GWM

Home arrow 官能小説 指

22 Oct 2017
おすすめHサイト

官能エッチムービー配信のエッチビデオ


妄想アダルト無修正動画を配信している妄想企画物エロサイト

メインメニュー
Home
妄想官能小説
官能小説 蕩蕩
バイブ 官能小説
女の子 官能小説
官能小説 クリ
官能小説 女
官能小説倶楽部
官能小説 電車
官能小説 動画
官能小説 画像
掲示板 官能小説
投稿官能小説
素人官能小説
官能小説 指
官能小説 濡れ
官能小説 男
官能小説 おばさん
官能小説 娘
官能小説 尻
萌 官能小説
セックス 官能小説
官能小説 胸
巨根 官能小説
サイトマップ
官能小説 指
変態セックスプレイ


サトルが変態だってわかったのは、結婚してしばらくたってからだった。
お笑い芸人が赤ちゃんパブに行くっていう話をテレビでみて、
「俺もそういうの好きかも。」
ってぼそっとつぶやいたのだ。
赤ちゃんになりきって、赤ちゃん言葉でしゃべりながら、受身でいろいろされたいらしい。
自分の夫が変態だと知ったときの私のショックは、とても言葉では表現できない。
変態にもいろいろあると思うのに、よりによって幼児プレイ?
いや、赤ちゃんに限定されてるんだから、赤ちゃんプレイか・・・。
赤ちゃんパブに行きたいというサトルを止めるために、私がサトルの変態プレイに付き合うことにした。
どうせやるなら、徹底的にが私のモットーだ。
介護用の大人用オムツを買ってきて、哺乳瓶と牛乳も用意した。
やってみたら、あんまり楽しくなかったとサトルが思ってくれるといいんだけど。
サトルが服を脱いでベットに横たわったところで、おしりにオムツをあてがう。
オムツをするなんて、恥ずかしいとは思わないんだろうか。
なんだか嬉しそうにしているサトルをみて、本当に変態だったんだなあと実感した。
「サトルちゃん、おっぱい飲みましょうねー。」
残念ながら、子供のいない私のおっぱいは母乳が出せないので、人肌に温めた牛乳の入った哺乳瓶をサトルに咥えさせた。
ちゅーちゅーと哺乳瓶を吸っているサトルはうっとりと目を閉じて、とってもしあわせそうだ。
こんなにしあわせそうな顔するなら、サトルの変態に付き合うのも悪くないかな、と思った。
牛乳を飲み干したところで、うつ伏せにして、背中をとんとんと叩いて、げっぷさせた。
あとはどうしていいかわかんなくて、とりあえず、寝かしつけることにした。
毛布をかけて、横に添い寝する。
サトルがこのまま寝てくれたら、今日の変態プレイはこれでおしまいかなって思ったのに、そんなに甘くなかった。
「ママー、おしっこちた。」
赤ちゃんがしゃべるのはアリなんだろうか。
ていうか、おしっこした?
私はあわてて、サトルのオムツを確認した。
オムツの中には、おしっこがたっぷりと吸収されていた。
にもかかわらず、サトルのちんぽはびんびんに勃起している。
興奮するツボがわからないけど、とにかく、オムツを片付けなくちゃ。
