GWM

Home arrow 官能小説 尻

16 Dec 2017
おすすめHサイト

官能エッチムービー配信のエッチビデオ


妄想アダルト無修正動画を配信している妄想企画物エロサイト

メインメニュー
Home
妄想官能小説
官能小説 蕩蕩
バイブ 官能小説
女の子 官能小説
官能小説 クリ
官能小説 女
官能小説倶楽部
官能小説 電車
官能小説 動画
官能小説 画像
掲示板 官能小説
投稿官能小説
素人官能小説
官能小説 指
官能小説 濡れ
官能小説 男
官能小説 おばさん
官能小説 娘
官能小説 尻
萌 官能小説
セックス 官能小説
官能小説 胸
巨根 官能小説
サイトマップ
官能小説 尻
ローションまみれセックスムービー


セックスのテクニックに自信のない俺は、セックスのとき、必ずローションを使うことにしている。
ローションを使うことにより、女の子にけして痛みを感じさせないというのが俺のモットーだ。
今日はできそうだという日の俺のかばんには、ローションとマイコンドームがいつも用意されている。
マイコンドームがなぜ必要かといえば、自分のちんぽにジャストフィットのコンドームでなければ、気持ちよさが半減してしまうからだ。
今、一番のお気に入りはサガミオリジナルの0.02ミリ。
他のコンドームより値段が高いだけのことはある技術力は、感動してしまうくらいすばらしい。
つけてないかのようなフィット感に熱伝導率。
ゴムアレルギーの女の子でも大丈夫な低刺激。
デザインもスタイリッシュだし、つけやすいように工夫されているから、装着もスムーズだ。
俺とセックスした女の子は、俺がいわなくてもコンドームをつけるということと、つけたコンドームがすごくイイっていう二つに、とても喜んでくれる。
女の子に望まない妊娠をさせないっていうのも、大人のセックスのマナーだと思うけど、あとくされなく、より気持ちよくヤるためなので、本当は俺のためだったりする。
実際、女の子を大切にしてると思われて、またセックスのおよびがかかることもあるから、使える習慣なんだよね。
全然イケメンじゃない俺がこれまで風俗のお世話にならずに済んでいるのも、セックスのマナーをわきまえてるからかなあ、なんてうぬぼれてるわけで。
彼女いない暦は長いけど、セフレには不自由してないんだ。
できれば、セフレから彼女にしたいって狙ってるのが、2コ下のアイちゃん。
顔もすっごい好みなんだけど、おっぱいがでかくて、性格が素直で明るくて、マジでお嫁さんにしたいタイプ。
アイちゃんの部屋で手料理をごちそうになって、セックスして、夜遅く帰るときなんか、付き合ってたら、このまま泊めてもらえるんだろうなってちょっと悲しくなるけどさ。
俺みたいな男がアイちゃんとセックスできるだけでも、ラッキーだよな。
アイちゃんは今まで自己中な男としかセックスしてなかったらしくて、俺がちょっとがんばって、アイちゃんを気持ちよくしただけで、
「こんなのはじめて・・・。」とか、「すごくイイっ!」とか、悦んでくれちゃうんだ。
そんなこといわれちゃったらさ、もっと気持ちよくしてやりたいって、燃えるだろ?
今日はローターを持ってきてみた。
ピンクのちっこいローターなら、大人のおもちゃ使うのはじめてでも抵抗ないかなって思って。
白いセーター、ミニスカ、エプロンのアイちゃんは、新妻って感じで、すげーかわいい。
ていうか、裸エプロンしてほしい・・・。
俺は鼻の下をびろーんとのばしながら、アイちゃんの裸エプロン姿を妄想していた。
彼女だったら、裸エプロンもやってくれるかな?
そんなことを考えつつ、手料理を食べ終えて、交代でシャワーを浴びて、ベットインした。
巨乳を両手でもんでいるだけで、しあわせな気分になっちまう。
乳首をしゃぶって、舌でれろれろ舐めまわした後、ローションを乳首にたらして、指でいじくる。
指で乳首を愛撫しながら、もっちりとした巨乳やすべすべのウエストにキスをして、キスマークがつかない程度に吸ったり舐めたりする。
乳首をじっくり愛撫したら、足をそっと開いて、おまんこを念入りにクンニ。
犬になったつもりで、ていねいにクリトリスやワレメを舐め、舌を膣口に突っ込む。
愛液とよだれでおまんこの周りが濡れたところで、クリトリスと膣口にローションをたっぷりたらす。
俺の指にもまんべんなくローションを塗って、おまんこの中に指を挿入する。
いくら愛液で濡れていても、おまんこに指を入れるときには、ちょっと痛いらしいんだよね。
膣壁ってすごくデリケートだっていうじゃん。
自分で指をしゃぶってもいいけど、ちょっと空しいし、ローションの方が摩擦を減らすしね。
ローションまみれの指は、今日もスムーズに奥まで呑みこまれた。
熱くて狭いアイちゃんのおまんこは、指一本でもキツいくらいで、俺の指をしめつけてくる。
これまでに発見したアイちゃんのいいところを指でこすりながら、俺はローションでぬるぬるになったクリトリスも指でいじった。
クリトリスも乾いていると気持ちよくならないらしい。
でも、ぬるぬるになっていると、軽く指先で撫でるだけでも、イきそうに気持ちいいみたいだ。
おまんこに入れている指がぎゅっぎゅっと何度もしめつけられる。
「サトルくん・・・もうイきそう・・・。」
「イきなよ。たくさん、気持ちよくなって。」
アイちゃんは俺の指をしめつけて、絶頂を迎えた。
俺は指と舌だけで、挿入前に三回はイかせる。
ていうか、「入れて!」って女の子がねだるまで、ちんぽは出さない。
女の子がいいっていうまで前戯を続けると、女の子のおまんこは本当にとろけそうになっている。
すごくしまるし、熱いし、気持ちいい。
指で膣壁を摩擦しすぎて、女の子のおまんこを傷つけないためには、ローションは必需品だ。
クリトリスにローターをあてがうと、アイは今まで以上に大きな声であえいで、
「こんなのはじめて!おかしくなっちゃう!」
ってもだえた。
「もういや・・・おちんぽ入れてぇ。」
ってねだるのも、いつもより早かった。
俺はアイのおまんこの感触を味わいながら、もうちょっとアイの体を開発したら、少し距離を置いて、アイから彼女にしてくれっていうのを待とうと作戦を立てた。
アイとは他のセフレよりも体の相性がいいし、いつまでもセフレでいたくないから。
俺の下ですすり泣くようにあえいでいるアイの様子を見る限り、俺の作戦は成功しそうだ。


