GWM

Home arrow 掲示板 官能小説

22 Oct 2017
おすすめHサイト

官能エッチムービー配信のエッチビデオ


妄想アダルト無修正動画を配信している妄想企画物エロサイト

メインメニュー
Home
妄想官能小説
官能小説 蕩蕩
バイブ 官能小説
女の子 官能小説
官能小説 クリ
官能小説 女
官能小説倶楽部
官能小説 電車
官能小説 動画
官能小説 画像
掲示板 官能小説
投稿官能小説
素人官能小説
官能小説 指
官能小説 濡れ
官能小説 男
官能小説 おばさん
官能小説 娘
官能小説 尻
萌 官能小説
セックス 官能小説
官能小説 胸
巨根 官能小説
サイトマップ
掲示板 官能小説
エロおまんこ丸見え痴漢プレイ

若い男の子を痴漢するのが、私の趣味だ。
若いといっても、未成年には手を出さない。
あくまでも、大学生以上オジサン未満が私のターゲット。
パンティがちらちらみえそうなくらいギリギリのミニスカに、胸元を大きくあけたタイトなニットを着た私は、好みの男性の隣に座る。
ぴったりと体を寄せると、私の太ももとおっぱいをちらりとみた男性は、わざとらしく目をそらす。
反対側に余裕があるのに、体をズラして逃げようとはしない。
私はバックから、厚手のひざ掛けを取り出して、ひざの上にかける。
座ってずり上がったミニスカからパンティがみえるから、じゃない。
これからする痴漢行為を隠すためだ。
さりげなく、ひざ掛けで隠しながら、私の手は男性の太ももを股間に向かって上に進む。
私の体が男心をくすぐるのか、顔がそれなりに整っているからか、
「何するんですか!」
とか、
「痴漢!」
とかいわれたことは一度もない。
股間の上に手をおかれた男性は、とまどったように、きょろきょろと視線をさまよわせる。
「天国に連れて行ってあげるから、あなたのちんぽ出して?」
耳元でささやくと、男性は私のひざ掛けをひっぱって、自分の股間を隠すようにして、ちんぽを取り出す。
合意があるんだから、これはもう痴漢じゃないわよね。
私は痴女かもしれないけど。
勃起した男性のちんぽは先走りでぬるっとしてるから、手コキするのもカンタンだ。
私は男性に抱きつくようによりかかりながら、右手でちんぽをしこしことこする。
電車で見知らぬ女性にちんぽをしごかれているという興奮から、たいていの男性はすぐに射精してしまう。
手のひらに射精された精液を男性のトランクスで拭いて、私はひざ掛けをそのままにしたままで立ちあがって、電車を降りる。
ひざ掛けを回収しないのは、せめてもの情け。
男性は射精の興奮から醒めて、羞恥と後悔に体を震わせながら、ちんぽをしまう。
私は駅のトイレで手を洗ってから、トイレの個室に入って、オナニーする。
さっきの男性の感じている顔や手に残っている勃起したちんぽの感触を思い出しながら、指をおまんこに入れて、激しく出し入れする。
痴漢した後のオナニーはセックスよりも気持ちがいい。
この奇妙な性癖のおかげで、私は恋人と長続きしない。
熱くたぎっているおまんこを指で何度もかきまわしながら、私はクリトリスをいじって、絶頂に達した。
はあ・・・今日の痴漢もとても興奮した。
少年の面影が抜けない童貞臭の漂う男性は、もしかしたら、女性にちんぽをさわられるのがはじめてだったかもしれない。
トラウマになってしまっていたらかわいそうだけど、そういう男性を痴漢するのが楽しくて仕方ないから、私はあえて、童貞ねらいを続けている。
痴漢の後のオナニーで満足して、私は女子トイレを出た。
目の前に、さっき痴漢した童貞っぽい男性が立っていた。
「お姉さん・・・痴漢して逃げるなんてひどいよね。」
私は力ずくで女子トイレの個室に押し込まれた。
「俺が童貞だから、バカにしてたんだろ。痴漢するような淫乱のくせに!」
男性は私のパンティを下げると、いきなりおまんこにちんぽを挿入した。
狭いトイレの個室で立ちバックしていると、妙に興奮してしまう。
強姦だけど、先に痴漢したのは私だから、誰にも助けを求められない。
さっきオナニーでぐちゅぐちゅにかき回したおまんこは、男性のちんぽをカンタンに受け入れてしまっていた。
「はあ・・・さすが淫乱だよね。もう濡れまくってる・・・。」
男性は後ろからぱんぱんと腰を打ちつけて、私のおまんこを責めている。
「俺のちんぽをしごきながら、おまんこに入れたいって思ってたんだろ。願いが叶ってよかったよな。」
痴漢した相手に犯されるのははじめてだ。
一度私が射精させたちんぽはまだまだ長持ちしそうで、私は不覚にもイってしまいそうになってきた。
こんな童貞にイかされるなんて、プライドが許さないけど、こみあげてくる快感を我慢できそうにない。
その時、にぎやかな話し声といっしょに、複数の女性がトイレに入ってきた。
童貞の男性は、私の体を押さえ込んだまま、ちんぽの動きをぴたりと止めた。
イく寸前でおあずけされた私のおまんこは、ちんぽを何度もしめつけて、動きの再開を求めている。
ジョボボボボ・・・。
おしっこの音やトイレットペーパーをつかうごそごそという音をききながら、私は早く出て行ってと願っていた。
女性の放尿に興奮したのか、おまんこの中のちんぽが一層硬くなった。
なんだ、このコも変態じゃないの。
やっと女性達が出て行って、トイレがしーんと静まりかえった。
「おまんこがやたらしまってひくつくから、射精しそうになったよ。」
童貞の男性がちんぽを動かしながら、私のクリトリスをつまんだ。
「んんっ!」
私はイってしまった。
「淫乱はイきやすいよな。童貞ちんぽにイかされるなんて、痴漢らしくないんじゃないの。」
童貞のくせに、なかなか射精してくれない。
一度抜かれて、駅弁の体位で男性にしがみつきながら、私は感じまくってしまった。
痴漢より気持ちいいかもしれない。
私は童貞の彼に中出しした後のおまんこを写メで撮られて、彼がヤりたいときに呼び出されるようになった。
私的にも、痴漢以上に気持ちいいセックスを楽しめるから、嬉しい限りだ♪


