GWM

Home arrow 官能小説 女

16 Dec 2017
おすすめHサイト

官能エッチムービー配信のエッチビデオ


妄想アダルト無修正動画を配信している妄想企画物エロサイト

メインメニュー
Home
妄想官能小説
官能小説 蕩蕩
バイブ 官能小説
女の子 官能小説
官能小説 クリ
官能小説 女
官能小説倶楽部
官能小説 電車
官能小説 動画
官能小説 画像
掲示板 官能小説
投稿官能小説
素人官能小説
官能小説 指
官能小説 濡れ
官能小説 男
官能小説 おばさん
官能小説 娘
官能小説 尻
萌 官能小説
セックス 官能小説
官能小説 胸
巨根 官能小説
サイトマップ
官能小説 女
手コキしこしこ官能小説

失恋して落ち込んでいた俺をサトルが手コキバーに連れて行ってくれた。
薄暗い店内に、ムーディな音楽。
普通のバーっていう雰囲気なのに、店内では至るところで手コキされて顔がゆるんでいる男性がいる。
「な、すげえだろ?他人が手コキされてるのをみてるだけでも興奮するよな。」
サトルは以前、この手コキバーに来たことがあるみたいで、カウンターにいたバーテンダーさんに、
「アイちゃん、お願いします。」
と指名した。
「今、ちょっと手コキ中なので、お待ちいただけますか?」
サトルはアイちゃんを気に入っているらしく、頷いて、ビールを注文した。
俺もシラフではいられない気分で、ジントニックを頼んだ。
「タクヤが先に手コキしてもらってもいいんだぞ。」
ビールをおいしそうに飲みながら、サトルがにやけている。
ちんぽはとっくに勃起していたが、店内には露出度の高いきれいな女がたくさんいて、俺は決めかねていた。
「もしよかったら、今日入ったばかりの新人がいるんですが・・・。」
バーテンダーさんが俺にジントニックを出しながらいった。
「新人に手コキされたら、痛いんじゃないの?」
サトルが小声で質問している。
「それが素人なのに、ものすごく上手いんですよ。もちろん、とびきりの美人です。」
バーテンダーさんがナイショ話をするように声をひそめてささやいた。
「もしかして、バーテンダーさんって、店の女の子みんなに手コキされたことあるの?」
サトルはめちゃくちゃうらやましそうな顔をしている。
「うちは女の子のクォリティの高さがウリですから、入店前に手コキの技術チェックはしますよ。」
「へー。いいなあ。」
「サトルさんっ!」
後ろからかわいい女の子がサトルの両肩をぽんっと叩いた。
そのまま、サトルの背中に体を密着させて、サトルの耳元で、
「待たせてゴメンねえ。あっちに行きましょ。」
と甘えた口調でいっている。
サトルは俺を置いて、鼻の下を伸ばしたまま、アイについていってしまった。
「お客様はどうされます?」
「あ、さっきの新人さんで・・・。」
取り残された俺は、あわてて答えた。
「ユイカです。よろしくお願いします。」
ユイカちゃんはモデルっぽい気品のある美人で、スタイルもスレンダーですらりとしている。
私はユイカちゃんに手をとられて、ソファーに移動した。
ユイカちゃんがローテーブルに備え付けられたローションを手に取っている間に、俺はズボンとパンツを脱いだ。
「手コキ、はじめますね。」
にっこりと微笑むユイカちゃんは女神のようで、とても手コキなんてするようにはみえない。
ねちょっとしたローションがついたユイカちゃんの両手につつまれた俺のちんぽは、俺の戸惑いをよそに、みるみる硬くなった。
ローションですべるのを愉しむように、ユイカちゃんの両手は俺のちんぽをなでまわしていて、たまに、思い出したように、いいところをかすめていく。
男の感じるポイントを知っていて、あえてズラしている感じだ。
「玉袋もさわっていいですか?」
こんな美人が玉袋とかいうと、妙に興奮する。
返事をする余裕がなかった俺は、こくりと頷いて見せた。
「うふふ。タクヤさんって、かわいい・・・。」
玉袋をもまれつつ、片手でちんぽをしごかれただけで、俺はかなり追いつめられていた。
この手コキバーの淫靡な雰囲気に呑まれてしまっていて、手コキされているだけなのに、すごくいやらしいことをしている気分だった。
「もうおちんちんがこんなに硬くなってて、びくんって脈打ってて・・・。」
ユイカちゃんはセクシーな声で俺にささやきつつ、サオを指先でつうっとなであげた。
「食べちゃいたいくらいかわいい・・・。」
小さな赤い舌を出して、ぺろりと唇を舐めるユイカちゃんは、色っぽくて、俺は本当に食べられたいと思ってしまった。
「ねえ、もうイきたい?それとも、もっとじっくり愉しむ?」
手コキの時間制限は30分で、10分単位で延長できる。
ローテーブルの上にある時計は、残り10分くらいで、俺はあっという間に時間がたってしまっていたことに驚いた。
ユイカちゃんとの夢のような時間をもっと愉しみたいが、イきたくてたまらなくなってしまっている。
「もうイきたい・・・がまんできないよ。」
「わかったわ。じゃあ、イかせてあげる。でも、できるだけがまんしてね。」
ユイカちゃんの白くて長い指が、俺のちんぽに絡みつくように上下に動いた。
なんていうか、これまでに味わったことのない快感っていうか、芸術のような手コキだった。
滑らかな動きで、10本の指が俺のちんぽを包み込むように、まとわりつくように、刺激を加えている。
「イく・・・もう出る・・・。」
俺はユイカちゃんの手の中に、精液を射精した。
「タクヤさんの精液、たっぷり出たわ・・・。」
ユイカちゃんは手のひらを俺にみせて、どろりとした精液を確認させた。
そのまま、俺の精液をぺろりと舌で舐めて、
「おいしい・・・とっても濃いのね。」
とうっとりしていた。
すっかりユイカちゃんの手コキのとりこになった俺は、手コキバーにしょっちゅう行ったが、すっかり売れっ子になってしまったユイカちゃんに手コキしてもらうのには、2時間以上待たなくてはならなかった。


