GWM

Home arrow 投稿官能小説 arrow 巫女コスプレH小説

22 Aug 2018
おすすめHサイト

官能エッチムービー配信のエッチビデオ


妄想アダルト無修正動画を配信している妄想企画物エロサイト

メインメニュー
Home
妄想官能小説
官能小説 蕩蕩
バイブ 官能小説
女の子 官能小説
官能小説 クリ
官能小説 女
官能小説倶楽部
官能小説 電車
官能小説 動画
官能小説 画像
掲示板 官能小説
投稿官能小説
素人官能小説
官能小説 指
官能小説 濡れ
官能小説 男
官能小説 おばさん
官能小説 娘
官能小説 尻
萌 官能小説
セックス 官能小説
官能小説 胸
巨根 官能小説
サイトマップ
巫女コスプレH小説


巫女コスプレっていうと、かなりマニアックなようだが、巫女姿の女性をキライだという男性はまずいないだろう。
巫女の神聖で冒しがたい姿をあえて犯すっていうタブー感がたまらない。
今、目の前にいるアイは、豊満なおっぱいを白い着物に包み、赤い袴をつけている。
足にはもちろん、白い足袋だ。
背中まである黒い髪は、巫女姿にぴったりとあっていて、色白の顔に赤い口紅が唇を彩っている。
「し、写真撮っていい?」
「誰にもみせないなら、いいよ。」
アイは頬を染めながら、デジカメの前で微笑んだ。
友達にみせて自慢したいという気持ちと、俺だけのものとして隠しておきたいという気持ちが同じくらいふくらんだ。
ついでにいうなら、俺の股間もとっくにふくらんでいる。
和風の美人のアイにいつかは巫女コスプレをしてほしいと願っていたが、バレンタインのオプションとしてその願いは叶えられた。
「すごいかわいいよ!」
興奮気味の俺に、アイはちょっととまどっている。
「そ、そう・・・?喜んでもらえたのなら、嬉しいけど・・・。」
「嬉しい、嬉しい!」
アイをぎゅっと抱きしめ、赤い唇に吸い付く。
ちゅく・・・くちゅ・・・。
舌を絡めて、ちゅっと吸う。
ちろちろと歯の裏や歯の並びを舌でなぞる。
アイの口から飲み込みきれなかったよだれがあふれ出す頃には、アイの体は力が抜けて、ぐにゃぐにゃになっていた。
後ろからアイにくっつき、脇のスリットが入っている部分から、手をさしこんで、たわわな生乳をつかむ。
「あっ・・・。」
「けっこう和服っていやらしいよね。」
耳元でささやきながら、おっぱいの感触を手で味わう。
すぐに立ち上がる乳首を指でつまむと、アイの呼吸が荒くなってきた。
「はあ・・立ってるの・・・つらい・・・よ・・・。」
名残惜しいおっぱいから手をはなし、アイをベットに押し倒した。
着物の合わせ目をぐいっと押し開くと、ぽろんとおっぱいが飛び出す。
ピンク色のかわいらしい乳首にしゃぶりつき、ちゅるちゅると吸いながら、赤い袴の上からアソコをなぞる。
「んん・・・ああ・・・あん・・・。」
おっぱいは愛撫しやすいが、袴の上からだと、下半身は愛撫しづらい。
もったいないが、赤い袴は脱がすことにした。
結ばれていた紐をほどき、ゆっくりと袴を足から抜く。
前のはだけた白い着物と白い足袋だけでも、かなりいやらしくて、俺は興奮した。
白いパンティの上から鼻をおしつけ、ぐりぐりと縦に動かす。
「や・・・くすぐったいよ・・・。」
アイの愛液のニオイと湿り気が鼻から伝わり、ペニスにエネルギーを充填する。
俺は乱暴にパンティを脱がせて、ベットの下に放った。
ぐいっと両足を大きく開くと、アイの両手がアソコをかくす。
白い着物の袖がいつものアイじゃないみたいで、とてもいい。
アイの指のすきまから、ちろちろとアソコを舐めると、押さえているアイの指のガードはどんどんゆるくなる。
