GWM

Home arrow 巨根 官能小説

22 Oct 2017
おすすめHサイト

官能エッチムービー配信のエッチビデオ


妄想アダルト無修正動画を配信している妄想企画物エロサイト

メインメニュー
Home
妄想官能小説
官能小説 蕩蕩
バイブ 官能小説
女の子 官能小説
官能小説 クリ
官能小説 女
官能小説倶楽部
官能小説 電車
官能小説 動画
官能小説 画像
掲示板 官能小説
投稿官能小説
素人官能小説
官能小説 指
官能小説 濡れ
官能小説 男
官能小説 おばさん
官能小説 娘
官能小説 尻
萌 官能小説
セックス 官能小説
官能小説 胸
巨根 官能小説
サイトマップ
巨根 官能小説
近親相姦セックス官能小説


短大に合格した私は、東京で一人暮らしをしている大学生のお兄ちゃんのうちに転がり込んだ。
お兄ちゃんと二人きりで暮らせるなんて、夢みたい。
私はお兄ちゃんが大好きっ!
近親相姦っていわれても、別に平気。
避妊さえちゃんとすれば、近親相姦だって、誰にも迷惑かけないはず。
小さな頃から、お兄ちゃんの理想の女の子になれるように、料理もがんばったし、かわいくなれるように研究を重ねてきたの。
お兄ちゃんはセミロングの茶髪が好きで、ちょっとおとなしめのはずかしがりやな女の子がタイプみたい。
お兄ちゃんの理想の女の子を演じるうちに、私はかなりのカマトトぶりっこになってしまった。
本当はお兄ちゃんと裸で抱き合ったり、いちゃいちゃしたり、セックスしたりしたいのに、清純なフリをして、ちょっとエッチなものをみても、恥ずかしそうに顔をそむけるの。
自分の部屋で一人きりになると、お兄ちゃんとのセックスを想像しては、こっそりオナニーしてた。
お兄ちゃんが東京に行っちゃったときも、不安でさみしくて、はなれたくなくて、行かないでってわめきたかったけど、がまんしたし。
でも、今日からはずっと一緒にいられる。
私の手料理を嬉しそうに食べているお兄ちゃんをみていると、しあわせで胸が苦しくなる。
お風呂からあがって、パジャマに着替えて、私は無邪気をよそおって、お兄ちゃんに抱きついた。
「お兄ちゃん、いっしょに寝よっ!」
自慢の巨乳をさりげなく押し付けつつ、上目づかいでおねだり。
「ん・・・いいけど・・・、狭いぞ?」
お兄ちゃんは渋々オッケーしてくれた。
近親相姦ってことがブレーキになってるだけで、お兄ちゃんだって、私のこと、好きだと思うんだよね。
だって、割とイケメンでモテるのに、今まで彼女いないし。
狭いベットでお兄ちゃんにぴったりとよりそいながら、私はお兄ちゃんの胸に顔を埋めた。
「お兄ちゃん、大好き・・・。」
すごく密着してるから、お兄ちゃんの勃起したちんぽが私にあたっている。
「お兄ちゃん、これ、なあに?」
不思議そうな表情を作って、私はパジャマの上から、お兄ちゃんの勃起したちんぽを手でさすさすする。
短大生にもなって、勃起がわからないはずないのに、動揺したお兄ちゃんは、
「アイがかわいいから、大きくなったんだ。」