オリエンタルムービー官能小説 尻が丸見えのエッチな過激の淫乱オリジナル過激セックスムービー
 
熟女強姦セックスムービー


人通りのないその公園は暗くて静かだった。
仕事で遅くなった私は足早に家へと向かっていた。
がさ・・・と前の茂みがゆれたかと思うと、スタジャンにジーンズの若い男の子が二人でてきた。
にやにやとした笑みが顔に張り付いていて、私は身の危険を感じた。
いきなり後ろから手で口をふさがれ、腰に手をまわされた。
前にいた男の子たちが両足をもちあげ、茂みの奥に私を運んでいく。
足をばたつかせても、手をふりまわしても、効果はなかった。
茂みの奥の芝生は街灯で明るく、周りの茂みにさえぎられていた。
私を芝生の上におろした男の子たちは、私の手を頭の上でそろえて、ロープでしばった。
赤ちゃんのおしめをかえるように、私の足を持ち上げて、パンティストッキングとパンティを脱がす。
一緒に靴も脱げてしまった。
一人が私のシャツのボタンをはずして、スリップをやぶいた。
びりり・・・。
ブラジャーはナイフで切られて、ごみになってしまった。
「抵抗すると、きれいなお顔にキズがつくよ。」
童顔の青年がちょっと離れたところにナイフを突き刺しながら、私に警告する。
「脅かすなよ。震えてるじゃん。」
たれ目の青年が私の顔をなでながら、笑う。
色黒の青年が私のアソコを指でなでた。
「全然、ぬれてないな。」
たれ目の青年が私にキスしてくる。
にゅるっと舌が口の中に入ってきて、私の口の中を蹂躙する。
その舌をかんでやりたいけど、ナイフが怖くて抵抗できない。
乳首が舐められて、クリトリスも指でいじられている。
怖くてイヤなのに、ひさしぶりの愛撫に、体に火がつき始めた。
反対側の乳首が指でぐりぐりところがされて、アソコにも舌が侵入してきた。
「あふ・・・。」
「おねえさん、感度がいいねえ。」
私にキスしていたたれ目の青年が嬉しそうにいう。
たれ目の青年は、ちゅ・・・ちゅ・・・と軽く唇を合わせて、耳たぶを噛んで、首筋を舐めあげた。
「ああ・・・やだぁ・・・。」
しゃぶられて舌でころがされている乳首とアソコに入り始めたごつごつした指が私の快楽をムリヤリに引き出す。
「せっかくだから、楽しんだ方がいいよ。」
たれ目の青年がペニスをジーンズから取り出し、私の口の前に持ってくる。
「しゃぶってくれる?」
両手でおっぱいをもまれながら、ウエストを舐められていた私は唇を開いた。
私の中に入っている指は二本に増えて、膣壁をえぐるように、出たり入ったりしている。
ペニスを口に含むと、青臭い先走りの味が広がった。
「くぅ・・・。」
たれ目の青年が気持ちよさそうなあえぎ声をあげる。
私は舌をペニスに絡めた。
たれ目の青年は自分でペニスを出し入れしながら、ペニスをしゃぶっている私の顔をみている。
「俺、こういう熟女がタイプなんだよね。」
「女なら誰でもいいんじゃないんですか?」
童顔の青年がからかうように答える。
「俺も熟れてる方が好きですね。」
私の中に三本目の指を入れながら、色黒の青年がつぶやく。
「しばってる手をほどくからさ、しごいてよ。」
たれ目の青年が私の手を自由にしながらいった。
