GWM

Home arrow 官能小説 男

19 Aug 2017
おすすめHサイト

官能エッチムービー配信のエッチビデオ


妄想アダルト無修正動画を配信している妄想企画物エロサイト

メインメニュー
Home
妄想官能小説
官能小説 蕩蕩
バイブ 官能小説
女の子 官能小説
官能小説 クリ
官能小説 女
官能小説倶楽部
官能小説 電車
官能小説 動画
官能小説 画像
掲示板 官能小説
投稿官能小説
素人官能小説
官能小説 指
官能小説 濡れ
官能小説 男
官能小説 おばさん
官能小説 娘
官能小説 尻
萌 官能小説
セックス 官能小説
官能小説 胸
巨根 官能小説
サイトマップ
官能小説 男
変態マニアックムービー


大好きなサトル先輩に彼女がいないのは、サトル先輩が変態だかららしい。
一年前に別れたっていうモトカノの話がものすごくて、うちの大学ではサトル先輩に告白する女の子はいなくなった。
サトル先輩は色黒で、がっちりとしたスポーツマン。
面白いし、やさしいし、お金持ちだし、変態じゃなかったら、本当に完璧な人だ。
サトル先輩と付き合ったら、変態の彼女として、一気に有名になってしまう。
目立たなくて地味な私にとって、それはものすごく恥ずかしいことだったけど、サトル先輩が大好きだったので、思い切って告白した。
「俺が変態だって知ってて、告白するなんて、変わったコだねー。」
サトル先輩は面白そうに私をじっと観察した後、一週間お試し期間を設けようといってくれた。
嬉しさと不安で、いっぱいいっぱいになっている私をサトル先輩は一人暮らししているお部屋に連れて行ってくれた。
部屋に着くなり、サトル先輩は服を全部脱いで、すっぱだかになる。
ええっ!?
もうセックスするの?
大学生だから、セックスするのは当たり前だけど、付き合うのを決めてから、まだ一時間もたってないのに・・・。
サトル先輩はちんぽを丸出しにしたまま、私を振り返った。
「あ、気にしないで。俺、裸族だから、部屋ではいつも裸なんだ。」
サトル先輩は全く羞恥心を持ち合わせていないようで、リラックスしきった足取りで、キッチンに向かった。
好きな人と二人きりということと、その好きな人が全裸ということで、私は鼻血をふきそうなくらい興奮していた。
サトル先輩は股間のちんぽをぶらぶらさせながら、お茶を持ってきて、私に出してくれた。
「ところでさ、彼女になってくれるっていうことは、俺の変態趣味に付き合ってくれるってこと?」
先輩はわくわくした様子で、私にぐっと顔を近づける。
「えと、変態趣味の内容によりますが、付き合える範囲で・・・。」
「マジで!?」
よくわからないけど、サトル先輩のテンションは一気に上がったようだった。
少年のように目をきらきらさせながら、クローゼットからコスプレ衣装を取り出す。
「俺さー、コスプレしてもらって、エッチするのが好きなんよ。」
ナース服、チャイナドレス、セーラー服、体操服、スクール水着・・・次から次へとコスプレ衣装を並べて、