ってごまかそうとした。
「ホント?お兄ちゃんもアイのこと、好き?」
お兄ちゃんの顔をじっとみながら、ちんぽをさする手は止めない。
「好きだよ・・・。もうさわっちゃ、ダメだ。」
お兄ちゃんは苦しそうに息をはいて、私の手をちんぽからどけた。
このまま襲ってしまいたいけど、お兄ちゃんの理想とかけはなれてしまうから、ぐっとがまんする。
お兄ちゃんに抱きついたまま、疲れていた私は眠ってしまった。
欲求不満だったせいか、お兄ちゃんとセックスする夢をみた。
夢の中のお兄ちゃんは、強引で、積極的で、私の想像よりエッチなことをたくさんしてくれる。
乳首をしゃぶられている感触があまりにもリアルで、私ははっと目が覚めた。
パジャマのボタンが全部はずされてて、私のおっぱいはむき出しになっていた。
お兄ちゃんが乳首をしゃぶっていて、私が起きたことに気づくと、ますます激しく乳首を舐めまわした。
「お兄ちゃん・・・どうして?」
まさか寝ているところを襲われるとは思ってなかった私は、本当にお兄ちゃんなのか信じられなくて、小さな声でつぶやいた。
お兄ちゃんが乳首から口をはなして、私にキスしてきた。
ねっちょりとした舌がぐにぐにと私の口の中で蠢いている。
ファーストキスなのに、すごくエロい。
「ごめん。近親相姦だからずっと我慢してたけど・・・、もうムリだ。」
お兄ちゃんは泣きそうな顔をしていて、私もつられて泣いてしまいそうになった。
手をのばして、お兄ちゃんをぎゅっと抱き寄せる。
「私もお兄ちゃんのこと、大好きだから、近親相姦でもいいの。お兄ちゃんじゃないとイヤなの。」
恋人同士みたいに抱き合ってキスしながら、私はおっぱいをもまれて、乳首をこねられた。
好きな人とセックスできる喜びで、おまんこはもうぬるぬるになっていて、お兄ちゃんの指を入れられてもほとんど痛みを感じなかった。
お兄ちゃんの愛撫であえがされて、何回もイってから、やっとお兄ちゃんのちんぽがおまんこに挿入された。
いきなりだったから、コンドームがない。
ナマでするのはちょっと不安だけど、はじめての一回くらいは直接つながりたい。
張り裂けるような痛みと一緒に、お兄ちゃんのちんぽが奥に埋め込まれていく。
やっと一つになれたのが嬉しくて、私は涙を流した。
とっても気持ちよくて、無意識にお兄ちゃんのちんぽをしめつけてしまう。
きゅっとしまると、お兄ちゃんのちんぽの感触がよりはっきりとわかって、ますます感じる。
「ああ・・・アイのおまんこ、とろけそうだよ・・・。」
「お兄ちゃん・・・アイ、嬉しい・・・。」
最初で最後のナマでのセックスは、本当に気持ちよかった。
処女なのに、こんなに気持ちよくていいのかなって思っちゃうくらい感じまくった。
次の日からはちゃんとコンドームを使ったけど、初めてのセックスで何度も中出しされちゃったから、生理がくるまでずっとどきどきだった。
近親相姦を続ける限り、赤ちゃん産めないから、お兄ちゃんにパイプカットしてもらおうかなあ。