くりーむれもん掲示板 官能小説オリジナル素人たちの美少女おまんこ舐め舐めエッチサイト
 
女性器バイブ挿入画像


サトルくんが忘れていったかばんの中には、かわいらしいピンク色のバイブが入っていた。
大好きなサトルくんがどんなものを持っているか、興味が抑え切れなくてかばんを見てしまったけど、バイブが入ってるなんて・・・。
サトルくんはマジメだし、大人っぽくて、えっちな本とかAVを見てるのも想像できないくらいなのに、バイブだなんて。
このバイブを誰に使っているんだろうと思うと、胸が苦しくなる。
いいなあ、私もサトルくんにこのバイブを使って責められたい。
私のおまんこは興奮で濡れてきた。
ちゃんとキレイに洗っておけば、一回くらい使ってもバレないよね。
私はパンティを脱いで、ベットに横たわった。
目を閉じて、サトルくんがバイブを入れてくれるのを想像しながら、自分でバイブをおまんこに入れる。
おまんこは濡れていたけど、バイブがちょっと大きすぎて痛い。
でも、バイブをおまんこに入れたまま、クリトリスを指でいじると、すごくイイ。
だいぶ、バイブの大きさにおまんこが慣れてきたから、スイッチを入れてみた。
ヴィイイイィィン。
けっこう大きな音がお部屋に響いている。
すごい・・・バイブがぶるぶる震えながら、くねくねってうねって、下半身がしびれそう・・・。
もうイっちゃう!って思ったとき、携帯が鳴った。
バイブのスイッチを切って、電話に出ると、サトルくんだった。
「あ、アイちゃん。ごめん。俺、かばん忘れたみたいだから、もう一回、行くね。いいかな?」
「うん。いいけど、今、どこ?」
あせって、きゅっとおまんこをしめちゃって、また気持ちよくなっちゃった。
サトルくんが来るまでに、おまんこに入れてるこのバイブを洗って、拭いてかばんに戻しておかないと!
「もう着くよ。」
サトルくんがいった途端、ピンポーンとチャイムが鳴った。
私はバイブの上から、パンティをはいて、玄関に向かう。
どうしよう・・・なんていって謝ろう・・・。
泣きそうになりながら、ドアを開けると、サトルくんが入ってくる。
「あの・・・その・・・とりあえず、私の部屋に来てくれる?」
おまんこの中にバイブを入れたままだから、階段を上るのがすごくつらい。
バイブの先がおまんこの奥をぐりっぐりってえぐるみたいで、しゃがみこみたくなるほど気持ちよかった。
「アイちゃん、俺のかばんに入ってたバイブ、使ったでしょ。」
私の部屋に入ると、サトルくんが私をベットに押し倒して、至近距離でささやいた。
「・・・ごめんなさい・・・。ちょっと興味があって・・・。」
「顔真っ赤だし、息があがってるし、もしかして、まだバイブ入れっぱなしだったりする?」
サトルくんが私のスカートをめくりあげて、バイブで不自然に膨らんでいるパンティをぐりぐりした。
「エロいな~。パンティ、もうぐしょぐしょじゃない。」
パンティを脱がされて、バイブを咥えこんでいるおまんこをみられて、私は恥ずかしくて泣いてしまいそう。
「アイちゃんのおまんこ、バイブをしっかりと咥えこんでて、はなしてくれないよ?」
サトルくんの手が私のおまんこからバイブを抜こうと引っぱっているのに、私のおまんこはしつこくバイブにしがみついちゃってるみたい。
抜かれるのも気持ちよかったけど、奥までずんって入れられると、つい声がでちゃう。
「あんっ!」
「一度イかせないと、バイブはなしてもらえないみたいだね。」
サトルくんはバイブのスイッチを入れて、クリトリスをぺろぺろと舐めてくれた。
サトルくんが私のクリトリスを舐めてくれるなんて、信じられない。
バイブはおまんこの中で、凶暴に暴れているし・・・。
アタマが白くなって、私は今までだしたことないようなえっちな声であえいでいた。
「アイちゃんの愛液で、このバイブ汚れちゃったから、アイちゃんにあげるよ。その代わり、アイちゃんのおまんこも、俺に貸してね。」
サトルくんはバイブを抜くと、コンドームをつけたちんぽを私のおまんこに挿入した。
バイブで感じまくっていたおまんこは、ちんぽをすんなりと呑みこんでしまって、すっごく気持ちがいい。
「アイちゃんのおまんこ、ひくひくしてて、熱いねー。コンドームごしでもヤバいくらいイイよ。」
サトルくんの声がちょっと苦しそうで、ひどく真剣な顔をしてる。
「俺がアイちゃんのために選んだバイブ、ぴったりだったみたいだね。」
ゆっくりとちんぽを動かしながら、サトルくんが笑う。
「・・・あのバイブ、・・・新品だったの?」
気持ちよさに流されそうになりながら、私はサトルくんに確認した。
「新品のバイブだよ。まさかこんなに上手くいくとは思わなかったけどね。」
サトルくんが私の脚を大きく開いて、折り曲げるようにした。
ちんぽがおまんこの奥の方に届いて、突かれるたびに、子宮に響くみたい。
バイブも気持ちよかったけど、やっぱり本物のサトルくんのちんぽの方がずっといい・・・。
私は派手な声をあげながら、サトルくんのちんぽがくれる快感に酔っていた。
セフレだったらヤだなって思ってたけど、サトルくんとは付き合えたし、体の相性もばっちりで今もラブラブなの♪


