GWM

Home arrow 官能小説 胸

19 Aug 2017
おすすめHサイト

官能エッチムービー配信のエッチビデオ


妄想アダルト無修正動画を配信している妄想企画物エロサイト

メインメニュー
Home
妄想官能小説
官能小説 蕩蕩
バイブ 官能小説
女の子 官能小説
官能小説 クリ
官能小説 女
官能小説倶楽部
官能小説 電車
官能小説 動画
官能小説 画像
掲示板 官能小説
投稿官能小説
素人官能小説
官能小説 指
官能小説 濡れ
官能小説 男
官能小説 おばさん
官能小説 娘
官能小説 尻
萌 官能小説
セックス 官能小説
官能小説 胸
巨根 官能小説
サイトマップ
官能小説 胸
顔射ザーメン発射しまくり

職場の上司と不倫していた私は、サトルが奥さんと別れてくれるというのをバカみたいに信じきっていた。
奥さんとは上手くいってないとか、いずれ別れるっていうのは、不倫する男の常套句だっていうのに、ハタチそこそこで、男性経験がほとんどなかったウブな私は、真に受けてしまったのだった。
OLとして昼間も一生懸命働きながら、サービス残業して、帰りにサトルとデートする。
ラブホテルからの帰り道、早く一緒に朝を迎えたいとか、日曜も二人でいたいってよく考えてた。
サトルにとっては、新人OLとの軽い遊びに過ぎなかったのに。
はじめは優しかったサトルは、私に飽きてくると、嫌がらせじみた行動をとるようになった。
セックスも乱暴で、自己中な感じに変わった。
今まではボディソープをつかわずにシャワーを浴びてから、セックスしてたのに、めんどくさいって浴びてくれない。
蒸れてニオイのキツいちんぽをフェラチオさせたり、時にはイマラチオになることもあった。
口内発射は当たり前だったけど、それよりも、顔射されるのがイヤだった。
顔射されると、なんだか自分が性欲解消のためのモノになったような気がして悲しくなった。
前だったら、ていねいにクンニしてくれて、指と舌でイかせてくれてから挿入だったのに、今ではもう、ろくな前戯もしてくれない。
あくまでも、サトルの性欲を満たすために私達はセックスしてるんだなって空しくなった。
それでも、私はサトルのことが嫌いになれずに、自分から別れたいっていえないでいた。
そんなある日、社内のパソコンを管理している男性社員に呼び出されて、衝撃的な映像をみせられた。
その男性社員は、社内のパソコンの私的使用や機密漏えいがないかどうかを定期的にチェックしていたらしい。
「これ、君だよね?」
パソコンの画面に映っていたのは、サトルのちんぽをフェラチオして、顔射されている私の映像だった。
モザイクもなく、私の顔がモロバレ・・・。
私の顔からぽたりぽたりと、顔射された精液が落ちるところまではっきりと映っていた。
「部長のパソコンの中に入ってて、しかも、ウィニー使ってんだよね。」
「とりあえず、パソコンに保存してあった君らしき映像は全部削除しておいたけど・・・。」
「携帯で撮った動画みたいだから、そっちも何とかした方がいいと思うよ。余計なお世話だけど。」
オタクっぽい外見の男性社員は、私と目を合わせないようにして、事務的に説明してくれる。
最近、服を最低限しか脱がないなって思ってたけど、まさか撮られてたなんて思わなかった。
こんなAVまがいの映像が流出してたらと思うと寒気がする。
「あ、削除するためにちらっと確認しただけで、ちゃんとみてはいないから!」
無言でうつむいたままの私の態度を誤解して、男性社員はあわてていった。
「でも、ちょっとはみたんですよね・・・。」
私がにじりよると、男性社員はおびえたように体を引いた。
「口止め、しなくちゃ。」
男性社員に抱きついて、私からディープキスをした。
硬直した男性社員の体からゆっくりと力が抜けて、体に手が回される。
私の口の中にも彼の舌が入ってきた。
こんな濃厚なキス、いつ以来だろう・・・。
たっぷりと唾液を交換し合って、気分が盛り上がったところで、唇がはなれた。
よだれがつうっと二人の唇の間からたれる。
「こんなことしなくても、誰にもいわないのに。」
私はふうっとため息をついた男性社員にしがみついて、
「お願いだから、イヤじゃなかったら、私を抱いて・・・。」
ってささやいた。
好きだった人に裏切られたショックで、どうにかなってしまいそうだったから。
「なんかこういう状況で抱くのは、卑怯な気がするけど・・・。」
男性社員は私をひざにまたがらせて、シャツのボタンをはずし、ブラジャーをずらした。
私の顔を観察しながら、じれったいくらい優しく、乳首を舐める。
「ん・・・んぅ・・・。」
昼休みは残り少なくて、私はあせった。
「ね、もう入れて?」
パンティだけを脱いで、いすの上で抱き合った体勢のまま、男性社員のちんぽを入れてもらった。
サトルのより、硬くて大きなちんぽは、何度も何度も私のいいところを責めた。
「あっ・・・やだ・・・大きい・・・。」
「まだあのクソ部長と付き合うつもり?」
ちんぽを動かすのをやめた男性社員は、私の顔をじっとみながら、マジメな口調できいた。
おまんこがちんぽの動きを恋しがって、ぴくぴくしちゃってる。
「脅しとかじゃないんだけど、あんなヤツと別れて、俺と付き合えよ。」
ぎゅうっと強く抱きしめられて、私は思わず、泣いてしまった。
硬く張りつめたちんぽが私のおまんこをがんがん突いている。
ぎしぎしといすが鳴る音がうるさくて、すごくいやらしかった。
・・・私はサトルの携帯を水没させて、完全に破壊した。
今では彼氏になった男性社員は、それほど重要じゃないデータをわざと流出させて、サトルを依願退職に追い込んだ。
男を見る目ってホント大事だよね。
サトルみたいな男と一時でも付き合ってたのが恥ずかしくなってしまう。
でも、仕事ができて、心が広くて、やさしくて、エッチが上手な今の彼と付き合えたのも、サトルのおかげなのかな。