私は自由になった手で、ペニスをしごきながら、舌を絡めて奉仕した。
「すご・・・おねえさん、上手だね・・・。」
たれ目の青年はいきなり私の口の中で射精したので、飲みきれなかった精液が口からあふれた。
「早くないですか?」
童顔の青年がバカにしたように笑う。
「じゃあ、オマエもやってもらえよ!」
たれ目の青年と童顔の青年が場所を入れ替わり、私は再び、フェラチオを開始した。
童顔に似合わず、大きくて黒っぽいペニスは咥えるとあごがつかれた。
亀頭だけを咥え、れろれろと舌で愛撫し、輪にした指をくるくると回しながらサオを刺激する。
片方の手で玉袋をさわさわともんだり、蟻の門渡りを指でなぞったりしてみた。
「こりゃ、確かに上手いですね。」
童顔の青年がため息まじりにささやくと、私の乳首をしゃぶっていたたれ目の青年が得意そうに、
「だろ?やっぱ、熟女最高~!」
「もう入れていいですか?」
私のアソコに三本の指を入れて、クリトリスを舐めていた色黒の青年が顔をあげてきいた。
アソコはじゅくじゅくといやらしい音をたてていて、ペニスを受け入れる準備が整ったことを知らせている。
「いいんじゃない?」
たれ目の青年が答えると、色黒の青年はペニスを私のアソコに入れ始めた。
しばらく使っていなかった私のアソコは、めりめりと押し広げられていく。
「お口が休んでるよ。」
童顔の青年が私の頭をおさえて、口の中にペニスをぐうっと押し込んだ。
ぐっとノドの奥に当たって、吐きそうになるのをなんとかこらえる。
「あんま乱暴すんなよ。」
たれ目の青年がおっぱいをもみながら、あきれたように、注意する。
私の中に根元まで入れ終わった色黒の青年は、満足そうなため息をもらした。
「ふう・・・。すっげえキツくて、気持ちいいスよ。」
私のアソコはめいっぱい大きなペニスを咥えこんでいて、ぎちぎちになっている。
「へえ、楽しみだな。」
童顔の青年は私の口につっこんだペニスを出し入れしながら、笑った。
急に奥までつっこまれないように手で押さえながら、サオを刺激して、口の中で亀頭を舐めまわす。
私の中に入ったペニスがゆっくりと動き出し、クリトリスも指で刺激されはじめた。
「ふ・・・う・・・。」
ペニスが口に入っているから、大きなあえぎ声が出なくて済んでいるけど、かなり気持ちがいい。
上下の口に入れられたペニスの動きが激しくなり、頭の中が真っ白になったと思ったら、両方の口に精液が吐き出された。
私はぐったりとしたところをさらに何度も犯されて、数え切れないくらいイかされてしまったのだった。


裏ムービー.com官能小説 尻アナル丸見えエッチな裏ムービー満載のアダルト無修正動画サイト

 
人気アダルトサイト

無料体験で抜けるエッチチャット

のぞきモードで盗撮みたいな気分で女の子の部屋を覗けるエッチサイトDXライブチャット

無修正オリジナルAVビデオ

官能小説 濡れまくりの人気おすすめ無修正動画のエッチムービー配信のアダルトサイト

女性器専門エッチ写真
淫語オナニーねた
ロリ系アダルト
セックス テクニック
エロビデオ
聖水フェチ動画
ハミ乳 画像
太ももフェチ画像
ホモ動画
エロ画像
RSS配信
Go To Top