GWM

Home arrow 官能小説 電車

22 Oct 2017
おすすめHサイト

官能エッチムービー配信のエッチビデオ


妄想アダルト無修正動画を配信している妄想企画物エロサイト

メインメニュー
Home
妄想官能小説
官能小説 蕩蕩
バイブ 官能小説
女の子 官能小説
官能小説 クリ
官能小説 女
官能小説倶楽部
官能小説 電車
官能小説 動画
官能小説 画像
掲示板 官能小説
投稿官能小説
素人官能小説
官能小説 指
官能小説 濡れ
官能小説 男
官能小説 おばさん
官能小説 娘
官能小説 尻
萌 官能小説
セックス 官能小説
官能小説 胸
巨根 官能小説
サイトマップ
官能小説 電車
手コキおチンポ女性のご奉仕プレイ

えーと、俺の一番気持ちよかった体験は、入院していたときに、看護婦さんに手コキで抜いてもらったことです。
いや、そんな、夜中に男性患者の個室に忍び込んで、夜這いをかけるような淫乱看護婦さんじゃないですよ!
やさしくて、かわいくて、俺と変わらないくらい若い看護婦さんで、みんなからアイちゃんって呼ばれて、慕われてました。
俺、足を折ってたから、あんまり動けなくて、同じ部屋に他の患者さんもいるから、オナニーもままならなくて、たまってたんですよね。
で、アイちゃんに股間をきれいにしてもらってるときに、ちんぽがびんびんに勃起しちゃって、恥ずかしいし、悪いからなんとかしようとするんですけど、なんか逆に興奮しちゃって・・・。
や、笑いますけど、股間をきれいにされるのって、めっちゃ気持ちいいんですよ?
先輩たちも絶対、勃起しますって。
たまってる状態でやられたら、相手が熟女でも勃起しますね!
それでですね、アイちゃんは気まずそうに笑って、顔を赤くしてて、その表情がまた萌えで、勃起がおさまらなくて。
俺の股間をきれいにしてくれた後、アイちゃんが俺にしかきこえないような小声で、
「手コキするから、イってください・・・。」
ってささやいたんです。
コスプレじゃないマジナースの手コキなんて、ありえないでしょ?
しかも、若くてめっちゃかわいいコなんですよ。
もちろん、そんな上手な手コキじゃなかったけど、カーテンで仕切られたすぐ側に他人がいるっていうのと、アイちゃんが手コキしてくれてるっていう興奮で、マッハでイけました。
オナニー以外では自分史上最速の速さでしたね。
手のひらに射精されても、にっこり微笑んでくれるアイちゃんはまさに白衣の天使でした。
「手コキしたのサトルさんだけだから、ナイショね!」
っていわれて、もしかして、アイちゃんって俺のこと好き?とか勘違いしたりして。
ええ、退院前に告白して、ばっさりとフラれました。
それから、イメクラとかナース服で手コキしてくれる風俗をあちこちまわってみたんですけど、あの時、手コキしてもらった以上の快感と興奮は得られないんですよね・・・。
それで、・・・これいったら、引かれると思うんですけど、俺、わざと足、折ったんです。