「どれにする?記念すべき初エッチだから、やっぱり体操服かなあ。」
サトル先輩の持っている体操着は、白い体操着の乳首のところが丸く切り抜かれていて、しかも、ブルマのおまんことアナルの上の部分がぱっくりと開いているものだった。
はっきりいって、裸よりもいやらしい・・・。
「あ、アイちゃんがまだセックスは早いって思うなら、今日しなくてもいいんだけどさ。やっぱり、体の相性も重要でしょ。」
いつの間にか、先輩のちんぽは勃起して、ぐーんと反りかえっていた。
私は覚悟を決めた。
変態だとわかっていて、付き合うっていったんだから、これくらいでひるむわけにはいかない。
「その体操服、貸してください。」
先輩はとっても嬉しそうで、
「ブラジャーとパンティは脱いで、素肌に直接着てね!ちゃんと洗濯してあるから。」
とはしゃいでいた。
私はバスルームの前の脱衣所で、いやらしい体操服に着替える。
足を閉じていると、ブルマにあいた穴っていうか、裂け目はわかんないけど、体操着から乳首が出ちゃうのはどうしようもない。
手で飛び出している乳首を隠しつつ、先輩のところに戻った。
「似合うよ!かわいい!あ、でも、せっかくだから、ツインテールにしようか。」
サトル先輩はいそいそとブラシとゴムを取り出して、私のセミロングの髪をツインテールに結わいた。
確かに、変態かもしれない・・・。
サトル先輩はコスプレしている私をデジカメで撮りたいとせがんできたけど、それだけはイヤと断った。
「エッチが終わったら、ちゃんとデータを消すから!アイちゃんが確認してもいいから・・・。」
拝み倒されて、結局、押し切られてしまった。
「隠してる手をおろしてー。」
乳首だけのぞいている体操着を着てるだけでも恥ずかしいのに、フラッシュをたかれると、ますます顔から火が出そうになる。
「今度は足を開いてみようねー。」
ベットに仰向けに寝そべって、M字開脚すると、ブルマにあいた大きな裂け目からおまんこもアナルも丸見えになる。
恥ずかしすぎて、涙がにじんでしまった。
「ごほうびをあげるよ。」
サトル先輩は体操着から出ている乳首に、洗濯ばさみをはさんだ。
痛い・・・痛いよぉ・・・。
「アイちゃんもけっこう変態の素質あるかもね。おまんこが濡れ濡れ。」
おまんこに指を入れられて、ぐちゅぐちゅと膣内を指でさぐられた後、先走りをたらしているちんぽを突き出された。
「子供ができたら結婚するけど、やっぱり、コンドームつけた方がいい?」
サトル先輩との結婚にも魅力を感じたけど、堅実派の私はコンドームをつけてくれるようにお願いした。
「前戯らしい前戯なしで悪いけど、もう入れちゃうよ。」
コンドームをつけたサトル先輩のちんぽが私の中に入ってきた。
「うう・・・ん。ああっ・・・キツくて・・・熱い・・・気持ちいいよ。」
サトル先輩は私よりも激しくあえぎながら、ピストン運動していた。
サトル先輩のあえぎ声で気が散ってしまって、私は上手くイけなかった。
デジカメのデータをこっそり消させてもらいながら、私はサトル先輩と付き合えるかどうか、自信がなくなってきていた。


