GWM

Home arrow 萌 官能小説

22 Oct 2017
おすすめHサイト

官能エッチムービー配信のエッチビデオ


妄想アダルト無修正動画を配信している妄想企画物エロサイト

メインメニュー
Home
妄想官能小説
官能小説 蕩蕩
バイブ 官能小説
女の子 官能小説
官能小説 クリ
官能小説 女
官能小説倶楽部
官能小説 電車
官能小説 動画
官能小説 画像
掲示板 官能小説
投稿官能小説
素人官能小説
官能小説 指
官能小説 濡れ
官能小説 男
官能小説 おばさん
官能小説 娘
官能小説 尻
萌 官能小説
セックス 官能小説
官能小説 胸
巨根 官能小説
サイトマップ
萌 官能小説
顔射ぶっかけ官能小説


自分の部屋でお昼寝してたら、幼なじみのサトルが入ってきた。
起きなくちゃって思うけど、眠くて体が動かない。
「アイちゃん・・・。」
切なそうなサトルのささやきがきこえた。
唇にやわらかいものがふれる。
えっ、私、キスされちゃってる?
サトルはできの悪い弟みたいで、男として意識したことなんてなかった。
背も低いし、細いし、気が弱いし。
私がとまどっているうちに、サトルの唇ははなれていった。
ファーストキスをサトルに奪われるなんて、信じられない。
はあはあとサトルの荒い息がきこえる。
しゅっしゅっと何かをこするような音。
なにしてるんだろうって思ってたら、顔にあたたかくて生臭い液体をかけられた。
「うっ!」
っていう苦しそうなサトルの声に、体を起こすと、むき出しにしたちんぽをにぎったままのサトルが立っていて・・・。
顔射されたんだって理解するまでに、しばらく時間がかかった。
「ごめんっ!ホントにごめんなさい!顔射するつもりなんてなかったんだ!」
サトルがおろおろしながら、私の顔についた精液をティッシュで拭おうとする。
「顔射して悪いって思うなら、舐めてきれいにしなさいよ。」
人の顔を穢しておいて、ティッシュで拭って、はいおわり、なんて許せなかった。
サトルはちんぽを出しっぱなしにしたままで、私の顔をぺろぺろと舐める。
頬、あご、唇、首筋と、サトルの精液はずいぶん、広範囲に飛び散ったみたいだ。
いつまでも熱心に私の顔を舐めているサトルは、興奮してるみたいで、またちんぽが大きく勃起してた。
「もういいわよ。いつまで舐めてるつもり?」
「ごめんね。かわいい顔で寝てるアイちゃんをみてたら、がまんできなくなっちゃって。」
顔射されたのはムカついたけど、セックスには興味があったから、
「一回だけなら、ヤらせてやってもいいわよ。その代わり、今すぐコンドーム買ってきて。」
ってサトルを誘った。
だって、はじめてのセックスってこわいし、サトルだったら、途中でやめろっていえそうだったし。
サトルはびっくりしてたけど、勃起したままのちんぽをなんとかしまって、コンビニにダッシュした。
顔射されたままだと気持ちが悪いので、シャワーを浴びて、きれいにする。
少し濡れた髪を拭いていたら、息をきらせたサトルが戻ってきた。
あんまり待たせると、私の気が変わるとでも思っているらしい。
「コンドーム・・・買ってきたよ・・・。」
サトルがすごく真剣な顔をしていたから、私はちょっとこわくなった。
「俺とセックス、してくれるんだよね?」
私はベットに押し倒された。
サトルは意外と力が強くて、抵抗してもどかせられない。
「約束したんだから、もう待ったはなしだよ。」
サトルの唇が私の唇をおおって、舌が強引に入ってきた。
キスしていいなんて、いってないって、首を振るけど、舌がしつこく追いかけてきて、私の舌に絡み付いてくる。
やっと舌がはなれたときには、涙目になってしまった。
「アイちゃん、かわいい・・・。」
サトルのくせに生意気だ!
私はぷいっとそっぽを向いた。
バスタオルが剥ぎ取られて、おっぱいがむき出しになる。
乳首をぺろぺろと舐められて、私は声を出してしまいそうになった。
「アイちゃんって、感じやすいんだね。」
サトルが嬉しそうにいうのが、ムカつく!
パンティを脱がされて、おまんこをみられて、ワレメを舐められた。
舌が何度もおまんこを往復して、クリトリスをなぞる。
やだ・・・なんか・・・すごく・・・気持ちいい。
「気持ちいいんでしょ。」
サトルがまた私にキスして、おまんこを舐めていた舌が私の口の中に入ってきた。
ヘンな味・・・これって私の愛液の味?
さっきよりねちっこく舌が口中を舐めまわしていて、サトルの勃起したちんぽがおなかにあたって、くすぐったい。
こんな大きいの、ホントにおまんこに入るのかな。
私にキスしながら、サトルの指は私のクリトリスを振動させるように愛撫している。
気持ちよさがこみあげてきて、体をよじってしまった。
「イっちゃったんだ?」
サトルは私の顔をじっとのぞきこんで、にこにこしている。
恥ずかしい。
すっごく恥ずかしくて、逃げ出したい。
サトルの指がおまんこに入ってきたときも、すごく痛くて逃げたかったけど、なんだか負けるようで悔しくて、私はじっとがまんした。
「もう入れるね・・・。」
ごそごそとサトルがちんぽにコンドームをつけて、私のおまんこに挿入してきた。
めりめりって感じで、すごく痛い。
これって拷問なの?って思うくらいつらい。
「やっぱり、アイちゃん、処女だったんだ。ごめんね。」
サトルもなんか苦しそうな顔してるけど、男もはじめてって痛いのかな。
おまんこにみっちりと入っているちんぽが少しずつ動かされて、痛い中にちょっとだけ、気持ちよさが混じってきた。
童貞のくせに、サトルはなかなか射精しない。
「一回って射精するまでだよね?射精しなかったら、また俺とセックスしてくれる?」
このまま、射精をがまんできるわけないと思って、私は頷いてしまった。
「アイちゃーん、ごはんよ。」
ママが呼ぶ声がすると、サトルは私のおまんこからちんぽを抜いた。
コンドームをはずして、自分でしごいてティッシュの中に射精する。
「これでまた俺とセックスしてくれるよね?」
私はおまんこの中にまだ何か入ってるような違和感をがまんしながら、サトルを無視して、夕食に向かった。


