GWM

Home arrow 官能小説 画像

16 Dec 2017
おすすめHサイト

官能エッチムービー配信のエッチビデオ


妄想アダルト無修正動画を配信している妄想企画物エロサイト

メインメニュー
Home
妄想官能小説
官能小説 蕩蕩
バイブ 官能小説
女の子 官能小説
官能小説 クリ
官能小説 女
官能小説倶楽部
官能小説 電車
官能小説 動画
官能小説 画像
掲示板 官能小説
投稿官能小説
素人官能小説
官能小説 指
官能小説 濡れ
官能小説 男
官能小説 おばさん
官能小説 娘
官能小説 尻
萌 官能小説
セックス 官能小説
官能小説 胸
巨根 官能小説
サイトマップ
官能小説 画像
痴漢電車の官能小説

大学に行く途中の電車で、痴漢におしりをさわられた。
痴漢の手は、さわるかさわらないかのタッチで、電車の揺れに合わせて動いている。
振り返って、痴漢の顔を睨もうとしたのに、後ろから抱きつかれて、身動きがとれなくなった。
痴漢の手で腰をがっちりと押さえられて、痴漢の右手が私の太ももをじりじりと上に上っていく。
スカートの中に手が入って、痴漢の指先がパンティにふれた。
パンティの上から、ワレメを何度も何度もこすられて、おまんこの形がはっきりわかってしまいそうになる。
パンティごしに、クリトリスをつままれた。
もどかしい刺激が私の体に火をつけてしまったみたいで、私はもう抵抗できなかった。
痴漢の手は私のパンティの中に入った。
愛液でぬるぬるになったクリトリスを物足りないくらいやさしくこすり続けられて、私はイってしまった。
電車の中で痴漢にイかされちゃった・・・。
痴漢の指は私のおまんこの中に入ってきた。
ああ・・・私・・・すごく濡れちゃってる・・・。
私が抵抗しないせいか、腰を支えていた痴漢の手も私のパンティに入ってきた。
左手でクリトリスをいじられながら、おまんこを指でこすられる。
声を出さないように唇を噛みながら、私は痴漢の指テクに翻弄されていた。
「ちょっとあなた、何してるんですか?」
目の前にいた知的なサラリーマンが私を痴漢していた男に注意してくれた。
なんで今更・・・痴漢に感じまくっていた私は、マジメそうなサラリーマンの親切が迷惑だった。
痴漢は私の耳元にささやいた。
「彼のちんぽ、さすってあげてよ。途中でやめてほしくないでしょ。」
私の手は私が考えるより早く、目の前のサラリーマンのちんぽをズボンの上からさすっていた。
「なっ!何を・・・。」
驚いてるくせに、逃げないサラリーマンのちんぽは勃起していて、私がさするたびに、さらに大きくなった。
「お兄さん、このコのおっぱい、揉んであげてよ。ちょうど手が足りなかったんだ。」
痴漢にそそのかされて、サラリーマンはおずおずと私のおっぱいをさわった。
私は気持ちよくて、びくんと体を震わせてしまう。
「なんだ・・・淫乱なコなんだね。」
サラリーマンは大胆になり、服の下に手を入れて、おっぱいを揉みまくっている。
私はサラリーマンのちんぽをさすりながら、イってしまいそうになった。
「おまんこが俺の指をキツくしめつけてる・・・イきそうなんだ。」
痴漢は私の耳をきゅっと噛んだ。
感じやすい耳を甘噛みされて、私は体を痙攣させながら、イった。
おまんこから指が抜かれていって、ちんぽがあてがわれた。
「入れるよ・・・。」
後ろからちんぽを入れられて、あえぎ声がこらえきれなくなった。
「はっ・・・くぅ・・・。」
「ああ・・・ちんぽ咥えこんでるんだね。」
サラリーマンの指が結合部を確認するようになでた。
そのままクリトリスをねちっこくいじられて、私はサラリーマンのちんぽをさする余裕がなくなってしまった。
「俺のちんぽも気持ちよくしてくれよ。」
サラリーマンは自分で勃起したちんぽを出すと、私の手に直ににぎらせた。
私がちんぽをしごく手を休めると、サラリーマンがクリトリスと乳首をいじる手も止まってしまう。
私は快感に流されそうになりながら、必死で手を動かし続けた。
「ふーっ。キツいおまんこだね。もうイきそうだよ。」
後ろで腰を振っていた痴漢が私のおまんこの中に中出しした。
ちんぽを抜かれると、おまんこから中出しされた精液があふれだして、太ももをつたう。
「ごちそうさま。」
性欲を満たした痴漢が私から離れていった。
サラリーマンが私を抱き寄せ、
「おまんこが空いたみたいだから、今度は俺が使わせてもらおうかな。」
片足を持ち上げられて、またちんぽを挿入された。
中出しされた精液をさらにおまんこに押し込むように、ちんぽがずこずこと動いている。
「痴漢に犯されて、悦ぶような淫乱なコとセックスするのははじめてだよ。よくしまるいいおまんこだね。」
サラリーマンのちんぽでおまんこの奥を何度も突かれて、私はイきそうになってきた。
また別の痴漢の手が私のおっぱいやおしりに伸びてきた。
「よかったじゃないか。俺の後にもたっぷりとかわいがってもらえるぞ。」
サラリーマンは私のおまんこに中出しすると、別の痴漢の手に私の体を預けた。
ちんぽをしまって、降りていくサラリーマンの代わりのちんぽがまた私のおまんこに埋め込まれる。
私は感じすぎてもうわけがわからなくなり、何もかもどうでもよくなってしまった。
痴漢のちんぽが私のおまんこを激しく犯す。
順番を待っている痴漢の手がおっぱいやクリトリスをいじっている。
私のおまんこに中出しした痴漢は、ちんぽをしまって、何事もなかったかのように私から離れていく。
もう何人のちんぽをおまんこに入れられたのかわからない。
中出しされた精液はとっくにあふれて、床を汚している。
ちんぽをしめつけて、また絶頂を迎えた私は、もう電車を降りたいとは思わなくなっていた。