ぐっしょりと重くなったオムツをビニール袋で厳重に包んで、私はサトルのところに戻った。
「ぺろぺろちて♪」
一瞬、本気で殺意が芽生えた。
おしっこしたばかりのそのちんぽをフェラチオしろと!?
「ねー、ぺろぺろ~!」
いやいや、自分の子供のちんぽをフェラチオするなんて、近親相姦だろ!
と心の中でツッコミを入れつつ、私はサトルのおしっこくさいちんぽをにぎった。
さっきティッシュで拭ったとはいえ、フェラチオする気にはなれない。
「手コキでいいでしょ。」
低い私の声に怒りを察知したらしく、サトルはうんうんと頷いた。
両手でしこしことサトルの勃起ちんぽをしごく。
長男でいつもしっかりしているといわれ続けたから、サトルは小さい頃に甘えられなかった分を取り戻したいのかもしれない。
赤ちゃんプレイで、子供の頃さみしかったサトルの心が癒されるのなら、変態でもいい・・・。
私はサトルのちんぽを口に含んだ。
おしっこの味がするちんぽに舌をはわせて、ゆっくりと手でしごく。
「ああっ・・・気持ちいい・・・。」
いつものフェラチオより上手なわけじゃないのに、サトルはものすごく気持ちよさそうにあえいでいる。
サトルのあえぎ声もはじめてきいた。
サトルが変態だって知ったときにはショックだったけど、こんなに気持ちよさそうにしているサトルがみれたのはよかった。
私は口内発射された精液をごっくんと飲み干しながら、私はこれで変態プレイが終わったものだと思っていた。
私が口からちんぽを出すと、はあはあいいながら、サトルがむくりと起き上がった。
「サトル?満足してくれたんじゃないの?」
サトルは無言で、私をベットに押し倒した。
パジャマをまくりあげられて、ノーブラだったおっぱいをむき出しにされる。
おっぱいをもみながら、乳首をしゃぶっているサトルの様子は、愛撫をしているというよりも、授乳っていう感じで、私はげんなりした。
乳首をしゃぶったまま、舌でれろれろと舐められたり、ちゅうっとキツく吸われたりするのは、気持ちいいけどフクザツで、サトルが早くこの赤ちゃんプレイに満足してくれないかなって思っていた。
やっとおっぱいを吸うのが終わったと思ったら、今度はパンティを脱がされて、ひたすらクンニされる。
無言でのセックスというのが、かなりつらくて、私はあんまり感じられなかった。
ごそごそとコンドームを取り出して、自分のちんぽにつけると、サトルは何もいわずに、挿入しようとする。
「もう!何かいってよ!怒ってるの?」
私が泣いているのをみて、サトルは我にかえったらしい。
「えっ。・・・ごめん。ちょっと興奮しすぎてて、余裕がなかったんだよね。」
一応、反省してるみたいだけど、入れたくてたまらなかったらしく、
「入れてもいいかな?」
ときいてくる。
「そんなに勃起してたら、入れるしかないでしょ。」
ちんぽを挿入した後は、いつも通りのセックスだった。
サトルとの変態プレイは続けているけど、口内発射したら終了っていうふうにルールを決めた。
オムツの装着と後片付けも、介護の予行練習だと思って諦めている。