アナルを舐めたり、アナル側からクリトリス側にじわじわと舐めすすめていくと、アイの手からは力が抜けてしまった。
「はい、足を持っててね。」
アイの手をアイのヒザの下において支えさせると、まるで自分からアソコを見せびらかせている淫乱な巫女みたいにみえる。
俺はがらあきになったアソコをべろべろとアナルからクリトリスまでゆっくりと舐め上げ、ちゅっとクリトリスをしゃぶった。
両手でアソコをひろげて、中の方まで舌を入れると、アイの太ももが快楽でふるえた。
「ああ・・・はあ・・・。」
指の腹を上にして、中指を挿入すると、アイの中はきゅっとしまった。
あまりしめつけられると動きづらいので、舌でクリトリスをぺろぺろと舐める。
「あん・・・ああ・・・。」
奥まで入れた中指をまた入り口付近まで引き出し、また奥に入れて、愛液をかきだす。
くちゅくちゅとアソコがいやらしい音を立て始めたところで、人差し指も追加し、アソコの奥で指を回したり、指先だけ動かしたりして、アイのアソコをひろげる。
「んん・・・やあん・・・。」
アイのアソコの最奥で指をバイブのように小刻みにふるわせ、クリトリスをちゅうっと吸うと、アイのアソコがぎゅうと俺の指をしめつけ、アイがのけぞった。
「イっちゃったの?」
アイにきくと、恥ずかしそうに小声でこたえる。
「うん・・・。気持ちよかったの・・・。」
「もう入れてもいいかな?」
はちきれんばかりのペニスでワレメをなぞると、
「入れて・・・。」
とアイがささやくので、ぐぐっとペニスを膣口から奥へ進めた。
慣らしが足りなかったのか、アソコをめりめりという押し広げている感じがいつもより強かった。
「痛くない?」
「・・・大丈夫。」
口調からしてガマンしているっぽかったので、侵入を中止し、ペニスを入れかけたまま、クリトリスを指で愛撫した。
「ん・・・あっ・・・。」
力が抜けたところをみはからって、ペニスをじわじわとアソコの奥へ押していく。
「ふ・・・ああ・・・。」
ようやく全部を入れ終え、中のわななきをペニスで味わう。
ペニスを入れたまま、アイの足を顔の横につくかと思うくらいにもちあげる。
白い足袋とはだけた白い着物からむきだしになっている大きなおっぱいが俺のペニスをさらに硬くする。
「ああっ・・・んん・・・。」
足の位置を変えたことでペニスがいいところにあたったらしく、アイがあえぎ声をもらす。
ぐっぐっと腰を打ち付けて、奥へもっと奥へとペニスを届かせようと押し込む。
「ああん・・・気持ちいいよぉ・・・。」
じりじりと引き抜き、じれったくなるほどののんびりとした速度でまた中に入れる。
引き抜かれるときには引き止めるように絡みつくアイの秘肉は、押し込むときには受け入れるように抵抗をなくす。
「すごい・・・もうイきそう。」
「イっていいよ。」
そういいながら、小刻みのピストン運動を繰り返し、アイの絶頂とともに、俺も精を放出したのだった。


米国性動画通信の投稿官能小説ポルノHムービーの過激な洋物金髪おまんこ見放題エッチサイト
 
人気アダルトサイト

無料体験で抜けるエッチチャット

のぞきモードで盗撮みたいな気分で女の子の部屋を覗けるエッチサイトDXライブチャット

無修正オリジナルAVビデオ

官能小説 濡れまくりの人気おすすめ無修正動画のエッチムービー配信のアダルトサイト

女性器専門エッチ写真
淫語オナニーねた
ロリ系アダルト
セックス テクニック
エロビデオ
聖水フェチ動画
ハミ乳 画像
太ももフェチ画像
ホモ動画
エロ画像
RSS配信
Go To Top