官能小説 画像オリジナルAVビデオを配信している総合アダルトサイトのエロックスジャパンZ無修正エロサイト
 
3P中出し複数プレイ


タローが事務所に、えらく上玉の女を連れてきた。
はちきれんばかりの巨乳、両手でつかめそうなウエスト、すらりとした細くて長い足。
ちょっと子供っぽさの残った童顔は清純な処女って感じで、高く売れそうだ。
「アニキ、借金のカタに娘を連れてきました。」
系列の風俗店で働かせるのが惜しいくらいの逸品だ。
「お前、名前は?」
「・・・アイです。」
アイはかわいらしい童顔に似合わず気が強そうで、俺を睨みつけてくる。
俺はアイが目の前で泣き叫ぶところを見てみたくなった。
「まずは、3PでAV撮影でもするか。」
「やった!アニキと3Pなんて、久々ですね!」
3Pときいたタローが子供のようにはしゃいでいる。
俺は引き出しからハンディカムを取り出し、アイの全身を舐めるように撮影した。
「服を全部脱げ。」
俺が命令すると、アイはぎこちない動きで、ストリップをはじめる。
抜けるように白い肌は誰にも汚されていない雪のようで、シミひとつなかった。
童顔とはアンバランスな巨乳の上に、ピンク色の乳首がちょこんとのっており、薄い陰毛からおまんこが透けて見えている。
まだ成熟する前の瑞々しい体からは若さがあふれていた。
「撮影しろ。」
俺はタローにカメラを渡すと、両手でアイの巨乳をつかんだ。
おっぱいのもっちりとした手ごたえとキメの細かい肌の感触がとてもすばらしい。
勃起した乳首を舌でなぞりながら、俺はアイの顔を見上げた。
声を出すのをこらえるために、唇を強く噛んでいるアイの表情はうっすらと上気していて、この先が楽しみでわくわくしてくる。
「そこの机に仰向けに寝ろ。」
大きな机の上に横たわっても、アイの巨乳はこんもりと盛り上がっている。
カメラの前に両足を大きく開かせて、愛液でつやつやと光っているおまんこを撮影する。
「ずいぶん敏感だな。見かけによらず、淫乱か?」
指でワレメをなぞるだけで、ぬるぬるとした愛液がどんどんあふれてくる。
「クリトリスも大きいし、オナニーしてるだろ?」
クリトリスを軽くツメでひっかくようにしながら、俺はアイを言葉責めした。
「オナニーなんて・・・してません。」
ぬるぬるの膣口に指先を埋め込み、そのままゆっくりと奥まで挿入する。
途中、指先に抵抗を感じたから、やっぱり処女だったようだ。
「処女なのにレイプされるなんて、かわいそうになあ。しかも、3Pだし。」
少しずつ指を上下に動かしながら俺がいうと、
「こんなの別に、どうってことありませんから!」
指を入れるだけでも、痛みがあるはずなのに、まだ強がっている。
「ふーん。そうか。」
おまんこを指で拡げながら、クリトリスをこちょこちょとくすぐる。
「くっ・・・うっ・・・。」
おまんこが指をきゅうっとしめつけてきて、アイが感じているのがよくわかる。
