GWM

Home arrow 官能小説 指 arrow 強制わいせつのぞきエロ小説

22 Aug 2018
おすすめHサイト

官能エッチムービー配信のエッチビデオ


妄想アダルト無修正動画を配信している妄想企画物エロサイト

メインメニュー
Home
妄想官能小説
官能小説 蕩蕩
バイブ 官能小説
女の子 官能小説
官能小説 クリ
官能小説 女
官能小説倶楽部
官能小説 電車
官能小説 動画
官能小説 画像
掲示板 官能小説
投稿官能小説
素人官能小説
官能小説 指
官能小説 濡れ
官能小説 男
官能小説 おばさん
官能小説 娘
官能小説 尻
萌 官能小説
セックス 官能小説
官能小説 胸
巨根 官能小説
サイトマップ
強制わいせつのぞきエロ小説

「や、やめてください!」
その声は夜の公園を通りかかっていた俺の足を止めた。
「いいじゃねえか。お高く留まってんなよ。」
声のする茂みをのぞいてみると、現場系の筋肉質でたくましい色黒のゴツい男性とほっそりとした知的で上品なスーツ姿の女性がもみ合っていた。
「いや!お願い!はなして!」
マッチョはムリヤリ彼女にキスをして、悲鳴をふさいだ。
「ふ・・・や・・・。」
ぐちゅぐちゅと乱暴に舌で彼女の口を犯していたマッチョは、しばらくして唇をはなした。
よだれが二人の唇の間を伝って、つうっとたれた。
彼女は顔を上気させて、はあはあと荒く息をしているだけで、何もいわなくなった。
マッチョは首にかけていた白く汗臭いタオルで、彼女を後ろ手に拘束した。
「逆らわなければ、気持ちよくなれるって。」
彼女は身をよじっているが、俺の目には本気の抵抗にはみえなかった。
マッチョのキスで彼女の体に火がついてしまったのだろうか。
マッチョは太くてゴツい指に似合わない繊細な動きで、彼女のシャツのボタンをていねいにはずした。
プロントホックのブラジャーをはずして、白くて大きなおっぱいを外気にさらして、手のひらでおおって撫でまわした。
「アンタ、着やせするんだな。でっかくてすべすべのおっぱいだ。」
マッチョは乳首を交互にちゅばっと吸い、しゃぶってない方の乳首は指でぐりぐりと愛撫した。
「ん・・・や・・・。」
乳首を責めながらも、スカートのホックをはずし、ファスナーを下ろし、スカートを器用に脱がした。
さらに、ぐいっとパンティストッキングとパンティをまとめて、足首のところまで引きずりおろす。
「へえ。ヘアは薄いね。舐めやすくていいよ。」
マッチョは力づくで彼女の足を開かせ、アソコを舌で舐めだした。
ちゅぷちゅぷと彼女のアソコからいやらしい音が響きはじめた。
「あ・・・ん・・・ふ・・・。」
「濡れやすくて感度のいいおまんこだな。」
じゅるっとあふれだした愛液をすすって、アソコに節くれだったゴツゴツした指をぐいっと押し込む。
「はあん・・・や・・・ん・・・。」
「すっげえ・・・キツくて・・・ひくひくしてる・・・早くちんぽ入れてぇ。」
ず・・・ず・・・と太い指をアソコに出し入れしながら、乳首をしゃぶり、あいている手でクリトリスを撫でている。
「ああ・・・んん・・・。」
彼女はもううっとりとしていて、抵抗するどころではないらしい。
マッチョは一本でも太い指を二本に増やし、性急にぐちゅぐちゅと出し入れを繰り返す。
「ふ・・・・ん・・・ああっ。」
「な、なあ、俺ので痛い思いをしないように、濡らしてくれないか?」
マッチョは彼女から手を離すと、ズボンとパンツをおろして、巨大で黒光りする大きなペニスを突き出した。
お腹につくくらいびいんと反り返ったペニスは、先っちょからよだれをたらしている。
彼女は呆然として、ゆっくりと首をふった。
「そ、そんなの・・・入らない・・・ムリ・・・。」
マッチョは後ろ手に拘束したままの彼女をヒザ立ちにして、唇にペニスを押し当てた。