官能小説 指入れオマンコかき回しエッチな奥様達の無修正動画サンプルムービー配信している人妻斬り

 
スケベな指入れ女性器


私はレズというより、バイセクシャルだ。
つまり、両刀で、男女どちらともセックスできる。
でも、どっちかといえば、レズの方が好きだ。
女の子のやわらかいふわふわの体を抱きしめていると、すごく興奮するし、責めているだけでも、とっても満足できる。
そんな私にとって、女子大の寮に住んでいるというのは、なかなかおいしい環境だったりする。
女子大の女の子は、他の学校の男の子と合コンしたりして、積極的に外に出るタイプと男性経験が極めて少なく、うちにこもるタイプに分かれる。
幼稚園から女子校なんて女の子の中には、男の子と話したことさえ、ほとんどないというお嬢様がごろごろいるのだ。
そんな女の子にとって、ボーイッシュで男の子っぽい私は、擬似恋愛の対象として、もってこいってわけで。
手作りのお菓子、ラブレター、告白なんて、日常茶飯事で、私は大学生ライフをエンジョイしていた。
歴史と伝統あるこの女子寮はぼろっちくて、廊下を歩くとみしみしいうが、一応、個室ではあるし、お風呂が共同というのが魅力だった。
妙齢の若い女の子達が惜しげもなくオールヌードをさらけ出す、夢のようなお風呂タイムはいつも愉しみで、レズの私はあえて混雑する時間帯を狙って入浴していた。
テスト前のある夜、私の部屋に勉強のために友達が二人来て、休憩中になんとなく、エッチな話になった。
「セックスってどんな感じなの?」
箱入りのお嬢様であるアイが顔を赤らめながらいう。
アイは真っ黒で艶のあるストレートヘアに色白の肌、口紅を塗らなくても赤くてふっくらした唇がすばらしいやまとなでしこだ。
「マコトちゃんは、セックスしたことあるんでしょ?」
ユイも私の顔をのぞきこむようにして、きいてきた。
栗色の髪がふんわりとカールしていて、ちょっと日に焼けた肌が活発な印象を与えるが、ユイも男性経験ゼロのお嬢様だ。
巨乳ゆえに、何度も痴漢にあったらしく、男性恐怖症気味でもある。
「うーん。男の人とのセックスは、相手によって全然違うかな。下手なヤツとセックスすると、痛いし気持ちよくない。」
「・・・男の人とのセックスはって、まことちゃんは女の人ともセックスしたことあるの?」
アタマの切れるアイが鋭く突っ込んでくる。
「あるよ。女の人とのセックスはね、すごく気持ちよくて、痛くないんだよ。」
私は思わず、にやりと笑ってしまった。
「まことちゃん、女の子にもモテるもんね。」
この二人がレズだという話は聞いたことがないが、男性にもあまり興味がないようなので、落とせそうな気がしていた。
「レズのセックス、試してみる?」
二人は顔を見合わせていたが、恥ずかしそうに頷いた。
私はうきうきしながら、二人の服を脱がせた。
裸になった二人は、恥ずかしそうにおっぱいとおまんこを手で隠している。
「女の子同士なんだから、恥ずかしくないよ。」
二人をベットの上に座らせて、おまんこを交互にクンニする。
レズ経験もけっこう豊富な私だけど、レズで3Pっていうのははじめてだ。
「んんっ・・・なんかヘンな感じ。」
「や・・・そこ気持ちいい・・・。」
アイとユイは私の舌と指にあえぎ声をあげはじめた。
「二人でおまんこ、舐め合ってみて?」
交互に二人のおまんこをクンニするのに疲れた私は、二人をレズらせることにした。
すっかり体に火がついた二人は、素直にベットに寝そべり、シックスナインの体勢でお互いのおまんこをぺろぺろと舐め合っている。
私は二人のレズプレイをじっくりと目で愉しんでから、愛用のバイブを取り出した。
「バイブでおまんこ責めてあげるよ。どっちからバイブほしい?」
目をとろんとさせた二人は、今度は抱き合うようにして、私の方におまんこを向けた。
二人のおまんこが上下に並んで、バイブの挿入を待っている。
どちらのおまんこも愛液とよだれでびちゃびちゃに濡れていて、準備万端だ。
私は上にあったアイのおまんこにバイブを挿入した。
「あんっ!すごい・・・大きい。」
アイが体をのけぞらせて、ユイにしがみついた。
「アイちゃん、かわいい・・・。」
ユイがうっとりとつぶやきながら、アイにキスした。
ねちょねちょと舌を絡ませあっている二人は、レズカップルにみえる。
私はアイのおまんこからバイブを抜いて、ユイのおまんこに挿入した。
「はっ・・・あぅ・・・おまんこが・・・いっぱい・・・。」
アイがユイの巨乳に顔を埋めては、勃起した乳首をしゃぶっている。
二人のおまんこにバイブを挿入しては出し入れして抜き、あえがせ続けた。
レズのセックスにはおわりがないから、二人は何度もイって、声が枯れてくる。
「もう許して・・・。」
「へとへとだよぉ・・・。」
二人がギブアップしたので、私はバイブのスイッチを切った。
あまりに長時間使い続けたので、バイブが熱くなってしまっている。
二人はすっかりレズの悦びに目覚めて、私とのレズ関係を愉しむようになった。
大学を卒業したら、三人でルームシエアして、レズりまくるのもいいかもしれない。
私は女子大にきてよかったとしみじみと思った。