俺はクリトリスを舌で舐めながら、アイの乳首を指で愛撫した。
「ああっ・・・くんっ・・・。」
あえぎ声を我慢しきれなくなったアイは、涙を浮かべながら、首を振った。
膣壁が俺の指を何度もしめつけては緩んだ。
「イったみたいだな。処女なのにイくなんて、感度バツグンじゃないか。」
俺はアイの体を起こさせて、勃起したちんぽを突き出した。
真珠入りのちんぽは、ぼこぼこと歪んでおり、グロテスクだ。
アイは俺のちんぽをみないように、目をそらした。
「よそみしてないで、フェラチオしろよ。そんくらいの知識はあんだろ?」
少女のような童顔を黒ずんだちんぽでぴたぴたとはたくと、アイは覚悟を決めたように俺のちんぽの根元を手でつかんだ。
涙をこらえながら、俺のちんぽをおずおずと舐めているアイの表情は、ぞくぞくするほど俺を興奮させ、俺はアイを手放すのが惜しくなってきた。
ぎこちなく拙いアイのフェラチオは俺をイかせるにはほど遠かったが、アイに自分のおかれている立場を十分に自覚させたようだ。
「よつんばいになって、ケツをこっちに向けろ。」
犯されるのがわかっているアイの表情は不安そうで、セックスに対する恐れが感じられる。
それでも、抵抗しても無意味だとわかっているアイは、従順に机の上でよつんばいになった。
「今度はタローのちんぽをフェラチオしろ。」
タローは嬉しそうに、カメラを持ったまま、ちんぽを出す。
フェラチオしている顔を撮影させながら、俺はアイのおまんこを指でかきまわした。
「意外とフェラチオ好きみたいだな。さっきよりおまんこがほぐれてるぜ。」
クリトリスを指でいじりながら、おまんこに人差し指と中指を挿入する。
「くぅん・・・はふ・・・。」
そろそろよさそうなので、俺はちんぽにコンドームをつけた。
妊娠させてしまったら、商品にはならない。
「仰向けになりな。俺が女にしてやるよ。」
タローはしぶしぶ、ちんぽを勃起させたまま、挿入を撮影するために俺の方に近づいてきた。
「力を抜け。」
俺は亀頭でワレメを何度もなぞり、アイの表情を窺った。
目をぎゅっと閉じて、俺のちんぽを受け入れようとしているアイはひどく緊張していて、心臓の鼓動がきこえてきそうだ。
クリトリスを指でいじって、アイの気をそらせながら、ゆっくりとちんぽを挿入した。
「ん・・・くっ・・・。」
アイの頬を涙が伝った。
破瓜の痛み、屈辱、羞恥・・・いずれにしても、俺に犯された記憶は一生残るだろう。
タローからカメラを受け取って、血がにじむ結合部をアップで撮影する。
俺が射精したら、今度はタローの番だ。
タローは若いだけあって絶倫だから、朝までハメまくりだろうな。
3Pでたっぷりとかわいがってやったら、アイはセックスの悦びに目覚めるかもしれない。
あえぎ声をあげはじめたアイの体を見下ろしつつ、俺はさらに腰を動きを早めた。