で、またアイちゃんのいる病院に入院して、アイちゃんの看護を受けて、アイちゃんが手コキしてくれるのをずっと心待ちにしてたんです。
でも、俺の担当ナースはキツい感じの看護婦さんで、アイちゃんじゃなかった・・・。
美人なんだけど、頭よさそうで口調とかも冷たい俺の担当ナースは、俺が勃起してても、眉ひとつ動かさないで、作業をするんです。
なんか羞恥プレイって思うくらいみじめなんですよね。
それでも、毎回、俺のちんぽは勃起しちゃうし。
股間をきれいにしてもらう前に、トイレでオナニーしても勃起するから、もう諦めて、目を閉じているようにしてました。
目を閉じると逆に感覚が敏感になって、ちんぽを拭かれたり、ちょっと手でさわられるだけで、すごく感じてしまうんです。
やっぱり俺って、変態なんですかね。
カーテンごしに他の患者さんがいるし、看護婦さんにも感じてるなんて、バレちゃダメだって思うほど、気持ちいいんですよ。
声が出ないように唇を噛んでいる俺の顔をみたら、俺が感じてるってバレバレだったと思うんですけど、まるで無視されて。
あと一週間くらいで退院っていわれてからは、もうアイちゃんに手コキしてもらうのは、諦めてました。
だって、アイちゃんに股間きれいにしてほしいとかいったら、下心みえみえだし、いいっていわれるわけないでしょ。
その日も無表情美人ナースが俺の下着を脱がせました。
俺は目を閉じて、脱力します。
生暖かいお湯をかけられて、ボディソープ的なもので洗われて・・・、あ、看護婦さんは手袋してるんです。
皮を下に引っぱられて、むき出しになった亀頭もていねいにきれいにしてもらって、俺はまた気持ちよくなってきて、声が出そうなのを我慢しました。
「ふふ・・・。」
無表情美人ナースの含み笑いがきこえて、俺のちんぽを洗っている手の動きが明らかに手コキになったんです。
びっくりして、目を開いて、俺のちんぽをしごいているナースの顔をみたんですけど、いつもと全然変わらない無表情で、手だけ機械的に俺のちんぽを手コキしてて・・・。
混乱しながらも、だんだん気持ちよくなっていって、ぶしゅって射精しちゃったんです。
なにごともなかったみたいに、ボディソープの泡と一緒に俺の精液もお湯で流されて、タオルで拭かれて、下に敷いていたビニールシートも回収されて。
後にはボーゼンとした俺だけが残ったわけです。
それから退院するまで、毎日、手コキされました。
そんな機械的に手コキでイかせてくれるんなら、最初から手コキしてくれたらよかったのにっていうくらい、それ以外の態度に変化はないんです。
ボディソープの泡を使って、さくっと手コキで俺をイかせて、お湯で精液を流して、おわり。
風俗よりあっさりですよ。
でも、だんだん、その機械的な手コキがたまらなくなってきたんです。
退院するのがもったいなくて、でも、告白なんてする勇気もなくて。
俺、ホント、マジでヤバいですよね。
また足の骨が折れてくれないかなーって、思っちゃうんです。