問答無用の官能小説 胸おっぱいモミモミ柔らかいマシュマロオッパイが満載です。
 
初体験 中出しセックス官能小説

脱童貞を中出しで、しかも、年上のお姉さまに手取り足取りという夢のような幸運に恵まれたのは、俺が高校生のときだった。
俺の窓からは隣の女子大生のお姉さんの部屋が丸見えで、それまでもよくオカズにさせていただいていたのだが、ある日、それに気がついたお姉さんが俺を手招きしたのだ。
しっぽをふる犬のようにいそいそとお姉さんの部屋に行くと、お姉さんはブラジャーにパンティ姿で俺を迎えてくれた。
「もしかして、いつも私を覗いて、オナニーしてたの?」
お姉さんは俺に擦り寄りながら、すでに痛いほど勃起していた俺のちんぽをショートパンツごしに、すりすりと指でなでる。
「悪い子はおしおきしなくちゃね。」
俺は服を脱がされて、お姉さんのベットに腰かけさせられた。
お姉さんは下着姿のまま、俺の脚の間に座り、先走りがだらだらと出ている俺のちんぽをぺろりと舌で舐めた。
その瞬間、カラダに衝撃が走って、思わず、射精してしてしまうところだった。
いきなり、ひと舐めで顔射なんてしたら、さすがにたたき出されてしまう。
ぐっとこらえていると、お姉さんの唇がちゅ・・・ちゅ・・・とちんぽのいたるところにキスしてくれる。
お姉さんの両手がちんぽの根元に添えられ、亀頭の先端から、根元まで、ゆっくりと口の中に含まれた。
あたたかくてやわらかい口の中は、信じられないくらい気持ちよくて、自分の顔がだらしなくゆるんでしまっているのがよくわかる。
射精しないように、がんばって耐えていると、またゆっくりと亀頭にむかって唇が移動していく。
自分でしこしここすっていたのなんて比較にならないほどの快楽に、脳がとけそうだった。
「うふふ。かわいいー。」
お姉さんはにこにこしながら、ちんぽをぺろぺろと舌で舐めてくれる。
両手でちんぽをおおって、ゆっくりとスライドされたときには、イってしまうかと思うくらいの気持ちよさだった。
口の中に含んで上下に出し入れしながら、輪の形にした指でしごかれると、すぐに射精感が突き上げてきて、我慢できなくなった。
「ダメ・・・もう出ちゃいます・・・。」
もう出る・・・と思った瞬間、お姉さんの動きが止まってしまった。
お腹につきそうに反り返った俺のちんぽは先走りとお姉さんの唾液で濡れて光ったまま、ひくひくとしている。
はあ・・・はあ・・・と荒い息をついていると、お姉さんが立ち上がった。
「ねえ、おっぱいさわったことある?」
太ももに手をあてて中腰になり、俺の顔を面白そうに覗きこむお姉さんを押し倒したい衝動をぐっとこらえて、
「ありません・・・。」
と低い声で答えると、お姉さんはブラジャーをはずして、おっぱいを俺の前にさらけだした。
乳首はぴんぴんに立っていて、俺のちんぽをしゃぶっていたお姉さんも興奮していたというのがわかる。
お姉さんは俺の隣に座り、俺の手をとって、おっぱいに触らせた。
俺は遠慮がちに、両手でおっぱいをつつみ、そっと力を入れた。
思ったよりも弾力があって、思ったよりもすべすべしている。
乳首をつまんでみると、男の乳首とは違って、しっとりとして、ぐにぐにとした確かな手ごたえがあった。
「んん・・・。ねえ・・おまんこはみたことある?」