官能小説 女おまんこモロ見え女性器専門おまんこ丸見え放尿シーンが満載です。
 
おまんこ弄り乱交パラダイス


俺は放課後の部室で、裸のアイの体を後ろから抱きしめた。
やわらかくてすべすべのアイの体はとても抱き心地がいい。
ひざの上に乗せて、乳首をくりくりともてあそびながら、首筋を舌で舐めあげた。
トオルがアイの前に座って、アイのアソコを舐め始めた。
「あ・・・あん・・・。」
アイはアソコを舐められるのが好きだ。
ちょっと舐められただけで、すぐに愛液をあふれさせる。
俺はアイを振り向かせて、舌を絡めた。
「あふ・・・ん・・・。」
ちゅぷちゅぷとどちらの口からもいやらしい音をさせているアイは力が抜けて、ぐんにゃりとしている。
部室の中には、ひざまずいてケンジのペニスを舐めているナルミとそのナルミに後ろからペニスをつっこんでいるマサルがみえる。
「なあ、どっちから入れる?」
トオルがアイのアソコから口をはなして、俺にきいた。
「ん。オマエからでいいよ。」
アイのおっぱいをもみながら答えると、トオルはズボンからペニスをひきだした。
「アイちゃん、舐めて?」
アイは素直にトオルのペニスを舐める。
俺はぐちょぐちょのアイのアソコに指を入れて、トオルのペニスが入っても痛くないようにアソコを緩める。
中指を入れてぐりぐりとまわしてひろげて、人差し指を増やしてなじませて、反対の手でクリトリスをツメで軽くひっかくようにする。
「あ・・・んん・・・。」
トオルのペニスを舐めながら、アイは体をぴくぴくとふるわせる。
指が三本入って、スムーズに出し入れできるようになると、トオルが、
「もういいかな?」
と俺にきいた。
「たぶんね。」
俺がアイのアソコから指を引き抜くと、トオルはアイの向きを変えて、後ろからペニスを挿入した。
「あ・・・あん・・・。」
アイは気持ちよさそうに、トオルのペニスを受け入れている。
俺はアイの乳首をきゅっとつまんで、入れられているアイの顔を眺めた。
「あいかわらず、キツくて、あついね。」
ペニスを根元まで入れ終わったトオルは、アイのウエストをつかみながら、ため息混じりにつぶやく。
「俺のしゃぶりたい?」
俺はアイの顔の前に、ペニスをつきだした。」
アイはトオルのペニスを入れられながら、俺のペニスをフェラチオしだした。
ちゅくちゅくとペニスを咥えているアイは、普段のマジメそうな姿がウソみたいに淫乱にみえる。
うるんだ瞳や紅潮した顔、飲み込みきれなかった唾液が口のはしからたれて、おいしいものを食べているかのように夢中でペニスをしゃぶっているところはとてもいやらしい。
「動くよー。」
トオルがゆるゆると腰を動き出すと、アイの眉が寄せられた。
「あ・・・あは・・・。」
苦しんでいるかのような表情は、時折もれるあえぎ声で、悦びの表情なのだとわかる。
ゆすぶられる反動で、俺のペニスを傷つけてしまわないように、ゆるめに歯があたらないようにあけられた口と手の動きのもどかしさが、逆に俺の快感を高めている。
おっぱいをつつんでいる両手の指は、トオルの腰の動きにつられて、乳首をこすって、アイの絶頂を早くした。
「もうイっちゃう・・・。」
アイは俺のペニスを握り締め、体をのけぞらせた。
「アイちゃん、締めすぎ・・・。」
顔をしかめたトオルはアイの締めつけに耐え切れずに、出したらしい。
「早くねえ?」
俺がひやかすと、トオルはペニスとアソコをティッシュで拭きながら、
「アイちゃんが名器なの!」
とくやしそうに答えた。
「アイ、来いよ。」
俺が声をかけると、アイは自分から、俺のヒザの上にのってきた。
ヒザ立ちの姿勢から腰を落として、自分で俺のペニスをアソコに入れる。
「気持ちいい・・・。」
アイのささやきが耳元できこえて、ぞくぞくする。
抱き合うような対面座位の体勢で、ペニスがアイのアソコに入ったところで、下からゆっくりと突き上げる。
「あっ・・・あ・・・いい・・・。」
一度トオルのペニスでイったあとのアイのアソコは多少、乱暴な動きをしても、十分に対応してくれる。
俺は自分の気持ちいいように、がんがん動かした。
「やだ・・・おかしくなっちゃうよぉ・・・。」
「アイちゃん、してくれる?」
マサルがアイの顔の横にペニスを突き出し、アイは片手でそれをしごきだした。
アイがやりづらそうなので、俺はつながったまま、アイの向きをかえた。
「ああん・・・。」
ぐりんと動かされて、アイは嬌声をあげる。
後ろから入れられる形になったアイの前に、マサルが立ち、ペニスをしゃぶらせる。
俺はアイがフェラチオしやすいように、ゆったりとした動きで後ろから腰をうちつけた。
物足りないのか、アイの腰もいっしょに動いている。
アイは手でしごきながら、口でペニスを出し入れさせている。
「アイちゃん、上手いね。」
マサルはうっとりとした顔で、アイのフェラチオを楽しんでいる。
俺はアイの脚を大きく広げて、結合部を丸見えの状態にして、クリトリスと乳首をいじり始めた。
ペニスはアソコに根元まで入っているが、俺は動かさない。
「ふ・・・ん・・・。」
アイのアソコは俺のペニスをしめつけるが、イけるほどの刺激はない。
「もうイきそう・・・。」
マサルがアイの口の中で射精し、アイが精液を飲み込み終わったところで、俺は激しいピストン運動を再開した。
「あっ・・・すご・・・いい・・・。」
アイのアソコの中はきゅうきゅうと俺のペニスをしめつけ、アイがぐったりとしたところで、俺もようやくイくことができた。