官能小説 画像の素人娘の淫乱ハメ撮りセックスムービーの素人の生ハメ中出しセックスムービー配信エッチな4610
 
メイドコスプレHな官能小説


彼女のアイと俺の部屋で二人きりになると、俺はいそいそとメイド服を取り出す。
「またそれ着るの?」
呆れたようにアイはいうが、にっこりと笑ってうなずくと、それ以上の文句はいわない。
アイのセミロングの黒髪に、紺色のメイド服がよく似合う。
本当にこんなメイドさんがいそうなくらい正統派のメイド姿だ。
白いエプロンと白いヘアキャップがますます萌える。
しかも、メガネつきだ。
アイは着替え終わると、狭いキッチンに立ち、紅茶を入れてきてくれた。
メイド姿で上品に紅茶を飲むアイは、ちょっぴり頬を染めて、俺の方をみた。
「何?」
じぃっとみつめていた俺はアイの後ろにぴったりくっついて座り、おっぱいを両手でわしづかんだ。
メイド服ごしに、やわらかなおっぱいの感触が手になじむ。
「ノーブラだね。」
「ん・・・。あなたがブラつけるなっていうからでしょ。」
アイは体をよじって、俺の手をかわそうとする。
「かわいいよ。」
首筋にちゅっちゅっとキスをして、メイド服を押し上げている乳首を指でつかんでぐりぐりと愛撫していると、アイはおとなしくなった。
「ねえ、もうガマンできないよ。」
わざと耳元に息を吹き込むようにささやくと、アイはぶるっと体を震わせた。
エプロンとスカートをまくり、白いパンティの上からアソコのワレメを指で強くなぞる。
「しめってるよ。」
パンティの湿り気はなぞられるたびに、広がっていき、アイの息も荒くなってきた。
パンティの脇から指を入れて、直接、アソコをいじる。
パンティごしにじらされていたアソコからは愛液がにじみ出ていて、指が動くたびにちゅぷちゅぷといういやらしい音をたてた。
アイは目を閉じて、俺によりかかっている。
「きこえる?えっちな音がするよ。」
「やだぁ・・・。」
耳元でささやくと、足を閉じて、俺の手をしめつけた。
「足、開かないと、気持ちよくできないよ?」
しめつけられながらも、メイド服の上から、乳首を指ではじき、アソコをなぞる指を小刻みに動かすと、アイがおずおずと足を開いた。
「イイコだね。」
窮屈な指の動きを自由にするため、パンティの脇から指を抜き、パンティを下ろした。
アイの足をM字に開いて支え、姿見の前に連れて行く。
「ほら。淫乱なメイドのアソコから、えっちなお汁が流れてるよ。」
鏡にはM字に足を開かれて、アソコを丸出しにしたメイド姿のアイの姿が映っている。
「いや。やだ。恥ずかしいよ・・・。」
アイは目を閉じて、イヤイヤをする。
「ご主人様って呼んで、ご奉仕してくれたら、止めるよ?」
耳元できくと、アイは目を閉じたまま、叫んだ。
「するよ!するから、おろしてぇ!」
俺はアイを下ろして、下半身裸になって、ベットに腰かけた。
「はい、どーぞ。」
「もう・・・。」
アイは涙目で俺をにらみ、俺の脚の間にひざまずいた。
俺のペニスの根元に両手を添え、ゆっくりと口に含む。
あたかかくてやわらかいアイの口内につつまれたペニスは気持ちよさに脈打った。
アイは口から出しながら、ペニスに巻きつけるように舌を絡ませる。
また口の奥に入れるときには、口の中で、カリや裏筋を舌でなぞった。