官能小説 男立ちのオマンコ舐め舐めクンニしまくりオリジナル無修正動画を配信しているパコパコママ人妻オリジナル動画

 
レズSEX官能小説


よく行くサロンのセラピストに、レズっぽい感情を抱いてしまうようになったのは、彼氏いない暦が長くなりすぎたからかもしれない。
ボーイッシュでさわやかなアイさんの手でマッサージされると、エッチな気持ちになってしまって、あえぎそうになるのを必死でこらえる。
おっぱいの近くや足の付け根をすべらせるようにマッサージされるたびに、おまんこから愛液があふれてしまうのがわかる。
オイルマッサージだから、カーテンで仕切られた狭い空間にアイさんと二人きりだ。
私はパンティ一枚で、ベットに横たわっている。
カーテンごしに他の人の話し声や気配がするのも、私をひどく興奮させた。
股関節をストレッチするために、脚をかかえられて、ぐるぐると大きく回されるたびに、私のおまんこはくちゅっぬちゅって音を立てていて、アイさんに気づかれるんじゃないかとどきどきしていた。
「今日は乳がん予防のためのマッサージもしますか?」
アイさんがにこにこしながらきいてくるので、何の疑問ももたずに、
「お願いします。」
と答えてしまった。
オイルをたっぷりとつけた手が私のおっぱいをちょっと強くもみこむ。
たまに、手のひらや指が乳首をかすめると、あえぎ声がもれてしまいそうだ。
「特にしこりはないみたいですね。」
おっぱいをもみながら、アイさんが冷静な口調でいうけど、返事できる余裕はない。
今までセックスした男がおっぱいを愛撫したときにも、こんなに感じたことなかったのに。
「ユキナさん、すごく敏感ですよね。ちょっとレズっぽい気持ちになったりして。」
アイさんは照れたように笑いながら、冗談めかして私の耳元にささやいた。
ああ、このまま、レズプレイできたら、どんなに気持ちいいんだろう。
私はほうっとため息をついた。
「次は、おなかに移りますね。」
おなかをやさしくアイさんの手がなでている。
おっぱいをもまれて火がついた私の体は、おなかをさわられても、感じてしまう。
「だ、大丈夫ですか?顔が真っ赤ですよ。」
あえぎ声をこらえすぎて、真っ赤になった私の顔をみて、アイさんが手を止める。
「大丈夫・・・平気だから。」
アイさんの手で、太もも、すね、足の指の一本一本まで、ていねいにマッサージされて、私のおまんこはすっかりびちゃびちゃになった。
・・・私は夢心地で、少し眠ってしまったみたい。
気がついたら、アイさんの顔が私をのぞきこんでいた。
「お疲れだったんですね。」
バスタオルがかけられた体を起こすと、壁にかかった時計が20時になっていた。
「ごめんなさい!私ったら・・・。」
夕方までしか営業していないこのサロンは、とっくに閉店時間を過ぎていた。
「いいんですよ。ユキナさん、気持ちよさそうに眠ってたし。私、ヒマ人ですから。」
サロンの中は静まりかえっていて、私とアイさんの二人きりだった。
「失礼なことを伺いますけど、ユキナさんって、レズじゃないですよね?」
アイさんはためらいがちに、私にきいてきた。
「レズじゃないんですけど、なんかアイさんにさわられると気持ちよくて・・・。エッチな気分になっちゃうんです。」
「それはたぶん、私がわざとエッチなさわりかたしてるから、かな?」
アイさんはいたずらっぽく微笑むと、私にキスした。
驚いたけど、全然イヤじゃなくて、私はアイさんの舌に自分の舌を絡めた。
「いつも色っぽい表情するから、理性が飛んじゃいそうだった。」
ちゅっちゅっとキスをしながら、アイさんが甘くささやく。
バスタオルが落ちて、むき出しになったおっぱいをやさしく強く愛撫される。
きゅっと乳首をつままれて、私はくぐもったあえぎ声をあげた。
「ユキナさん、ホントに感度バツグン・・・。」
よだれがたっぷりあふれた口の中に乳首をしゃぶられて、私はアイさんの頭を抑えながら、あえぎ続けた。
「やんっ!ああっ!ふぅん・・・。」
「おっぱいはいつもみているけど、おまんこははじめてだよね。」
アイさんの手が私のはいていたパンティのおまんこの上の部分をやぶいた。
オイルマッサージ施術用の紙でできたパンティだから、すぐにやぶけて、おまんこが丸見えになってしまう。
「ふふ。すごくいやらしい光景だよ。ユキナさんのおまんこ、濡れてひくついてる。」
アイさんの指がワレメを上下になぞる。
愛液を拡げるように、クリトリスまでこすられて、私はイってしまいそうになった。
「こんなんでイったら、ダメだよ?」
アイさんがぴたりと指を止めてしまう。
つぷっと膣内に指を入れられて、ゆっくりと出し入れされる。
細い指が物足りないと感じた瞬間、指が二本に増やされた。
「おまんこの中、ひくひくしてるよ。」
アイさんの指先がくにくにと私のおまんこのいいところを突く。
私は体がびくんびくんとはねてしまうのをおさえられない。
もうちょっとでイきそうになると、アイさんの愛撫は止まってしまうので、私は泣きそうになってきた。
「お願い!もうイかせて!おかしくなっちゃう・・・。」
「私のものになるなら、たっぷりとイかせてあげるよ?」
アイさんは妖艶に微笑みながら、真剣な口調でいった。
「なる!なるからぁ・・・イかせて・・・。」
私のおまんこの中の指が激しく動いて、クリトリスを強く吸われた。
しびれるような快感が長く続いて、私はぐったりと脱力した。
レズのセックスが気持ちよすぎて、もう普通のセックスができそうにない。
私はアイさんとディープキスをしながら、自分が完全にレズになってしまったことを知った。


