に、彼が後ろから抱き付いてきて、彼の両手がおっぱいをわしづかみにする。
お尻にはさっき出したばかりなのに、大きくなったままの彼のペニスがあたっていて、私のアソコは期待にきゅんとしまった。
「ごめんなさい・・・でも・・・がまんできない・・・。」
彼の右手が私のアソコをなでる。
「あなただって、こんなに濡れてるじゃないですか・・・。」
私は左手でおっぱいをもまれ、右手でアソコをさわられながら、無言でいる。
「お願い・・・やらせて?」
彼は指で乳首をつまみ、クリトリスを刺激しながら、耳元で懇願する。
「君、セックスしたことあるの?」
口から漏れてしまいそうになるあえぎ声をおしころしてきくと、
「ないけど・・・たぶん、ちゃんとできると思います。」
童貞とのセックスははじめてだったので、わくわくした。
「ゴムつけるなら、いいわよ。」
ベットヘッドの引き出しを指差すと、彼は私をベットに向かわせる。
どさっとかさなりあうように倒れ込むと、彼は私にキスしようとした。
「キスはダメよ。好きなコとしなさい。」
彼はキスをあきらめて、乳首をしゃぶった。
口にいれたまま、れろれろしたり、指で乳首をころがしたり。
やがて満足したらしく、私の両足を開いて、アソコを舌で舐めた。
べろーっと舐めあげられただけで、あえぎ声がもれてしまった。
「あ・・・。」
「気持ちいい?してほしいことがあったら、教えて。」
彼はぺろぺろとアソコを舐めまわし、クリトリスや膣口、アナルまでていねいに舐めまくった。
いままでに寝たどの男よりも熱心に、執拗に舐めていて、まるで忠実な犬みたいだった。
「あ・・・ああ・・・はん・・・。」
私が声をもらすとさらに嬉しそうに、繰り返し舐める。
私はがまんできなくなって、
「もう入れて!」
と叫んだ。
彼はごそごそとゴムをつけ、私のアソコを指で開いた。
ちゅぷ・・・という音とともに、彼のペニスを迎え入れたアソコはこれまで飲み込んだこともないくらい大きいペニスに悦びの悲鳴をあげながら、さらに愛液をあふれさせた。
「すぐイっちゃいそう・・・気持ちいい・・・。」
彼はうっとりとした声で、ぐいぐいとペニスを押し進める。
押し開かれる感覚と満たされていく充実感で、私は返事をする余裕がない。
根元までペニスが入ったときには、アソコがはちきれてしまうんじゃないかと思った。
彼は少しずつ腰を動かし、確かめるように稼動範囲を広くしていく。
私のアソコは彼のペニスになじみ、まとわりつきはじめた。
彼は一度イったせいか、ゴムごしのせいかなかなかイかず、私だけ何度もイかされた。
「ああ・・・もう・・・出る・・・。」
激しいピストン運動の末、彼がゴムの中に精液をはきだすと、私は童貞をからかったことを後悔したのだった。


JPナンパ官能小説 動画ハメ舐めファックムービー満載のアダルト無修正動画のエロサイト

 
人気アダルトサイト

無料体験で抜けるエッチチャット

のぞきモードで盗撮みたいな気分で女の子の部屋を覗けるエッチサイトDXライブチャット

無修正オリジナルAVビデオ

官能小説 濡れまくりの人気おすすめ無修正動画のエッチムービー配信のアダルトサイト

女性器専門エッチ写真
淫語オナニーねた
ロリ系アダルト
セックス テクニック
エロビデオ
聖水フェチ動画
ハミ乳 画像
太ももフェチ画像
ホモ動画
エロ画像
RSS配信
Go To Top