「大丈夫だって。入れちまえば、たまんなくなるぜ。だから、しゃぶってくれよ。」
彼女はゆるゆると唇を開いた。
おずおずと開かれた彼女の口に飲み込まれていくマッチョのペニスは、彼女のアゴをはずすんじゃないかと思うくらい彼女の口をめいっぱい広げる。
なんとかペニスを咥えた彼女は、途中くらいまできたところで口から出し、ペニス全体を舌で舐めはじめた。
せっせとよだれをつけるように舐めて、濡らそうとしている。
「ん・・・気持ちいい・・・アンタのももっと広げないとな。」
マッチョは彼女を押し倒して、彼女のアソコに顔を埋め、自分のペニスを彼女の口の前においた。
舌で彼女のアソコをべろべろと舐めては、ずぼずぼと指を出し入れし、クリトリスをしゃぶったり、指でいじったりしては、愛液があふれたところでアソコに入れる指の本数を増やす。
彼女の方も少しでも痛みを減らしたいのか、亀頭をしゃぶったり、サオを舐めまわしたりして、巨根を濡らそうと努力している。
マッチョの太くゴツい指が三本入り、クリトリスを振動させるように小刻みに愛撫されると、彼女の体がのけぞった。
「んん・・・やだぁ・・・。」
「イったみたいだな。じゃ、そろそろ入れるか。」
マッチョは彼女をよつんばいにして、後ろからじりじりと巨根をつっこむ。
頭を下げて、お尻だけ突き出したいやらしい体勢で、足を開いて大きなペニスを受け入れている彼女は痛みを少しでも減らそうと無抵抗でじっとしている。
「キツいな・・・力抜けよ・・・。」
マッチョは入れかけた状態で、彼女に声をかけ、クリトリスに手を伸ばした。
「あっ・・・。」
急に敏感なクリトリスを指で刺激されて、彼女が顔をあげる。
「んん・・・う・・・。」
後ろから首筋や耳たぶを舐められたり、キスされたりして、彼女はアソコの力を抜いてしまう。
ずぶぶぶと大きなペニスが飲み込まれていき、ずっぷりと奥まで咥えこまれた。
「・・・入った。ひくひくしてんな。」
「ふ・・・ん・・・。」
マッチョは腰を動かさずに、後ろから彼女の豊満なおっぱいをわしづかみにして、もみしだいた。
乳首を指でつまんで、指をうごかすと、彼女があえぎ声をあげる。
「あん・・・やあん・・・。」
「すっげえしまる。アンタ、名器かも。」
マッチョが少しずつ腰を動かすと、彼女の嬌声は激しくなった。
「ああっ・・・すごい・・・太いの・・・奥にあたる・・・。」
「キツくて、喰いちぎられそうだ・・・。」
マッチョは眉をしかめながら、引き抜いては打ちつけ、引き抜いては打ちつける。
やがて、最奥で腰の動きを止めた。
「な、なんで・・・?・・・動いてよぉ・・・。」
彼女は止まってしまったマッチョを振り返り、泣きそうな声でねだる。
「アンタ、すごくイイからさ、コレっきりなのがもったいないんだよな。これからも付き合ってくれるか?」
イきそうなところで止められてしまった彼女に理性は残っていないようで、彼女はささやいた。
「つ、付き合うから、イかせてぇ・・・。」
「・・・忘れんなよ。」
マッチョは激しく腰を打ちつけ、すぐに彼女をイかせた。
その後、さらにピストン運動を繰り返し、もう一回彼女をイかせたあと、三回目の彼女の絶頂とともに、彼女の中に精子を吐き出した。


官能小説 指マンSEXムービーの女性器専門アダルトサイトの女体のしんぴエッチムービー
 
人気アダルトサイト

無料体験で抜けるエッチチャット

のぞきモードで盗撮みたいな気分で女の子の部屋を覗けるエッチサイトDXライブチャット

無修正オリジナルAVビデオ

官能小説 濡れまくりの人気おすすめ無修正動画のエッチムービー配信のアダルトサイト

女性器専門エッチ写真
淫語オナニーねた
ロリ系アダルト
セックス テクニック
エロビデオ
聖水フェチ動画
ハミ乳 画像
太ももフェチ画像
ホモ動画
エロ画像
RSS配信
Go To Top