EXショット巨根 官能小説大好きな女性たちがオマンコ開いて生オナニーをしまくり無修正チャットムービー

 
目隠し中出し強姦セックス

俺の彼女のアイは俺にはもったいないくらいかわいく、おっぱいも大きく、体の相性もバッチリなんだけど、最近、セックスがマンネリ気味だった。
そこで、俺の部屋に来たアイに、アイマスクを渡して、目隠しセックスを提案してみた。
素直にアイマスクをしてくれたアイはパンティにアイマスクという姿で、俺のベットに横たわっている。
つやつやと光っている唇に、そっとキスして安心感を与えたところで、アイの両手を上にもちあげた。
「ついでだからさ、これも使ってみようよ。」
ふわふわのボア素材の手錠をかけて、ベットに腕を固定してしまう。
「何コレ・・・イヤ・・・。」
と戸惑ったアイが文句をいいかけているうちに、乳首をぺろぺろと舐めて、ソフトにおっぱいをもんでいく。
「だめぇ・・・はずしてよ・・・。あん・・・。」
抵抗するアイの口を舌で舐めまわして封じる。
舌を絡ませ、ちゅぷちゅぷと唾液をあふれさせているうちに、アイの体から力が抜けた。
指で刺激され続けている乳首が気持ちよかったのかもしれない。
パンティにそっと手をかけ、下ろすと、あふれ出ていた愛液がパンティから糸を引いた。
目隠しと手錠でかなり興奮して、感じやすくなっているようだ。
両足を開いて、おまんこをむきだしにすると、膣口がぱくりと口を開いた。
普段、こんなに明るいところでみせてはもらえないので、まじまじとみてしまう。
俺が視姦しているのを感じているのか、おまんこはひくひくとうごめいて、愛液をたれ流す。
俺は唇をよせて、ちゅうっと吸ってみた。
「ああん!や・・・ああ・・・。」
目が見えなくて次の刺激の予想がつかないせいか、手が拘束されていて抵抗できないという感じがいいのか、いつもではありえないくらい大きなあえぎ声で反応してくれる。
俺は楽しくなって、おまんこをれろれろと舐めまくった。
俺のよだれと愛液でぐちょぐちょになったおまんこに指を入れて、ちゅぷちゅぷとわざと大きな音をたてる。
「すげーやらしい音・・・。」
じゅぶ・・・ちゅぷ・・・という音は静かな部屋に響いて、アイの耳にも確実に届いているはずだ。
アイはもじもじと体をよじっている。
俺はアイの足の間に座ると、おまんこに指を入れたまま、クリトリスを舌で転がし始めた。
舌先でちろちろ舐めたり、強めの力で舐めあげたり。
同時に、ゆっくりとおまんこに入れた指も出し入れする。
「ああ・・・はあ・・・あん・・・。」
もういつでも挿入できそうだ。
でも、せっかくだから、いつもできないことをしておきたい。
俺はこっそり買っておいた細めのバイブをスイッチを切ったまま、そっとおまんこに入れていった。
「ええっ!?な、何コレ!?」
アイは驚いてびくっとなったが、俺が足を押さえているので、バイブがおまんこに飲み込まれていくのをどうにもできない。
バイブが全部入ったところで、スイッチを押す。
ブブブブ・・・という音とともに、ぐねぐねとバイブが動き始めた。
「やだぁ・・・へん・・な感じ・・・。とめてぇ・・・。」
アイは体をのけぞらせて、腰を振っている。
俺はバイブの根元をもって、出し入れした。
「や・・・あん・・だめぇ・・・出してよ・・・。」
「何だよ。気持ちよくないの?」
アイのおまんこからは愛液があふれ出ていて、呼吸も浅くなっている。
ぴんとたったままの乳首を指でつまんでやると、アイはびくびくとカラダを震わせた。
「いや・・・やだぁ・・・。」
俺はアイのおまんこからバイブを抜き、代わりに指を入れてみた。
中は熱くて、ひくひくとうごめいている。
なんだか、俺の指では物足りなさそうだ。
俺はゴムをつけていないちんぽをそっと膣口にあてがった。
愛液でぬるぬるのワレメを何度かなぞって、ぐっと中に入れるとアイが悲鳴をあげた。
「だめだよ!つけて!」
そのまま、ゆっくりと最奥まで押し入れ、中のひくつきをダイレクトに感じる。
今まで何度頼んでもダメだった俺の夢が実現した瞬間だった。
あたたかい秘肉につつまれていると、セックスしているという充実感で満たされる。
「やだぁ・・・ぬいてよぉ・・・。」
アイはぐすぐすと鼻を鳴らしていて、泣いているのかもしれなかったが、ゆっくりと腰をうごかすと、それも嬌声に変わった。
「あ・・・あふ・・・はん・・・。」
ぐちゅぐちゅとおまんこが喜びの音をあげている。
ひくひくと俺のちんぽをつつみこんで、逃がさないようにまとわりつく膣の中はゴムごしでは味わえなかった快楽を俺にあたえている。
すぐにイってしまいそうだったので、ちょっと止まって、指でクリトリスをこちょこちょと愛撫してみた。
膣がきゅうきゅうとしまり、俺の動きを催促する。
アイの体を抱きしめて、乳首をしゃぶると、ひくつくおまんこは待ちきれないように、俺のちんぽに絡み付いてきた。
一秒でも長く楽しめるようにゆっくりピストン運動をしては休みを繰り返して、最奥で精液を吐き出すと、中出しならではの至福感がカラダを包み込んだ。
まだしぼまないちんぽをずるずると抜くと、白い精液がどろりとおまんこから零れ落ちる。
最高の中出しは一ヶ月間、口をきいてもらえないくらいの価値は十分にあった。
付き合っていても、あれは強姦だったと何度も泣かれて、二度としないと誓ったのだが、いつか結婚したら一日に何度も思いっきり中出ししたいもんだ。


天然むすめ巨根 官能小説アダルト無修正エッチムービーを配信ハメ撮り素人娘エッチサイト
 
人気アダルトサイト

無料体験で抜けるエッチチャット

のぞきモードで盗撮みたいな気分で女の子の部屋を覗けるエッチサイトDXライブチャット

無修正オリジナルAVビデオ

官能小説 濡れまくりの人気おすすめ無修正動画のエッチムービー配信のアダルトサイト

女性器専門エッチ写真
淫語オナニーねた
ロリ系アダルト
セックス テクニック
エロビデオ
聖水フェチ動画
ハミ乳 画像
太ももフェチ画像
ホモ動画
エロ画像
RSS配信
Go To Top