官能小説 指入れ女性器おまんこ中出しファックムービーを配信しているDXライブチャット

 
強制わいせつのぞきエロ小説

「や、やめてください!」
その声は夜の公園を通りかかっていた俺の足を止めた。
「いいじゃねえか。お高く留まってんなよ。」
声のする茂みをのぞいてみると、現場系の筋肉質でたくましい色黒のゴツい男性とほっそりとした知的で上品なスーツ姿の女性がもみ合っていた。
「いや!お願い!はなして!」
マッチョはムリヤリ彼女にキスをして、悲鳴をふさいだ。
「ふ・・・や・・・。」
ぐちゅぐちゅと乱暴に舌で彼女の口を犯していたマッチョは、しばらくして唇をはなした。
よだれが二人の唇の間を伝って、つうっとたれた。
彼女は顔を上気させて、はあはあと荒く息をしているだけで、何もいわなくなった。
マッチョは首にかけていた白く汗臭いタオルで、彼女を後ろ手に拘束した。
「逆らわなければ、気持ちよくなれるって。」
彼女は身をよじっているが、俺の目には本気の抵抗にはみえなかった。
マッチョのキスで彼女の体に火がついてしまったのだろうか。
マッチョは太くてゴツい指に似合わない繊細な動きで、彼女のシャツのボタンをていねいにはずした。
プロントホックのブラジャーをはずして、白くて大きなおっぱいを外気にさらして、手のひらでおおって撫でまわした。
「アンタ、着やせするんだな。でっかくてすべすべのおっぱいだ。」
マッチョは乳首を交互にちゅばっと吸い、しゃぶってない方の乳首は指でぐりぐりと愛撫した。
「ん・・・や・・・。」
乳首を責めながらも、スカートのホックをはずし、ファスナーを下ろし、スカートを器用に脱がした。
さらに、ぐいっとパンティストッキングとパンティをまとめて、足首のところまで引きずりおろす。
「へえ。ヘアは薄いね。舐めやすくていいよ。」
マッチョは力づくで彼女の足を開かせ、アソコを舌で舐めだした。
ちゅぷちゅぷと彼女のアソコからいやらしい音が響きはじめた。
「あ・・・ん・・・ふ・・・。」
「濡れやすくて感度のいいおまんこだな。」
じゅるっとあふれだした愛液をすすって、アソコに節くれだったゴツゴツした指をぐいっと押し込む。
「はあん・・・や・・・ん・・・。」
「すっげえ・・・キツくて・・・ひくひくしてる・・・早くちんぽ入れてぇ。」
ず・・・ず・・・と太い指をアソコに出し入れしながら、乳首をしゃぶり、あいている手でクリトリスを撫でている。
「ああ・・・んん・・・。」
彼女はもううっとりとしていて、抵抗するどころではないらしい。
マッチョは一本でも太い指を二本に増やし、性急にぐちゅぐちゅと出し入れを繰り返す。
「ふ・・・・ん・・・ああっ。」
「な、なあ、俺ので痛い思いをしないように、濡らしてくれないか?」
マッチョは彼女から手を離すと、ズボンとパンツをおろして、巨大で黒光りする大きなペニスを突き出した。
お腹につくくらいびいんと反り返ったペニスは、先っちょからよだれをたらしている。
彼女は呆然として、ゆっくりと首をふった。
「そ、そんなの・・・入らない・・・ムリ・・・。」
マッチョは後ろ手に拘束したままの彼女をヒザ立ちにして、唇にペニスを押し当てた。
「大丈夫だって。入れちまえば、たまんなくなるぜ。だから、しゃぶってくれよ。」
彼女はゆるゆると唇を開いた。
おずおずと開かれた彼女の口に飲み込まれていくマッチョのペニスは、彼女のアゴをはずすんじゃないかと思うくらい彼女の口をめいっぱい広げる。
