GWM

Home arrow 官能小説 娘

22 Oct 2017
おすすめHサイト

官能エッチムービー配信のエッチビデオ


妄想アダルト無修正動画を配信している妄想企画物エロサイト

メインメニュー
Home
妄想官能小説
官能小説 蕩蕩
バイブ 官能小説
女の子 官能小説
官能小説 クリ
官能小説 女
官能小説倶楽部
官能小説 電車
官能小説 動画
官能小説 画像
掲示板 官能小説
投稿官能小説
素人官能小説
官能小説 指
官能小説 濡れ
官能小説 男
官能小説 おばさん
官能小説 娘
官能小説 尻
萌 官能小説
セックス 官能小説
官能小説 胸
巨根 官能小説
サイトマップ
官能小説 娘
ローションAVビデオ

大人のおもちゃ屋さんの通販サイトを眺めているうちに、フェラチオ用のローションっていうのをみつけた。
もうすぐサトルの誕生日が近いから、なんとなく、買ってしまった。
私はフェラチオが苦手。
どうも下手みたいで、フェラチオしてもサトルが感じてくれないから。
反応がないと、フェラチオしてても、つまんないよね。
なんか、むなしいっていうか。
サトルの誕生日、いつもよりちょっと豪華なディナーを食べて、プレゼントを渡して、おしゃれなラブホテルに行った。
私もサトルも高級ホテルより、ラブホテルの方が好き。
だって、内装だけならラブホテルもけっこうゴージャスだし、なんかハデにあえいだり汚しても、オッケーって感じがするし。
テレビをつけるとAVがみられて興奮するのも、プラスポイントのひとつ。
今日はサトルの誕生日だから、私がご奉仕することにした。
サトルはにやにやしながら、裸でベットに大の字に寝そべる。
ちょっとは期待してくれているのか、ちんぽが勃起しておなかにつきそうになっていた。
私は用意していたフェラチオ用のローションをちんぽと玉袋にたっぷりとたらす。
「なにこれ?ローション?本格的だね。」
サトルは嬉しそうで、ちんぽも筋が浮いてみえるくらい硬くなっていた。
ローションでぬるぬるになったちんぽを手でそっとつかむ。
つるんとすべりそうなちんぽを手でなでまわしているうちに、ちょっと楽しくなってきた。
するんするんと両手でうなぎをつかまえるように、上下にゆっくりとしごく。
「・・・気持ちいいよ・・・なんかいつもと全然違う。」
たまにもらすサトルのあえぎ声に興奮して、私はもっとサトルを気持ちよくしてあげたいって思った。
亀頭の先っちょにキスするように唇をつけて、口の中に含む。
サオを指でなぞるようにして、裏筋をくすぐる。
カリ首を舌でちろちろしながら、亀頭を吸った。
「ちょっ・・・お前、浮気した?」
サトルが体を起こして、私を睨んでいる。
インターネットでフェラチオのやり方を調べてみたけど、他の男の人に試したりはしてない。
「浮気なんてしてないよ。」
ちんぽをつかんだままで、私がちょっとムッとしながらいうと、サトルは信じてくれたようだ。
「悪い。あんまり急に、フェラチオが上手くなったもんだから、つい・・・。」
「ローションのせいじゃないの?」
私はサトルのちんぽを一気に口の奥まで含んだ。
「んっ!」
サトルが体をのけぞらせた。
手でサオをしごきながら、口を上下に動かして、口の中で舌をちんぽに絡ませる。
カリ首とサオを舐めているうちに、ちんぽが一層硬くがちがちになった。
そろそろイきそうなのかなと思って、ちんぽを口から出す。
さらにローションをたらして、手だけでちんぽ全体をなでまわした。
「ヤバイよ・・・イっちまいそうだった。」
サトルはうっとりとした表情で、私を見上げた。
ローションまみれのちんぽは私がしごくたびに、くちゅくちゅといやらしい音をたてている。
「フェラチオでイきたい?それとも、おまんこに入れたい?」
「せっかくだから、このままフェラチオでイかせてもらおうかな。」
サトルをフェラチオでイかせるなんて、はじめてだ。
私ははりきって、サトルのちんぽにしゃぶりついた。
のんびりと手でしごきながら、唇を上下に動かしているだけで、サトルのちんぽはどんどん硬くなっていく、
私が思っていたより、単調でゆっくりとした愛撫でも、男の人はイけるらしいっていうのがフェラチオのやり方を調べてみてわかったことだった。
あと、ひねりを加えた動きに弱い。
たまに、首を軽くねじって、サオを舌と唇でナナメにしごくように愛撫する。
サトルのちんぽはローションと私のよだれで、べちゃべちゃになっていて、いやらしい液体がシーツまでたれてシミになってしまっている。
今まではさわったことがなかった玉袋も、ツメで軽くひっかくようになぞった。
本当に軽く、アナルの方までやさしく指を往復させる。
「んっ。もうイきそう・・・。」
私は口と手の動きをちょっとだけ早くした。
じゅぷっじゅぷっと口からよだれがあふれてたれる。
口の中に青臭いどろりとした精液が射精された。
口内発射ってなんか、おいしくない・・・。
鈴口を舌で舐め取るようにして、私はサトルのちんぽを口から出した。
ごっくんと精液を飲み干すと、精液がのどに絡みつくようで後味がいつまでも残った。
「はあ・・・最高の誕生日だったよ。」
サトルはすごく満足そうに、息を整えている。
私もフェラチオでサトルをイかせられて、妙な達成感を味わうことができた。
まだまだたっぷりあまっているローションを私のおまんこにたらして、サトルが指を出し入れした。
ちゅぷちゅぷいってるおまんこは、指一本くらい余裕って感じで、なんだかひどくものたりない。
「もう入りそうだよな。」
サトルが短時間で回復したちんぽをおまんこに入れる。
いつもよりすべりがよくて、つるんとおまんこの奥まで入ってきた。
「一回フェラチオでイってるから、すっげ、長持ちしそう。」
サトルは嬉しそうに笑いながら、私のおまんこを激しくちんぽでこする。
おまんこの中で暴れまくっているちんぽは、少しだけやわらかくて、激しくされても全然痛くなかった。
ローション、けっこう使えるじゃん。
私はあえぎ声をあげながら、ローション買ってよかったと思っていた。