萌 官能小説オリジナルHチャットのアダルトライブチャットの淫乱エッチサイトのカリビアンコムガール
 
処女強姦の官能小説


校舎の裏に呼び出した美少女アイは、俺の告白を申し訳なさそうに断った。
俺の横をすり抜けそうに通り過ぎようとするアイを後ろから捕まえ、羽交い絞めにする。
「な、なにするの!?痛いよ・・・。」
顔をしかめて悲鳴をあげているアイの両手を後ろにまとめて、手枷をはめる。
スカートをまくりあげて、黒いストッキングと白いパンティをまとめてぐいっとおろした。
「いや!やめて!」
後ろを向いて、アイが叫ぶ。
「あんまり大きな声出すと、人がきちゃうぞ。」
白い桃のようなお尻にほおずりしながら、前へ手をまわして、アソコを指で撫でる。
「やだ・・・お願い・・・やめて・・・。」
後ろ手に拘束されて、足首にストッキングとパンティがひっかかっているアイは身動きがとれない。
大きな声で叫んで、こんな姿をみられるのも恥ずかしいのだろう。
抵抗する声もささやくような小声になっている。
後ろから舌でアソコとアナルを舐めながら、前から指でクリトリスをくすぐる。
「や・・・やだぁ・・・。」
アソコの中に舌をつっこむようにして、俺のよだれでぐちょぐちょにする。
アイ自身の愛液も多少は出ていたかもしれない。
ゆっくりと人差し指をアイの中に差し込んでいく。
「い、痛いよ・・・やだ・・・。」
アイは身をよじるが、かまわず、指を押し込む。
途中のひっかかりをぐいっと突き破ると、奥まで到達した。
指先を膣の中を確認するようにくにくにと動かす。
「ん・・・やだぁ・・・。」
アナルを舌で舐められ、クリトリスを指で刺激されながら、指をアソコに咥え込んでいるアイは足をぶるぶるとふるわせながら、首を振っている。
そろそろと指を抜き、またじわじわと奥まで入れる。
繰り返すうちに、だいぶ、ゆるくなってきた。
愛液もあふれてきて、動きがなめらかになった。
俺は指を二本に増やし、さらに、出し入れを続ける。
俺はアイの前の方に移動し、クリトリスを舌で舐め始めた。
アナルにも指を一本入れてみる。
「いや・・いやあ・・・。」
アイは顔を真っ赤にして、うつむいている。
アソコに指を入れたまま、ぐりぐりとまわしてみたり、少しだけ出してすぐ戻したりしているうちに、だいぶ、なじんできた。
俺はアナルから指を抜いて、近くにあったかばんからバイブをとりだした。
俺のペニスよりは小さめのシリコン素材のバイブだ。
「これ、しゃぶりなよ。」
アイのクリトリスから口をはなして、アイの口にバイブをつきつける。
アイは唇を固く結んで、首を振った。
「このまま、つっこまれると、痛いよ。舐めた方がいいと思うけど。」
冷たい口調でいうと、あきらめたアイは口を開いて、バイブを咥えた。
アソコに入れた指を出し入れしながら、バイブをしゃぶっているアイの顔を眺めた後、アイの口からバイブを引き抜いた。
アイのよだれでぬれているバイブをアイのアソコにあてがい、ゆっくりと中に押し込む。
指でならしたとはいっても、まだ狭いアソコはバイブでムリヤリ押し広げられていく。