Xgallery官能小説 電車痴漢セックスムービーを配信しているエッチなアダルト無修正エロサイト
 
痴漢セックス動画


金曜の夜、車で友達の家に向かっていた俺は、OL風の美人が一人で歩いているのを発見した。
とりあえず、ナンパしてみる。
「お姉さん、俺と遊ばない?」
OL風のメガネ美人は、俺の顔と車をみると、興味を示した。
イケメンの上に、高級車に乗ってる俺のナンパ成功率は80%くらいだ。
助手席に乗ったアイと一緒に、友達の家に着いた。
「おお、サトル!今日は美人連れだな。」
トオルはアイの全身を舐めるようにみながら、俺たちを歓迎してくれた。
トオルはデブでブサイクだが、いろいろと使えるヤツだ。
アイは自分を視姦しているトオルを睨むと、俺の腕に手をかけた。
俺と二人っきりになれるどこか違うところに行きたいのだろうが、今日の俺は3Pしたい気分なので、アイが口を開く前に、抱きしめてディープキスした。
トオルの前でのキスがいやなのか、アイはちょっと抵抗したが、舌で口内を舐めまくっているうちにおとなしくなり、体から力が抜ける。
脱力したアイを抱きかかえて、トオルのベットに寝かせた。
俺がアイの両手を押さえつけてキスしているうちに、トオルがアイの服を脱がせていく。
「ちょうどイイモノがあったんだよー。」
トオルは嬉しそうにいいながら、アイの乳首とおまんこに薄いピンクのジェルを塗った。
「んんっ!」
すぐにアイが甘い声をあげる。
「即効性で強力な誘淫剤入りのジェル・・・もうヤりたくてたまんないはずだよ。」
アイは顔を上気させて、目を潤ませ、両足をこすり合わせるようにもじもじしている。
「アイちゃん、かわいくおねだりできたら、気持ちよくしてあげるよ。」
トオルが服を脱ぎながら、アイに声をかけた。
「誰が・・・アンタになんか・・・。」
「俺、気が強い女が堕ちてくのって、大好きなんだよねー。」
トオルはアイの両手に手枷をつけて、ベットの上の柵に固定した。
「サトル、おまんこ、ちょっとだけ指でさわってみて。」
アイのおまんこのワレメを指でつうっとさわってみると、アイが嬌声をあげて体をのけぞらせた。
「ああんっ!」
「すっげえ濡れてる・・・。」
ベットまで濡らす勢いで、アイのおまんこからは愛液がたれている。
「もうさあ、我慢できないくらい体がうずいてるだろ?」
トオルはアイの表情を観察しながら、両手できつくアイの乳首をつまんだ。
「あぅん!」
アイはもう自分で脚を開いて、おまんこを丸見えにしている。
「今、おねだりできないと、このまま、ずっと放置するよ?」
冷たい声でトオルがいうと、アイは恐怖の表情を浮かべて、
「お願いします・・・私を気持ちよくしてください・・・。」
トオルはにやにやしながら、俺にバイブとローターを渡した。
バイブをおまんこに入れると、スムーズに奥まで呑みこまれていく。
「ああっ・・・はあっ・・・うう・・・。」
「気持ちいいだろう?おまんこがどうなってるか、いってごらん。」
トオルはアイの髪をやさしくなでながら、片手で乳首をこねている。
「はんっ!おまんこに太いバイブが入ってきて、おまんこの中がひくひくしてます・・・。」
俺はバイブのスイッチを入れた。
「ひぃんっ!バイブが・・・おまんこの中で振動しながら、うねってますぅっ!」
バイブをゆっくりと出し入れすると、アイのあえぎは悲鳴のようになった。
「ああっ!バイブがぐちゅぐちゅって、おまんこをかきまわしていて・・・イイですっ・・・もっと・・・もっとぉ・・・。」
バイブを奥につっこんだところで、俺はバイブを動かすのをやめた。
「もっと気持ちよくなりたかったら、俺のちんぽをしゃぶりなさい。」
トオルのちんぽはここからでもわかるくらい臭いニオイを発している。
アイは従順に口をあけて、トオルのちんぽをしゃぶった。
「イイコだ。もっと舌を使って・・・そうそう・・・。」
俺はアイのクリトリスにローターをあてて刺激しながら、アナルにもジェルを塗った。
ひくひくとアナルが収縮して、俺の指を誘い込む。
アナルの中に小さなローターを埋め込んで、スイッチを入れた。
アイは体を震わせて、
「イく・・・イっちゃいますっ!」
と叫んだ。
「断りなくイくなんていけないコだね。おしおきしなくちゃ。」
トオルはアイのアナルからローターを抜くと、慣らしもしないで、アイのアナルにちんぽを挿入した。
「ぎひぃぃぃっ!」
口からよだれをたらして、アイが悲鳴をあげる。
「ああ、アナルが切れちゃったね。でも、気持ちいいんだろ?」
淫らなアイの表情に、俺もヤりたくなり、アイのおまんこにちんぽを挿入した。
3Pならでは、ニ穴プレイだ。
「おまんことアナルにちんぽ咥えられて、嬉しいだろう?」
「嬉しい・・・です・・・ああっ・・・あぅんっ!」
アイは後ろからトオルにアナルを犯され、俺にしがみつきながら、あえぎ続ける。
「おまんこ、すごいしまるな・・・。」
「アナルもバージンらしくて、キツキツだ。」
俺達もだんだん、射精したくなってきた。
「アナルとおまんこに中出しされたい?それとも、おしりとおまんこにぶっかけてやろうか?」
トオルがアイの耳元でささやくと、アイはうっとりとした表情で、
「中出ししてください・・・アイのおまんことアナルに濃い精液たくさんちょうだい・・・。」
アイの望みどおり、俺とトオルはおまんことアナルに思いっきり中出しした。
アイはびくんびくんと痙攣しながら、失神した。
3Pはまだまだはじまったばかりだ。
俺はさらに腰を振り続けた。