ジャパビューティー官能小説 娘のアダルト素人パイパンおまんこ率が高いエッチサイト。
 
人妻フェラチオ官能小説


出会い系で出会った人妻のアイはフェラチオ上手だった。
自分でもフェラチオの技術にはかなりの自信を持っているらしく、
「5分イかないで、我慢できたら、中出ししてもいいわよ。」
なんていうオイシイ賭けを持ちかけてきた。
さっそく俺はベットに全裸で寝そべり、人妻の舌を期待に股間を膨らませて待った。
アイは反り返った俺のペニスを眺めながら、ゆっくりと服を脱いでいき、豊満なおっぱいをおしげもなく、さらけだした。
パンティ一枚になったアイは俺の足の間に座りこんで、俺の股間に手を伸ばした。
きれいに手入れされたツメの先で俺の太ももや足の付け根あたりをつつ・・・となぞる。
くすぐったい・・・でも、気持ちいい。
ツメから指先に刺激が変わり、じょじょにペニスの方へと近づいてくる。
このワクワク感がたまらない。
いよいよ指先は、玉袋に到達し、こちょこちょとくすぐられたり、指先をふわあっと広げられたりして、期待をさらに高める。
指がペニスの根元に届いたと思った瞬間、亀頭をあたたかい舌で、ぺろりと舐めあげられた。
予想していなかった刺激に、腰がびくんと動く。
「ふふふ。敏感なのね。」
嬉しそうなアイの声がラブホテルの部屋に響き、ぴちゃぴちゃとアイの舌が立てるいやらしい音が続いた。
俺の亀頭は先の方からカリの方まで、丁寧に舌で舐め尽くされ、アイの唾液と俺自身の先走りで濡れてびちゃびちゃになっている。
口の中に亀頭だけ含まれ、舌をまとわりつかせるようにからませたり、歯を痛くないようにそっとあてて、なぞったりと、バリエーションも多彩だ。
さすがフェラチオテクニック自慢の人妻なだけある。
顔を少し持ち上げて、ちらっとアイの方を見ると、嬉しそうな顔で俺のペニスをしゃぶっている。
アイは亀頭の先端からゆっくりと根元の方まで口に含んでいった。
「うう・・・。」
気持ちよさに、思わず、声がもれてしまう。
絶妙のスピードと密着感はもうプロじゃないかと思ってしまうくらいの技術力だ。
手元で支えているように添えられている両手はさりげなく、俺のペニスを下の方にひっぱり、より強い快楽をサポートしている。
またゆっくりと、口が亀頭の先端に戻るまでの間にも、口内で舌が茎にらせん状にからみつき、引き止めるかのような歓待をしてくれる。
ヤバイ。これはヤバイ。
はじまって、まだ2分も経ってないのに、イきそうだ。
焦る俺の心とは裏腹に、ペニスは与えられる快感に着実に頂点へと上りつつある。
「すごい・・・硬い・・・。」
うっとりとした表情で俺のペニスに頬ずりし、舌でちろちろと刺激するアイは淫乱という言葉を実感させてくれるいやらしさだ。
危機感を募らせた俺は、卑怯な防衛策に出た。
「こっちにお尻向けてよ。」
アイは俺をまたいで四つんばいになり、パンティにつつまれたお尻を俺の前に突き出した。
指先できゅっとしまったお尻なで上げると、
「やだ・・・。」
と振り返る。