エロックスジャパンZ官能小説 女達の過激な淫乱オリジナルSEX動画が満載です。

 
アナルセックスいくいく


散々貢がされたアイに無残に振られたとき、俺の復讐心に火がついた。
付き合っていたのだから、何度かセックスはしたが、いつもアイに気を使うセックスだった。
こうなったら、アイをレイプしてやる。
しかも、ただのレイプではなく、アナルをレイプしてやるのだ。
アイはお高くとまっているせいか、性経験も実はそれほど豊富ではなさそうだったから、アナルは処女に違いない。
ゴミのように捨てた男にアナルを犯されたら、アイはショックだろう。
しかも、俺とのセックスでイったことがなかったと吐き捨てたあの女にアナルセックスで感じさせるという屈辱を与えてやる。
俺はこっそり作っておいた合鍵でアイの部屋に入り込み、アイが帰ってくるのを待った。
帰ってきたアイは隠れている俺に気づかず、冷蔵庫にあった俺が誘淫剤を入れておいたお茶をごくごくと飲んだ。
テレビを見ていたアイは、15分もすると、息が荒くなり、顔も紅潮しはじめた。
ころあいと見た俺はアイの前に姿を現した。
「!トオル!アンタ、何勝手に人の部屋に入ってんのよ!?」
怒りくるって騒いでみても、男女の力の差は圧倒的だ。
後ろ手に手枷をはめられて、猿ぐつわをされたアイは悔しげに俺をにらみつけている。
俺はアイの下半身を裸にし、M字開脚させてロープで固定した。
アソコからアナルまで丸出しにした姿は今までのアイからは想像もできない。
「いい格好だな。記念撮影しておこうか。」
写メを何枚かとり、アソコを指でなぞった。
誘淫剤の効果でそこはぬれぬれになっていたが、自分がそんなものを飲まされたとは思っていないアイには、まるでこの状況で興奮しているように思えるだろう。
「実は、SM好きだったんだね。」
軽蔑したようにいうと、アイは首を左右に振って否定する。
「俺とのセックスでイけなかったのは、責めがたりなかったからじゃないかなあ?」
ずぶずぶとアソコに指を埋め込みながら、クリトリスをつまんでやる。
くぐもったあえぎ声がきこえた。
膣壁を軽くこするように指を出し入れすると、アソコがひくひくわななきはじめ、アイが感じているのがよくわかった。
俺はかばんからバイブをとりだし、アソコにゆっくりと挿入した。
スイッチを入れて、アイに快楽を与えておいて、浣腸の用意をする。
素人目にもわかるような典型的な注射器型の浣腸器をアイにみせつけるように、アナルに差し込む。
もごもごいっているのは、「イヤ」とか「やめて」とかいっているのだろう。
ちゅうっと浣腸液をアナルに流し込むと、アイは目を閉じてぶるぶると震えた。
拡張器を兼ねた太めのアナル栓をして、アイを眺める。
苦しそうな表情のアイはすがるような目で俺をみる。
俺はお風呂場から洗面器をとってきて、アイの前に置く。
足を固定していたロープをほどいてやり、
「自分で洗面器にしなよ。」
というと、信じられないという顔で首を振っていたが、浣腸液の力には敵わなかったらしく、自分から洗面器の上にかがみこんだ。
アナル栓をぐりぐりと動かすと、苦しそうにあごをあげて耐えている。