「気持ちいいよ。」
ヘアキャップをしたアイの頭をそっと撫でると、しゃぶりながらアイが上目づかいでこっちをみた。
メガネメイドのフェラチオはかなりクる。
アイは玉袋をやわらくもみながら、ちろちろと舌をペニス全体にはわせる。
蟻の門渡りを指先でそっとなぞり、ちゅぷっと亀頭を咥え、れろれろと舌で舐めまわす。
サオを両手でしごきながら、咥えられたまま、舌で亀頭を愛撫されると、かなりヤバイ感じだ。
「もういいよ。」
あわてて、アイを止めて、ベットに仰向けに寝かせた。
足を大きく開かせて、アイの細い手を自分のアソコに導いた。
「しゃぶりながら、濡れちゃったみたいだね。ほら、さわってごらん。」
アイは自分の指でアソコをさわり、あまりの濡れ具合におどろいたようだった。
そのまま、アイの指をアソコの中に入れさせ、俺の指も一緒に入れる。
「んん・・・あ・・・。」
ぐちゅぐちゅと指を出し入れすると、アイがあえぎはじめた。
クリトリスも指で刺激しながら、アソコに入れる指も増やす。
「ああ、もうぐちゅぐちゅになっちゃったね。」
「ああ・・・あっ・・・。」
アソコは指をしめつけて、物足りなそうにしている。
「ペニスを入れてほしかったら、ご主人様のペニスをお入れくださいっていって?」
指を動かしながら、気持ちよさそうなアイの顔を眺める。
清純そうなアイがメガネをかけたまま、髪を乱して、メイド姿であえいでいる姿は何度見ても興奮する。
アイは真っ赤な顔で俺をみて、
「ばかぁ・・・。」
と小声でいった。
指の動きを大きくしながら、
「いわないと、ずっとこのままだよ?」
というと、アイは横を向きながら、
「ご、ご主人様の・・・ペ・・・ニスをお入れ・・・ください・・・。」
と小声でいった。
「たっぷり入れてあげるよ。」
アイが最後の言葉をいうと、すぐに、硬くそそり立ったペニスをアイの中に突き刺した。
「あああ・・・・ん・・・。」
アイは衝撃に体をのけぞらせる。
奥まで入れたところで、涙ぐんでいるアイにキスをした。
舌を絡めているうちに、ちゅぶちゅぶと唾液がしたたりおち、ペニスを咥えこんでいるアソコも緩んできた。
キスをしたまま、ゆっくりとうごきだすと、ふさがれた唇からあえぎ声がもれはじめる。
「は・・・あ・・・ふ・・・。」
唇をはなして、アイのヒザの下に手を入れ、アイの足を肩に抱えあげた。
さらに奥までペニスを入れると、悲鳴のようなアイの嬌声があがる。
「ああ・・・あう・・・あん・・・。」
何度も何度もアイの最奥にペニスを打ちつけ、アイのアソコがぎゅうっとしまったところで、どぴゅっと精液を吐き出した。


ガールズ21プラス官能小説 画像がたくさんあるエッチなハメ撮りエロ画像が満載です。

 
人気アダルトサイト

無料体験で抜けるエッチチャット

のぞきモードで盗撮みたいな気分で女の子の部屋を覗けるエッチサイトDXライブチャット

無修正オリジナルAVビデオ

官能小説 濡れまくりの人気おすすめ無修正動画のエッチムービー配信のアダルトサイト

女性器専門エッチ写真
淫語オナニーねた
ロリ系アダルト
セックス テクニック
エロビデオ
聖水フェチ動画
ハミ乳 画像
太ももフェチ画像
ホモ動画
エロ画像
RSS配信
Go To Top