エッチ0930奥様達の淫乱アダルトサイトの過激セックスムービー配信している掲示板 官能小説
 
コスプレSEX官能小説

「今日は面白いものを買ってきたよ。」
アイの部屋に着くなり、俺は大きな紙袋を開いた。
「何なに?」
嬉しそうなアイの顔は、俺が袋から取り出したものをみると、呆れ顔になった。
袋から取り出されたのは、猫耳ヘアバンド、猫の尻尾つきバイブ、猫の足型靴下、猫の足型手袋だった。
「じゃあーん。」
ウキウキしながら、テーブルの上に並べる俺をアイは冷ややかな目でみつめている。
「ねえ、それ、誰が使うの?」
「アイちゃんに決まってるじゃん。」
アイは眉をしかめて、首をふった。
「いやよ!」
「アイちゃんさあ、俺に借りがあるよね?拒否権はないよ。」
にこにこしながらいうと、アイはぐっとつまった。
たいした借りじゃないけど、義理がたいアイにとっては大きな弱みだ。
「わかったわよ!」
アイは勢いよく服を脱ぎ、猫になった。
全裸に猫耳ヘアバンド、猫の足型の手袋と靴下をはめているアイはやたらといやらしい。
「じゃあ、尻尾つけてあげるね~。」
猫の尻尾つきバイブをもってアイに近寄ると、アイがおびえながら、俺にきいた。
「それ・・・どこに入れるの?」
「もちろん、お尻だよ。じゃないと、尻尾にならないでしょ。」
俺はローションを指にたっぷりと塗り、アナルに人差し指と中指を入れた。
「いやあ・・・やだ・・・ねえ・・・やめてぇ・・・。」
「大丈夫だよ。痛くしないから。」
ぐりんと何度か指をまわして、お尻の穴を広げたところで指を抜き、ローションのボトルの口をお尻の穴に入れた。
「いや、いや・・・。」
アイは首をふっているが、猫耳、猫手袋に猫靴下姿で、よつんばいになって、首を振っている姿はこのまま、つっこんでしまいたくなるくらいかわいい。
ぐちゅっとたっぷりお尻の穴にローションをそそぎこみ、同じくローションをたらしたバイブつき猫の尻尾をアイに入れていく。
細いバイブはアイのお尻の穴をゆるゆると広げて、飲み込まれていく。
根元まですっぽりと咥えこむと、本当にお尻から尻尾が生えているかのようになった。
「尻尾ができたよ。すっごいかわいい。」
目の端に涙を浮かべているアイの顔を覗き込んで、猫耳のヘアバンドをした頭をなでると、アイはきっと僕をにらみ、
「しらない!」
と怒りをあらわにした。
「ごめん。スイッチを入れ忘れてたね。」
お尻に入ったバイブのスイッチを入れると、アイはのけぞり、驚いた表情になった。
「や・・・やだ・・・止めて・・・。」
よつんばいになって、お尻をつきだし、ふるふると震えている猫耳姿のアイはぞくぞくするほどかわいい。
「猫なんだから、にゃあって鳴かないと?」
手を伸ばして、両方の乳首を指でぎゅっとつまむと、目を見開いたアイが、
「に、にゃあ。」
と鳴いた。
「そうそう。」
乳首をつまんだまま、指の腹でこすると、
「に、に、にゃあ・・・あん・・・。」
とあえぐ。
俺はアイを仰向けにして、アナルに刺さった尻尾バイブをずぼずぼと動かした。