栓を抜いてやると、すぐに大量のウンコと浣腸液がとびだした。
軽蔑していた男の前で、脱糞させられるという屈辱で呆然としているアイをつれてお風呂場に行き、アソコに入れっぱなしだったバイブを抜くと、大量の愛液があふれだした。
「こっちも洪水だな。」
冷やかすようにいっても、抵抗する気力もなくなったらしい。
猿ぐつわと後ろ手の手枷をしたまま、下半身にシャワーをかけ、アナルに指を入れて、中をていねいに洗う。
アイはされるがままで、バスタオルで拭かれて、ベットに連れて行かれるときも従順だった。
キレイになったアナルにローションをたっぷりとつけた細めのバイブを入れて、ゆっくりと出し入れする。
うつぶせにされて、お尻だけを高く突き上げたかっこうのアイは気持ちよさにお尻を左右に振る。
猿ぐつわをとっても、その口から出てくるのはあえぎ声だけだった。
アナルから細めのバイブを抜くと、もっと太いバイブを入れてやる。
アナルの中でバイブが左右に首を振るたびに、アイの嬌声が響く。
「あ・・・はあ・・・やだぁ・・・。」
「アナルが感じる淫乱だって、教えてくれたら、ちゃんとアナルを中心に攻めてあげたのに。」
「ちが・・・うん・・・あっ・・・。」
「素直にほしいっていわないと、やめちゃうよ?」
俺がバイブをアナルから抜くと、お尻を高くあげた体制のまま、アイは物足りなげに俺をみつめる。
「ちゃんとおねだりできないと、朝までそのままだよ?」
誘淫剤がきいているアイは中途半端な状態で放置されているこの状態に耐えられなかったらしい。
「お・・・ねがい・・・イかせてぇ・・・。」
「俺、バカだから、アイがどうしたらイけるか、わかんないや。教えてくれない?」
空々しくとぼけてみせると、うつむいたアイは、
「アナタのペニスを私のアソコに入れて・・・。」
と小声でいった。
俺はアイを押し倒すと、ローションまみれにしたペニスをアナルに入れた。
「いや・・・そこは違う・・・。」
「でも、ひくひくして、歓迎してくれてるぜ。」
じわじわと奥まで入れ込み、また引き抜く。
何度も繰り返すうちに、アイもよくなってきたらしい。
「やだぁ・・・ヘンな感じ・・・はあ・・・あん・・・。」
激しい抽送を繰り返しているうちに、アイの腸壁がきゅうっとしまり、アイがイったのがわかった。
「イったか?」
ときくと、こくこくとうなづく。
俺はさらに激しくピストン運動をして、アイのアナルに精液を吐き出した。
こうして、俺の復讐は完遂されたのだった。


官能小説 女アナルSEX満載のエッチなゲイサイトの最高峰JPボーイズ!

 
人気アダルトサイト

無料体験で抜けるエッチチャット

のぞきモードで盗撮みたいな気分で女の子の部屋を覗けるエッチサイトDXライブチャット

無修正オリジナルAVビデオ

官能小説 濡れまくりの人気おすすめ無修正動画のエッチムービー配信のアダルトサイト

女性器専門エッチ写真
淫語オナニーねた
ロリ系アダルト
セックス テクニック
エロビデオ
聖水フェチ動画
ハミ乳 画像
太ももフェチ画像
ホモ動画
エロ画像
RSS配信
Go To Top