「いや・・・痛い・・・。やめて・・・。」
クリトリスを指でなでながら、少しずつ少しずつバイブを進めていく。
全部を飲み込んだアソコからは一筋の血が流れて、ふとももを伝った。
「やっぱり、処女だったんだね。」
アイはくやしそうに涙を流した。
俺はバイブのスイッチを入れた。
ウイイイインという低い電子音とともに、バイブがアイの中でぐねぐねと暴れだした。
「ああ・・・やだ・・・やめてぇ・・・。」
体をのけぞらせて、よがりはじめたアイから手をはなし、かばんから小さなピンクローターを出した。
アイのクリトリスにあてがい、スイッチを入れる。
ブブブブ・・・という音と細かな振動がアイのクリトリスに刺激を与え始めた。
「やだ・・・やだ・・・ああっ。」
バイブの根元をつかんで、そっと出し入れすると、アイのあえぎ声は激しくなった。
じゅぷじゅぷ・・・とアソコからのいやらしい音も大きくなる。
「んん・・・はあ・・・あ・・・。」
アイの口から、やだという言葉がでなくなったところで、ローターをしまい、ズボンからペニスを出した。
「入れないで・・・お願い・・・それだけは・・・。」
アイはおびえたように、俺のペニスから目をそらす。
俺はアイのアソコから、愛液まみれになったバイブを引き抜き、かばんの中に放り込んだ。
片足のヒザの下に手を入れて持ち上げ、アソコにペニスをつける。
「やめて・・・そんな大きいの・・・入らないよ・・・。」
アイが泣きながら、懇願する。
俺はペニスの根元を手で支えて、ずぶずぶとアイのアソコにつっこんだ。
狭くてキツいアイのアソコは抵抗しながら、少しずつ俺のペニスを受け入れる。
「痛い・・・やめてぇ・・・。」
アイの悲鳴をキスでふさいで、ペニスを奥まで押し込んだ。
アイの口の中に舌を入れて、アイの舌に絡めたり、歯の裏をくすぐったりしながら、軽く腰を動かす。
ちゅぷちゅぷという音がひびいて、俺は気持ちよさに夢中になった。
ペニスを引き出しては奥まで入れて、また引き出すという繰り返しをしているうちに、アイの口からあえぎ声がもれはじめた。
「は・・・あ・・・ふ・・・。」
キスを続けながら、激しく腰を動かしていると、アイのアソコがきゅっとしまり、俺のペニスはアイの中に白くねばついた精液を発射したのだった。
引き出したペニスにはアイの赤い破瓜の血と俺の白い精液がついていた。


Jガールパラダイス萌 官能小説エッチなアダルト無修正動画サイトの過激な淫乱ハメ撮り画像も豊富にあります。

 
人気アダルトサイト

無料体験で抜けるエッチチャット

のぞきモードで盗撮みたいな気分で女の子の部屋を覗けるエッチサイトDXライブチャット

無修正オリジナルAVビデオ

官能小説 濡れまくりの人気おすすめ無修正動画のエッチムービー配信のアダルトサイト

女性器専門エッチ写真
淫語オナニーねた
ロリ系アダルト
セックス テクニック
エロビデオ
聖水フェチ動画
ハミ乳 画像
太ももフェチ画像
ホモ動画
エロ画像
RSS配信
Go To Top