「にゃあん・・・いにゃあ・・・。」
一番奥に入れたところで、手をとめ、愛液があふれ出しているアソコをちろちろと猫がミルクを舐めるようにていねいに舐めた。
「あ・・・にゃ・・・あああ・・・なん・・・。」
奥の方まで舌を差し込み、れろれろと舐めながら、クリトリスを指でいじると、鳴き声はいっそう激しくなった。
「にゃ・・・にゃあん・・・ああん・・・。」
濡れて愛液がたれながされているアソコに中指を入れると、簡単に飲み込んでいき、根元までずっぷりと咥えこんだ。
指先だけ、上下に動かして、最奥を刺激し、膣壁をこするように抜き出す。
「にゃ、にゃん・・・あっ・・・。」
ぐちぐちと中指を出し入れしながら、クリトリスをツメで軽く引っかくようにすると、アイはのけぞって、アソコをキツくしめつけた。
「イっちゃったのかにゃ?」
アイの真っ赤になった顔をみると、こくこくとうなずいた。
「下のお口にミルクをあげる前に、上のお口にあげようかな?」
アイの唇に先走りのこぼれるペニスを押し付けると、アイは舌を出してペロペロと舐めはじめた。
手は猫足手袋をしているので、使えない。
口に咥えては、舌を一生懸命からませている。
俺は自分の手でサオをしごきながら、アイのはしたない姿をながめた。
「ミルク、いくよー。」
どぴゅっと飛び出した俺のミルクはアイの口からはずれ、顔にかかってしまった。
顔射した俺はあわてて、アイにキスをしてごまかした。
自分の精液の青臭いニオイが気持ち悪いが、顔射をごまかすためにはしかたがない。
ちゅくちゅくと舌をからめて、顔に飛び散った精液も舌で舐めとった。
とろんとした目のアイはどうやら顔射を怒っていないようでほっとした。
ついでに、乳首をちゅばちゅばと吸い、れろれろと舌で舐めまわした。
「にゃ・・・にゃあ・・・。」
アイが猫足手袋をはめた両手で俺の頭を押さえる。
ペニスが回復したところで、ベットに腰かけ、アイに声をかけた。
「自分でミルクをもらいにおいで。」
アイはのろのろと立ち上がり、俺のひざの上にまたがると、腰を上げて、アソコに俺のペニスを飲み込みはじめた。
ぐぷっとアイのアソコが俺のペニスを包み込むと、アイのアソコの気持ちよさのほかに、アナルに入ったバイブの振動が俺のペニスを愛撫した。
俺は夢中で腰を振り、アイのアソコの最奥に、二回目でちょっと薄くなったミルクを注ぎ込んだのだった。


エッチな0230掲示板 官能小説のエロサイトのゲイマニアのエッチな淫乱アダルトサイト
 
人気アダルトサイト

無料体験で抜けるエッチチャット

のぞきモードで盗撮みたいな気分で女の子の部屋を覗けるエッチサイトDXライブチャット

無修正オリジナルAVビデオ

官能小説 濡れまくりの人気おすすめ無修正動画のエッチムービー配信のアダルトサイト

女性器専門エッチ写真
淫語オナニーねた
ロリ系アダルト
セックス テクニック
エロビデオ
聖水フェチ動画
ハミ乳 画像
太ももフェチ画像
ホモ動画
エロ画像
RSS配信
Go To Top