ついでに、パンティをおろして、アソコをむき出しにした。
パンティを足から抜いて、下からアソコを見上げると、すでにたっぷりとしたしたたりがそこにあふれていた。
指でワレメをそっと撫でながら、
「フェラチオしてるだけで、こんなに濡れちゃうんだ。淫乱だねー。」
というと、
「こんなに硬くて大きいペニスが入るかと思うと、ワクワクしちゃうの。」
といいながら、輪にした指を亀頭の先端に添えて、口に含ませつつ、根元までゆっくりとおろした。
口と指のダブルの刺激で、セックスとはまた違った気持ちよさが俺のペニスを襲う。
負けないように、自分の唾液で濡らした中指をアイのアソコにつっこんで、ちゅくちゅくと出し入れする。
「ふ・・・うん・・・だめぇ・・・。」
アイは俺の指に感じながらも、せっせと俺のペニスをしゃぶり、指で愛撫を加えてくれる。
指を二本にして、クリトリスも刺激して対抗したが、舌と指とのコンボ技と玉袋と蟻の門渡りへのツメなぞり攻撃に、俺のペニスはあえなく撃チンした。
発射を予告する余裕もなく、アイの口内で精液が勢いよく飛び出してしまう。
アイの舌はゆっくりと俺のペニスにからみついて、吸い上げるように精液を搾り取っていく。
今までのフェラチオでは感じたことのないような強烈な快感と脱力感が俺をつつんで、下半身がしびれたようになった。
身動きがとれないでいる俺の横に全裸のアイが満足そうによりそい、
「気持ちよかった?」
とにっこりと微笑む。
くちびるは唾液でつやつやとひかり、オスのエキスを飲み込んでますますイキイキとしているようだ。
「すっげーよかった。中出ししたかったのに、我慢できなかったよ。」
まだ荒い息で答えると、アイは早くも回復しつつある濡れたままの俺のペニスに指をそっとからめて、いやらしく笑った。
「もうできそうね?」
アイは俺の上に馬乗りになると、ゆるく立ち上がった俺のペニスをアソコにくわえ込んだ。
俺のペニスは新たな快楽に、すぐに完全に立ち上がり、臨戦態勢になった。
アイは自分で好きなように腰を振り、俺のペニスを楽しんだ。
たまに腰を動かして、さらに奥にペニスを進めつつ、俺のペニスをくわえ込んでいるアイのアソコや上気してあえいでいる顔をみているうちに、俺もまた射精感が高まってきた。
下からガンガン突き上げて、アイがイったことを確認してから、俺もアイのアソコの最奥に、精液を吐き出したのだった。


エロスプラネット官能小説 娘達の過激なエッチなアダルト無修正動画サイト

 
人気アダルトサイト

無料体験で抜けるエッチチャット

のぞきモードで盗撮みたいな気分で女の子の部屋を覗けるエッチサイトDXライブチャット

無修正オリジナルAVビデオ

官能小説 濡れまくりの人気おすすめ無修正動画のエッチムービー配信のアダルトサイト

女性器専門エッチ写真
淫語オナニーねた
ロリ系アダルト
セックス テクニック
エロビデオ
聖水フェチ動画
ハミ乳 画像
太ももフェチ画像
ホモ動画
エロ画像
RSS配信
Go To Top