なんとかペニスを咥えた彼女は、途中くらいまできたところで口から出し、ペニス全体を舌で舐めはじめた。
せっせとよだれをつけるように舐めて、濡らそうとしている。
「ん・・・気持ちいい・・・アンタのももっと広げないとな。」
マッチョは彼女を押し倒して、彼女のアソコに顔を埋め、自分のペニスを彼女の口の前においた。
舌で彼女のアソコをべろべろと舐めては、ずぼずぼと指を出し入れし、クリトリスをしゃぶったり、指でいじったりしては、愛液があふれたところでアソコに入れる指の本数を増やす。
彼女の方も少しでも痛みを減らしたいのか、亀頭をしゃぶったり、サオを舐めまわしたりして、巨根を濡らそうと努力している。
マッチョの太くゴツい指が三本入り、クリトリスを振動させるように小刻みに愛撫されると、彼女の体がのけぞった。
「んん・・・やだぁ・・・。」
「イったみたいだな。じゃ、そろそろ入れるか。」
マッチョは彼女をよつんばいにして、後ろからじりじりと巨根をつっこむ。
頭を下げて、お尻だけ突き出したいやらしい体勢で、足を開いて大きなペニスを受け入れている彼女は痛みを少しでも減らそうと無抵抗でじっとしている。
「キツいな・・・力抜けよ・・・。」
マッチョは入れかけた状態で、彼女に声をかけ、クリトリスに手を伸ばした。
「あっ・・・。」
急に敏感なクリトリスを指で刺激されて、彼女が顔をあげる。
「んん・・・う・・・。」
後ろから首筋や耳たぶを舐められたり、キスされたりして、彼女はアソコの力を抜いてしまう。
ずぶぶぶと大きなペニスが飲み込まれていき、ずっぷりと奥まで咥えこまれた。
「・・・入った。ひくひくしてんな。」
「ふ・・・ん・・・。」
マッチョは腰を動かさずに、後ろから彼女の豊満なおっぱいをわしづかみにして、もみしだいた。
乳首を指でつまんで、指をうごかすと、彼女があえぎ声をあげる。
「あん・・・やあん・・・。」
「すっげえしまる。アンタ、名器かも。」
マッチョが少しずつ腰を動かすと、彼女の嬌声は激しくなった。
「ああっ・・・すごい・・・太いの・・・奥にあたる・・・。」
「キツくて、喰いちぎられそうだ・・・。」
マッチョは眉をしかめながら、引き抜いては打ちつけ、引き抜いては打ちつける。
やがて、最奥で腰の動きを止めた。
「な、なんで・・・?・・・動いてよぉ・・・。」
彼女は止まってしまったマッチョを振り返り、泣きそうな声でねだる。
「アンタ、すごくイイからさ、コレっきりなのがもったいないんだよな。これからも付き合ってくれるか?」
イきそうなところで止められてしまった彼女に理性は残っていないようで、彼女はささやいた。
「つ、付き合うから、イかせてぇ・・・。」
「・・・忘れんなよ。」
マッチョは激しく腰を打ちつけ、すぐに彼女をイかせた。
その後、さらにピストン運動を繰り返し、もう一回彼女をイかせたあと、三回目の彼女の絶頂とともに、彼女の中に精子を吐き出した。


官能小説 指マンSEXムービーの女性器専門アダルトサイトの女体のしんぴエッチムービー
 
人気アダルトサイト

無料体験で抜けるエッチチャット

のぞきモードで盗撮みたいな気分で女の子の部屋を覗けるエッチサイトDXライブチャット

無修正オリジナルAVビデオ

官能小説 濡れまくりの人気おすすめ無修正動画のエッチムービー配信のアダルトサイト

女性器専門エッチ写真
淫語オナニーねた
ロリ系アダルト
セックス テクニック
エロビデオ
聖水フェチ動画
ハミ乳 画像
太ももフェチ画像
ホモ動画
エロ画像
RSS配信
Go To Top