アクアリウムTV官能小説 男達の低価格アダルト無修正動画エロサイトの過激なセックス淫乱ムービー

 
フェラチオ幼妻・若妻セックス


私より20歳も若い妻は未成年のようなルックスで、私は影でロリコンと呼ばれるようになった。
政略見合い結婚の割に、大当たりの妻は、若くてかわいらしく従順で家事もきちんとこなす。
性的にも、私がはじめての男という今どきありえないウブさかげんだ。
そんなわけで、私は夜が待ちきれないほど楽しみだ。
今晩はついに、初フェラチオを教えてしまおうと思う。
二人でベットに入り、小さな明かりだけをつけたほの暗い部屋で、アイの下着をそっと脱がす。
すべすべのアイの肌は徐々に開発されつつあり、私の手がやさしくなでるだけで、びくびくと体を震わせる。
アイを生まれたままの姿にすると、私も下着をすべて脱ぎ捨て、すでに立ち上がったペニスをアイの前に突き出した。
はじめてまともに見る男性器に、アイは頬を染めて恥ずかしそうに目をそらす。
その手をとって、ペニスをつかませると、その指は恥ずかしさに震えていた。
「アイ、フェラチオを知っているかい?」
アイは無言で首を振る。
「私がアイのアソコを舌でぺろぺろと舐めたり、しゃぶったりするだろう?それをアイが私のペニスにすることをフェラチオというんだよ。」
アイのさらさらの髪を撫でながら、わざといやらしく表現する。
「・・・な、舐めればよろしいのですか?」
「とりあえずはね。」
アイはおそるおそる舌を出し、ちろちろと私のペニスを舐めた。
偶然にもカリ首のところを舐められた私は、気持ちよさと感動で震えた。
気持ちよさそうな私の様子に安心したのか、アイは次第に大胆にぺろぺろと私のペニスを舐めまわす。
なかなか筋がいい。
「特に気持ちいいのが、ここのカリのところと、裏筋のところだ。玉袋を舐められるのも気持ちがいい。」
指でさして説明すると、素直なアイは一心にカリの周りや裏筋、玉袋までせっせと舌をはわせる。
幼妻がグロテスクなペニスを夢中になって舐めている光景はかなり扇情的だ。
「あとは、歯を立てないように、ペニスを口に入れてしゃぶるんだ。」
「こんなに大きなものを?」
アイはちょっと驚いたようだったが、思い切ったように、ゆっくりと私のペニスをしゃぶりだした。
口いっぱいにほおばりながら、吐き戻さないようにがんばっている。
ペニスがアイの口の奥のほうまで入ったときには、はじめてセックスしたときのような満足感を味わった。
これで下の口に加えて、上の口も私がはじめて犯したことになる。
アイはまたゆっくりと口から私のペニスを出し始めた。
添えられた手の動きが私にさらなる快感をあたえた。
「あとは、しゃぶりながら、こうやって手でしごくんだ。」
私はオナニーするときの手の動きのように、軽く輪にした指でペニスを軽くしごいた。
アイは両手を輪にして、私のペニスに当てると、根元に向かってゆっくりとスライドさせながら、口に含んでいく。
無意識にうごめいている舌が私のペニスを刺激して、とてもはじめてのフェラチオとは思えないくらい気持ちがいい。
「すごくいいよ・・・アイはフェラチオの才能があるね・・・。」
ほめられて嬉しかったのか、アイは何度も繰り返し、口からペニスを出し入れし、指で私のサオをしごいた。
「うっ・・・アイ・・・もういいよ・・・出してしまいそうだ・・・。」
沸き起こる射精感に、あわててアイを静止したが、アイが口をはなさなかったので、アイの口内に射精してしまった。
射精の快楽からわれにかえり、あわててペニスをアイの口から抜いて謝った。
「大丈夫か?出していいんだよ?」
ティッシュを渡そうとした私の目の前で、私が口内に出した精液を飲んだアイはにこりと笑って、
「たまごの白身をうんと苦くしたようなお味ですね。」
といった。
それからというもの、アイのフェラチオの技術はどんどん向上していき、今では、一度、口で射精してからしばらく休憩してセックスしたり、フェラチオのみという夜もあるくらいまでに成長してしまった。
どうもアイはSの気質を隠し持っていたらしく、私をさんざんじらしてからイかせるのがたまらなく嬉しいようだ。
お尻の穴から玉袋、サオ、亀頭まで何度もぺろぺろと舐め上げたあげく、ゆっくりと口に含んで、口の中で舌を絡ませ、私がイきそうになってくると、口から出して、指で軽くペニス全体をなでる程度の刺激でやりすごす。
射精感がおさまってくると、また奥までしゃぶり、舌でカリや裏筋を愛撫しながら出し入れし、また快感が高まってきたところで、玉袋を指でころがすだけにする。
私が限界になるまでじらして、三度目か四度目の射精感を感じたところで、やっと、イけるまで、しゃぶって、手でしごいてくれる。
何度も我慢した後の射精は下半身がじーんとしびれるくらいに気持ちよく、脱力感もものすごい。
最近ではどこで調べてきたのか、前立腺マッサージをしたいとせがんでいる。
健康のためには年齢的にも必要だとわかっていながらも、驚異的なフェラチオのテクニックに加えて、前立腺まで刺激されたら、恐ろしいことになりそうなので、抵抗を続けている。


官能小説 男達のエッチな体験満載ハメ撮り素人動画の過激なセックスムービーを配信しているエロサイトのアジアンエンジェル

 
人気アダルトサイト

無料体験で抜けるエッチチャット

のぞきモードで盗撮みたいな気分で女の子の部屋を覗けるエッチサイトDXライブチャット

無修正オリジナルAVビデオ

官能小説 濡れまくりの人気おすすめ無修正動画のエッチムービー配信のアダルトサイト

女性器専門エッチ写真
淫語オナニーねた
ロリ系アダルト
セックス テクニック
エロビデオ
聖水フェチ動画
ハミ乳 画像
太ももフェチ画像
ホモ動画
エロ画像
RSS配信
Go To Top