女性会員が多いアダルトサイトのカリビアンコム官能小説 電車痴漢プレイで女性器おまんこ濡れ濡れ愛液垂れ流しムービー
 
美少女オナニー官能小説

「アイちゃんは、オナニーって知ってる?」
一緒にお留守番していたシンゴお兄ちゃんにきかれて、あたしは首をかしげた。
「おなにーってなあに?」
ききかえすと、シンゴお兄ちゃんはなんだかとっても嬉しそうな顔をした。
「すごーく気持ちのいいことだよ。でも、ふたりだけの秘密にしなくちゃダメなんだ。」
あたしは気持ちがいいってことよりも、シンゴお兄ちゃんとのふたりだけの秘密っていう方にワクワクした。
「ちゃんと内緒にするから、アイに教えて!」
シンゴお兄ちゃんは、あたしの服をていねいに脱がせた。
シンゴお兄ちゃんのことは大好きだけど、裸になるのは恥ずかしい。
あたしは思わず、パンツをおろそうとするシンゴお兄ちゃんの手をおさえてしまった。
「イヤ?」
シンゴお兄ちゃんに、顔をのぞきこむようにしてきかれると、あたしは真っ赤になってしまった。
「・・・恥ずかしいの・・・。」
シンゴお兄ちゃんはちゅっとキスしてくれた。
キスはこの間のお留守番のときに教わった。
唇がやわらかくて、気持ちいい。
「かわいいよ。」
あたしのパンツはおろされて、足首から抜かれた。
シンゴお兄ちゃんは裸になったあたしに、ベットに腰かけるようにいった。
「足、開くよ。」
シンゴお兄ちゃんは、あたしの足の間に座り、ヒザの内側に手を入れて、やさしく開いた。
「アイちゃんは、自分のココ、みたことある?」
シンゴお兄ちゃんの指があたしのアソコをそっとなでた。
「ん・・・ない・・・。」
ちょっと気持ちよくて、目をつぶってしまった。
シンゴお兄ちゃんは、あたしを後ろから抱きかかえて、大きな手鏡をとりだした。
「ほら、みてごらん。」
あたしの足の間の手鏡には、なんだか貝みたいなひだひだのついた濃いピンクのものが映っていた。
「アイちゃんのアソコ、キレイでかわいいよね。」
シンゴお兄ちゃんはあたしのアソコのひだひだに指をあてて、そっと開いた。
ひだひだの奥に小さな穴がみえた。
「ここのボタンみたいなのをクリトリスっていうんだ。」
シンゴお兄ちゃんは人差し指で、ひだひだの上の方にあるちいさな粒をさわった。
そのまま、くりくりとうごかされると、じんわりとした気持ちよさが広がった。
「ん・・・なんかヘンな感じ。」
「自分でさわってごらん。」
いわれたとおり、自分でクリトリスをさわってみたけど、シンゴお兄ちゃんにさわられたときほど、気持ちよくなかった。
「気持ちよくなる触り方があると思うよ。」
シンゴお兄ちゃんが耳元でささやくと、くすぐったくて、ぞくぞくする。
ぐにぐにするやわらかいクリトリスをいじっているうちに、やさしく小刻みに動かすのが一番気持ちがいいとわかった。
「気持ちよくなってきた・・・。」
「じゃあ、続けてみて。」
指でクリトリスをこちょこちょと小刻みにくすぐっていると、快感がだんだん大きくなってきて、すごく気持ちよくなった。
「すごく・・・気持ちいい・・・。」
気持ちよさはピークをすぎると、じょじょにおさまっていく。