顔を上気させたお姉さんは目を潤ませて、そんなことをきいてくる。
「みたことありません・・・。」
と答えると、お姉さんはパンティに手をかけて、一気に下ろした。
お姉さんはベットの上で、M字に足を開脚して、俺におまんこを見せてくれた。
黒いつややかなヘアの下に、赤い貝のようなおまんこがひくひくとうごめいていて、透明な汁があふれてきている。
「すごい・・・。」
思わず、指を伸ばして、ちょんとふれてしまった。
「あん!」
びくんとカラダを震わせたので謝ると、指を舐められ、膣の中にゆっくりと入れられた。
狭くて熱い膣壁を指がおしわけていき、これがちんぽだったらどれだけ気持ちがいいのかとうっとりした。
「ゆっくり出し入れして・・・。」
いわれたとおりにゆっくり指を動かすと、お姉さんは気持ちよさそうに目を閉じて、あえぎだした。
「はあ・・・すごくいい・・・。ねえ、指を増やして・・・。」
いわれたとおりに指を増やしていくと、ぐちゅぐちゅと愛液の音がし始め、あえぎ声も大きくなった。
「あなたの指、気持ちいい・・・ねえ、もっと・・・。」
狭いおまんこの中に、指が三本も入ると、ぎちぎちという感じで動かしづらかったが、ゆっくりと出し入れしているうちに、おまんこがゆるんでスムーズになってくる。
おまんこの中の具合やひくつきを指先で楽しんでいると、お姉さんが、
「あなたのちんぽ・・・入れて?」
といって、俺の立ちっぱなしだったちんぽに指をからませた。
お姉さんの指に導かれるままに、膣口に亀頭をあてがい、ゆっくりと中に押し込む。
濡れて指で広げられていたおまんこは案外カンタンに俺のちんぽを飲み込んだ。
亀頭の部分がおまんこにつつみこまれただけで、あごがあきっぱなしになるくらい気持ちがよく、射精しないように我慢しながらぐっと奥までちんぽを進めていく。
「すごい・・・大きい・・・硬い・・・。」
お姉さんは自分のおまんこが飲み込んでいく俺のちんぽをうっとりとみつめている。
全部、入った瞬間、おまんこがきゅっとしまり、その衝撃で射精してしまった。
電流が流れたのかと思うくらいに気持ちがよくて、出し終わった後、はっとわれにかえって謝ると、
「ぬいちゃダメ・・・。」
と抱きしめられて、おまんこの中にちんぽを入れたまま、ハダカで抱き合った。
お姉さんのおまんこの中はひくひくとうごめき、あっというまに俺のちんぽは復活した。
今度は割と長持ちしたので、お姉さんがひんひんいってイくまで、じっくりと出し入れして、最奥で再び射精した。
まだ硬さを失っていないちんぽをおまんこから抜くと、白い精液があふれだした。


一本道オリジナルAVサイトで官能小説 胸チラ萌えでムラムラきてレイプファックをする企画物アダルトサイト
 
人気アダルトサイト

無料体験で抜けるエッチチャット

のぞきモードで盗撮みたいな気分で女の子の部屋を覗けるエッチサイトDXライブチャット

無修正オリジナルAVビデオ

官能小説 濡れまくりの人気おすすめ無修正動画のエッチムービー配信のアダルトサイト

女性器専門エッチ写真
淫語オナニーねた
ロリ系アダルト
セックス テクニック
エロビデオ
聖水フェチ動画
ハミ乳 画像
太ももフェチ画像
ホモ動画
エロ画像
RSS配信
Go To Top