ふうっと息を吐くと、シンゴお兄ちゃんが後ろからぎゅうっと抱きしめてくれた。
「イっちゃったんだね。」
「これがオナニー?すっごく気持ちよくなるのをイくっていうの?」
「そうだよ。他にもやり方はあるけどね。」
「みんなやってるの?」
「やってるけど、人にいったり、みられたりするのは恥ずかしいことだから、内緒なんだよ。」
シンゴお兄ちゃんは、あたしをベットに寝かせると、足をぐいっと開かせた。
「アソコをキレイにしてあげるね。」
シンゴお兄ちゃんの舌があたしのワレメをなぞると、さっきのオナニーなんか比べ物にならないくらい気持ちよくて、ヘンな声がでちゃった。
「あっ・・・ああ・・・あん・・・。」
ぺちゃぺちゃと犬みたいに、あたしのアソコを舐めるシンゴお兄ちゃんの舌がクリトリスをペロペロと舐めると、電流みたいなものが体を突き抜けていって、びくびくしてしまう。
「アイちゃんは敏感だね。」
シンゴお兄ちゃんはあたしの指をクリトリスに押し当てて、
「もう一回、自分でよくなってごらん。」
といった。
シンゴお兄ちゃんにアソコやお尻の穴を舐められながら、クリトリスを指でいじると、さっきやったよりもずっとずっと気持ちよくて、すぐにイくことができた。
「アソコがぐちょぐちょになっちゃったから、指を入れてみようか?」
シンゴお兄ちゃんはあたしに中指を舐めさせて、よだれをいっぱいつけたあと、その中指をあたしのアソコにちょっとずつ入れ始めた。
「痛かったらいうんだよ。」
あんな小さな穴に、シンゴお兄ちゃんの指が入るなんて信じられなかったけど、あたしのアソコはどんどんシンゴお兄ちゃんの指を飲み込んでいく。
途中でなんだかひっかかるような感触のところがあって、ちょっと痛くて、シンゴお兄ちゃんにいうと、シンゴお兄ちゃんはクリトリスを指でやさしくなでてくれた。
気持ちよさに気をとられているうちに、あたしのアソコの奥までシンゴお兄ちゃんの指が入り込んで、ぐりぐりと動く。
最初はヘンな感じだったけど、だんだん、気持ちよくなってきて、シンゴお兄ちゃんが指を出したり入れたりすると、アソコからぐちゅぐちゅという音がきこえてきた。
「アイちゃん、気持ちいい?」
真剣な顔のシンゴお兄ちゃんの顔をみたら、あたしのアソコがきゅっとしまって、シンゴお兄ちゃんの指をしめつけながら、イってしまった。
「はあ・・・気持ちよかった・・・。」
シンゴお兄ちゃんはひくひくいってるあたしのアソコから指を抜くと、あたしの目のふちから落ちそうな涙を舐めてくれた。


官能小説 電車エロサイトの素人党のエロい淫乱セックスムービーでエッチな素人娘がオナニーでイキまくり!!
 
人気アダルトサイト

無料体験で抜けるエッチチャット

のぞきモードで盗撮みたいな気分で女の子の部屋を覗けるエッチサイトDXライブチャット

無修正オリジナルAVビデオ

官能小説 濡れまくりの人気おすすめ無修正動画のエッチムービー配信のアダルトサイト

女性器専門エッチ写真
淫語オナニーねた
ロリ系アダルト
セックス テクニック
エロビデオ
聖水フェチ動画
ハミ乳 画像
太ももフェチ画像
ホモ動画
エロ画像
RSS配信
Go To Top